船戸与一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
船戸 与一
(ふなど よいち)
誕生 1944年2月8日(70歳)
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1979年 -
ジャンル 冒険小説
代表作 『伝説なき地』(1989年)
砂のクロニクル』(1992年)
『虹の谷の五月』(2000年)
主な受賞歴 日本冒険小説協会大賞(1985年,1988年,1989年,1992年,1996年,2004年)
吉川英治文学新人賞(1985年)
日本推理作家協会賞(1989年)
山本周五郎賞(1992年)
直木三十五賞(2000年)
処女作 『非合法員』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

船戸 与一(ふなど よいち、本名:原田建司、1944年2月8日 - )は、日本の冒険小説家。山口県下関市生まれ。山口県立下関西高等学校早稲田大学法学部卒業。在学中は探検部(第三期生)に所属(先輩には西木正明らがいる)。アラスカのエスキモーを訪問し、本名で共著『アラスカ・エスキモー』を刊行した。

小学館祥伝社などの出版社勤務を経てフリーになり、執筆活動を始める。1979年『非合法員』(講談社)で冒険小説家としてデビュー。

他に豊浦志朗の筆名で『叛アメリカ史』等のルポルタージュ外浦吾朗の筆名で『ゴルゴ13』、『メロス』の劇画原作も著している。

受賞歴[編集]

文学賞

  • 1985年 - 『山猫の夏』で第3回日本冒険小説協会大賞、第6回吉川英治文学新人賞
  • 1988年 - 『猛き箱舟』で第6回日本冒険小説協会大賞。
  • 1989年 - 『伝説なき地』で第7回日本冒険小説協会大賞、第42回日本推理作家協会賞
  • 1992年 - 『砂のクロニクル』で第10回日本冒険小説協会大賞、第5回山本周五郎賞
  • 1996年 - 『蝦夷地別件』で第14回日本冒険小説協会大賞。
  • 2000年 - 『虹の谷の五月』で第123回直木三十五賞
  • 2004年 - 『夢は荒れ地を』で第22回日本冒険小説協会大賞。

このミステリーがすごい!

  • 1988年 - 『伝説なき地』 1位
  • 1991年 - 『炎 流れる彼方』 3位
  • 1993年 - 『砂のクロニクル』 1位
  • 1996年 - 『蝦夷地別件』 3位
  • 1997年 - 『かくも短き眠り』 14位、『蟹喰い猿フーガ』 15位
  • 1998年 - 『午後の行商人』 14位
  • 2001年 - 『虹の谷の五月』 6位

著書(年代順)[編集]

  • 非合法員 講談社 1979.3 のち徳間文庫、講談社文庫
  • 祖国よ友よ フタバノベルス 1980.10 のち角川文庫、徳間文庫
  • 群狼の島 フタバノベルス 1981.6 のち角川文庫、徳間文庫
  • 夜のオデッセイア 徳間ノベルス 1981.7 のち文庫
  • 血と夢 フタバノベルス 1982.5 のち徳間文庫、講談社文庫
  • 蛮賊ども 角川ノベルズ 1982.4 のち文庫、徳間文庫
  • 銃撃の宴 徳間文庫 1984.6
  • 山猫の夏 講談社 1984.8 のち文庫
  • 神話の果て 双葉社 1985.1 のち講談社文庫
  • カルナヴァル戦記 講談社 1986.4 のち文庫
  • 猛き箱舟 集英社 1987.4 のち文庫
  • 伝説なき地 講談社 1988.6 のち文庫、徳間文庫、双葉文庫
  • 緑の底の底 中央公論社 1989.10 のち文庫、徳間文庫
  • メビウスの時の刻 中央公論社 1989 のち文庫
  • 炎 流れる彼方 集英社 1990.7 のち文庫
  • 砂のクロニクル 毎日新聞社 1991.11 のち新潮文庫
  • 黄色い蜃気楼 双葉社 1992.9 のち文庫
  • 諸士乱想 トーク・セッション18 ベストセラーズ 1994.6 のち徳間文庫
  • 蝦夷地別件 新潮社 1995.5 のち文庫
  • かくも短き眠り 毎日新聞社 1996.6 のち角川文庫、集英社文庫
  • 蟹喰い猿フーガ 徳間書店 1996.1 のち文庫
  • 蝕みの果実 講談社 1996.10 のち文庫
  • 午後の行商人 講談社 1997.10 のち文庫
  • 国家と犯罪 小学館 1997.5 のち文庫
  • 海燕ホテル・ブルー 角川書店 1998.8 のち文庫、徳間文庫
  • 流沙の塔 朝日新聞社 1998.5 のち文庫、新潮文庫、徳間文庫
  • 龍神町龍神一三番地 徳間書店 1999.12 のち文庫
  • 虹の谷の五月 集英社 2000.5 のち文庫
  • 新宿・夏の死 文藝春秋 2001.5 のち文庫
  • 緋色の時代 Kpachoe bpemя 小学館 2002.1 のち文庫、徳間文庫
  • 夢は荒れ地を 文藝春秋 2003.6 のち文庫
  • 三都物語 新潮社 2003.9 のち文庫
  • 金門島流離譚 毎日新聞社 2004.3 (Asia noir) のち新潮文庫
  • 降臨の群れ 集英社 2004.6 のち文庫
  • 蝶舞う館 講談社 2005.10 のち文庫
  • 河畔に標なく 集英社 2006.3 のち文庫
  • 満州国演義 1風の払暁/2事変の夜/3群狼の舞/4炎の回廊/5灰塵の暦/6大地の牙  新潮社 2007-2011(未完・継続中)
  • 藪枯らし純次 徳間書店, 2008.1
  • 「満州国演義」に見る中国大陸 あるむ 2008(愛知大学東亜同文書院ブックレット)
  • 夜来香(イエライシャン)海峡 講談社 2009.5
  • 新・雨月 戊辰戦役朧夜話 徳間書店 2010.2

翻訳[編集]


船戸与一以外の名義の著作[編集]

  • 豊浦志朗、硬派と宿命:はぐれ狼たちの伝説(世代群評社、1975年)
  • 豊浦志朗、叛アメリカ史(ブロンズ社、1977年;筑摩書房、1989年)ISBN 4-480-02310-0
  • 原田建司、佐藤政信、小島臣、アラスカ・エスキモー(朝日新聞社、1968年)

外浦吾朗名義のゴルゴ13の原作[編集]

  • 「死者の唄(シ・ギリシャ)」(SP28『死者の唄』収録)
  • 「行方不明のH氏」(SP29『女王陛下の憂鬱』収録)
  • 「スキャンダルの未払い金」(〃)
  • 「氷結海峡」(SP30『アサシン暗殺教団』収録)
  • 「アサシン暗殺教団」(〃)
  • 「落日の死影」(SP31『落日の死影』収録)★
  • 「ハワード・ヒューズ氏の息子」(〃)
  • 「レイプ数え唄」(〃)
  • 「戦艦ヨークシャーの反乱」(SP33『戦艦ヨークシャーの反乱』収録)
  • 「三匹の女豹」(SP34『殲滅』収録)
  • 「独裁者の晩餐」(SP35『独裁者の晩餐』収録)
  • 「チチカカ湖はどしゃぶり」(SP36『おろしや間諜伝説』収録)
  • 「おろしや間諜伝説」(〃)★
  • 「チャイナ・タウン」(SP37『チャイナ・タウン』収録)
  • 「タンブル・ウィード」(SP38『鬼畜の宴』収録)
  • 「タラントゥーラ 舞踏蜘蛛」(〃)
  • 「鬼畜の宴」(〃)★
  • 「陽気な狙撃者」(SP40『タッチ・ダウン』収録)
  • 「TOUCH DOWN」(〃)
  • 「アカプルコ-散華の夜」(SP41『シシリー島の墓標』収録)
  • 「シシリー島の墓標」(〃)
  • 「モンゴルの鷹」(SP44『モンゴルの鷹』収録)
  • 「神の手」(〃)
  • 「トリポリの埋葬」(SP45『地獄からの生還者』収録)
  • 「B&Cクラブ会員死す」(SP46『国王に死を』収録)
  • 「ビハインド・ザ・プレジデント」(SP48『ゼロの反撃』収録)
  • 「ロベン監獄島」(SP50『ロベン監獄島』収録)
  • 「橋は崩れた」(SP51『毛沢東の遺言』収録)
  • 「毛沢東の遺言」(〃)
  • 「スドロナス・マリヨ」(SP53『第四帝国崩壊・狼の巣』収録)

★の3作は、船戸の名でセルフノベライズされ、小説として刊行された。時代背景を現代と同じにしていたり、原作には無かったキャラクターの設定も付け加えられている。全3巻。

  • 第1巻 落日の死影 - (2011年2月25日 著者:船戸与一
  • 第2巻 鬼畜の宴 - (2011年3月25日 著者:船戸与一)
  • 第3巻 おろしや間諜伝説 - (2011年4月25日 著者 著者:船戸与一)

参考文献[編集]

  • 小田光雄『船戸与一と叛史のクロニクル』(青弓社、1997年7月)ISBN 4-7872-9120-3

関連項目[編集]