景山民夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
景山 民夫
(かげやま たみお)
ペンネーム 大岡 鉄太郎
誕生 1947年昭和22年)3月20日
東京都 千代田区
死没 1998年平成10年)1月27日
満50歳没
東京都 世田谷区
職業 小説家
エッセイスト
放送作家
番組構成
タレント
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1968年 - 1998年
ジャンル 小説
評論
放送台本
代表作 『虎口からの脱出』(1986年)
遠い海から来たCOO』(1988年)
主な受賞歴 講談社エッセイ賞(1986年)
日本冒険小説協会最優秀新人賞受賞(1986年)
吉川英治文学新人賞(1986年)
直木三十五賞(1988年)
処女作 シャボン玉ホリデー(放送番組)
虎口からの脱出(小説)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

景山 民夫(かげやま たみお、1947年3月20日 - 1998年1月27日)は、日本小説家放送作家。放送作家としての別ペンネームに大岡 鉄太郎[1]

経歴[編集]

生い立ち[編集]

1947年昭和22年)3月20日、警察官僚(のち全日本剣道連盟会長)の景山二郎[2]を父として、東京都千代田区神田の病院で生まれる(当時の自宅は東京都杉並区)。本籍地広島県広島市[3]。景山家は元々、広島県三次市の出で、親戚はみな三次市にいるという[3][4]。母方の祖父橋本清吉福島県知事岡山県知事衆議院議員改進党)などを歴任。

千代田区内にある暁星小学校に入学後、父の中国管区警察局公安部長転任に伴い広島市に転居。私立の暁星から終戦数年の広島市立の普通の小学校に入り、強烈な広島弁被爆で背中一面ケロイドの担任の先生、夜店拳銃を売買する光景などを目撃し大きなショックを受ける[4][3][5]

中高、大学時代[編集]

広島の後、山梨県に転居。さらに両親は秋田県に転勤となったが名門武蔵中学を受験・入学したため秋田には行かず、その後は東京・半蔵門のおばの家に寄宿。武蔵高校を経て、慶應義塾大学文学部中退、武蔵野美術短期大学デザイン科中退。武蔵高校の同級生に高平哲郎がいる。

大学時代にカレッジフォークグループ「モダン・フォーク・フェローズ」にベースとして参加。モダン・フォーク・フェローズの一員として、東芝から『さよならは云わないで』『朝焼けの中に』の2枚のEPを出す。

放送作家として[編集]

1968年(昭和43年)に放送作家となり『シャボン玉ホリデー』を手掛ける。1969年(昭和44年)にアメリカに渡り、サンフランシスコのブロードウェイ近くのコーヒーショップでギターの弾き語りとして働いていた。

以後1年半の間生活したニューヨークでは、グリニッチ・ビレッジのコーヒーショップ「フォーウィンズ」でフォーク歌手として出演していた(アメリカ時代の経歴については、後に著書で「創作を含んでいる」としている[要出典])。

帰国後、再び放送作家として『タモリ倶楽部』『11PM』『クイズダービー』等、数多くの番組の構成を手がける。同じく放送作家の高田文夫と『民夫君と文夫君』のコンビを結成、「立川八王子」として落語立川流に入門、風貌が似ていた三浦和義のカリカチュア「フルハム三浦」「スワッパー三浦」として『オレたちひょうきん族』の「ひょうきんプロレス」にプロレスラーとして出演するなど、自身も盛んにメディアに登場した。

高平哲郎、萩本欽一などを公然と批判。ビートたけしから「この人ほど番組潰してきた作家はいない」と評されている[要出典]。この辺りの顛末は、当時『宝島』誌に連載していた自身のエッセイ『極楽TV』に詳しい。

作家として[編集]

中学から大学を通じての後輩である小黒一三の依頼により、エッセイ『普通の生活』を雑誌『ブルータス』に連載しエッセイストとして注目される。1987年(昭和62年) 『ONE FINE MESS 世間はスラップスティック』で、第2回講談社エッセイ賞受賞。同時受賞は吉行淳之介。小説家としての処女作となる冒険小説『虎口からの脱出』で1987年(昭和62年) 第8回吉川英治文学新人賞、第5回日本冒険小説協会最優秀新人賞受賞。1988年(昭和63年)、『遠い海から来たCOO』で第99回直木賞受賞。

幸福の科学[編集]

若い頃から、ネス湖のネッシー幽霊などをはじめとする超常現象や、原子力発電ゴミ問題などの環境問題に深い関心を寄せる[要出典]。実子の死去などから、晩年には宗教法人「幸福の科学」に入信。1991年平成3年)の講談社フライデー事件では「講談社フライデー全国被害者の会」の会長として同じく信者の小川知子とともに講談社などに損害賠償を請求する提訴を行った。

その後、この強烈なマスコミ批判が敬遠され、相次いで連載が打ち切りになった。それまでは親しい関係にあった高田文夫小林信彦ビートたけし内藤陳大橋巨泉なども景山と距離をおくようになる。そんな景山を、小林信彦は、「宗教に入ってからも、マスコミ人景山民夫はテレビやラジオに出、いろいろとサービスをしていた。使い分けをするつもりだったのだろうが、本心は宗教にあったとぼくは思う」(『人生は五十一才から』)と推察している。

死去[編集]

1998年(平成10年)1月26日深夜に、成城の自宅書斎で喫煙しながら趣味であるプラモデル制作をしていたところ、接着剤から気化したシンナーに引火。27日午前1時半頃に死去したとされる。50歳没。死因に関しては当初、やけど、もしくは一酸化炭素中毒と報じられたが公式には特定されていない(検視は行われたが公表されていない)。旧友高平哲郎は、病院で医師に「火傷の方はそんなに重度ではないんですが、一酸化炭素を吸っていますんで難しいところですが、まだ蘇生の手当は続けています」と告げられた。また、息を引き取った後「民夫は顔だけを出して、身体は白いシーツに包まれていた。」「髪はシャワーを浴びてきたような濡れ方をしていたが、多少すすをつけた顔に火傷はなかった。」と述べている。[6]

出棺の際、妻は、大好きだった『トラブル・バスター』の田所局長の言葉を引用します、と前置きの後、「バカヤロー! 寂しいじゃねーか!」と、早すぎる死を悼んだ。葬儀は幸福の科学が執り仕切った(葬儀委員長は小室直樹)。

長年審査員を務めた『料理の鉄人』には、彼を追悼するテロップが流された(逝去直前に収録されていた回があり、それを放送するため)。また、同日放送された他局番組『探偵!ナイトスクープ』でも登場する場面があったため、収録日時を表示した。

著書[編集]

  • 1984年
    • 『普通の生活』朝日新聞社、のち角川文庫、朝日文芸文庫
    • 『民夫くんと文夫くんのオレたち天才! めちゃぶつけ』扶桑社 - のち角川文庫(『民夫くんと文夫くん あの頃君はバカだった』に改題)
  • 1985年
  • 1986年
  • 1987年
    • 『転がる石のように』 講談社、のち講談社文庫、新潮文庫
    • 『イルカの恋、カンガルーの友情』角川書店、のち角川文庫
  • 1988年
  • 1989年
    • 『新TOKYO八景 来るな!』テレビ朝日
    • 『どんな人生にも雨の日はある』ブロンズ新社、のち新潮文庫
    • 『Kikoの冒険』ブロンズ新社
    • 『トラブル・バスター 2』マガジンハウス、「俺とボビー・マギー」角川文庫、徳間文庫
  • 1990年
    • 『東京ナイトクラブ』 講談社、のち角川文庫
    • 『ライフイズアカーニバル(極楽人生相談室)』 竹書房、のち竹書房文庫、新潮文庫
    • 『だから何なんだ』 朝日新聞社、のち新潮文庫、朝日文芸文庫
  • 1991年
    • 『ボルネオホテル』講談社、のち角川ホラー文庫 - 初の本格ホラー小説
    • 『ハックルベリー・フレンズ』 ブロンズ新社、のち新潮文庫
    • 『つまり何なんだ』 朝日新聞社、のち新潮文庫
    • 『モンキー岬』 角川書店、のち角川文庫
  • 1992年
    • 『街の無防備クン』 メディアファクトリー、「この人に逢いたかった!(上)」中公文庫
    • 『街の無防備クン2』メディアファクトリー、「この人に逢いたかった!(下)」中公文庫
    • 『だから僕は旅に出る』海竜社、のち『旅立てジャック』角川文庫 - 人生は旅にあるというほど旅行好きであった。
    • 『スターティング・オーバー 僕の1991年』 ブロンズ新社、のち中公文庫
    • 『トラブルバスター 3 国境の南』徳間書店、のち徳間文庫
    • 『私は如何にして幸福の科学の正会員となったか』 太田出版
    • 『湘南ラプソディー 神奈川県警猪川警部事件簿』実業之日本社、のち角川文庫
  • 1993年
  • 1994年
    • 『クジラの来る海』 新潮社、のち新潮文庫
    • 『ティンカーベル・メモリー』 角川書店、のち角川文庫
    • 『チュウチュウ・トレイン』 角川書店、のち「グッドナイト、スリープタイト」角川文庫
    • 『ハイランド幻想』 中央公論社、のち中公文庫
    • 『トラブルバスター 4 九月の雨』 徳間書店、のち徳間文庫
  • 1995年
    • 『パンドラの選択』 中央公論社、のち中公文庫
    • 『サラマンダー』 ベネッセコーポレーション
    • 『オンリー・イエスタディ』角川書店 のち角川文庫 - 「神山公夫」という少年の私立の名門校「大和中学・高校」での日々を描いた自伝的小説。
    • 『東へ三度、西へ二度』 マガジンハウス
  • 1996年
    • 『野鼠戦線』徳間書店 のち徳間文庫 - 『虎口からの脱出』に続く冒険活劇
    • 『すべては愛に始まる』 角川書店
    • 『宗教に入るひとの心が分かりますか? 新新宗教と精神療法』 石川元 共著 弓立社
  • 1997年
    • 『時のエリュシオン』幸福の科学出版 - 前世を巡るオカルトファンタジー。
    • 『発破屋硬太』 読売新聞社
    • 『ホワイトハウス』角川ホラー文庫
  • 1998年
    • 『さよならブラックバード』角川書店 のち文庫 - 「いじめ」をテーマにした作品。
    • 『仰天旅行』 実業之日本社
    • 『エル・ドラードの鷲』中央公論社
    • 『途中で、ごめん。』マガジンハウス
  • 1999年
    • 『ハッピーエンドじゃなけりゃ意味がない』ブロンズ新社 - 遺作集。

翻訳書[編集]

構成を担当した番組[編集]

出演[編集]

TV[編集]

ラジオ[編集]

  • 『民夫くんと文夫くん』(ニッポン放送)
  • 『テレビ・ジョッキー』(TBSラジオ)
  • スーパーギャング〜ピテカントロプスの逆襲』(TBSラジオ)
  • 『愛は風の如く』(ラジオ大阪)

映画[編集]

CM[編集]

エピソード[編集]

  • 生まれて初めて映画を見たのは力道山が活躍していた5歳の頃。神田日活で、ボブ・ホープの『腰抜け二挺拳銃』であった[7]
  • 身長が185センチもあったのは[8]、大正生まれの父親が176センチと当時としては大柄であり、かつ母親も比較的大きかったため。身長のためか中学、高校とバスケットをやっていたが進学校ということもあり、スポーツへの情熱はさほどなかった[7]
  • 小学校は私立暁星学園。同級生に尾上辰之助がいた[7]。カトリック系の学校だったので、なんとなくキリスト教を意識するようになったが、家は神道であった[7]
  • 小学校6年の時に父の転勤で甲府へ。この時UFOを目撃する。これは個人的な体験ではなく、当時新聞にも載った有名な事件だった[7]。もっとも当時はUFOではなく“空飛ぶ円盤”であったが。
  • 武蔵中学に入学が決まっていたために、麹町の祖母の家に下宿する。甲府から戻ってみると、東京のTVチャンネルの多さに驚いた。同時にアメリカのバラエティ番組「ペリー・コモショー」「アンディ・ウィリアムス・ショー」や「パパは何でも知っている」などに夢中になった。この年、渋谷のリキパレスの前で本物の力道山を見る[7]
  • 中1の終わりに小児リューマチにかかり入院し、1週間意識がなく、高熱が4週間も続いた。注射をどんどん打たれたためホルモンの異常をきたし、入院時に38キロ足らずしかなかった体重がわずか2ヶ月で73キロになった。病院を抜け出して蔵前国技館へ行き花道で相撲を見ていたら、やにわに後ろの人が肩をたたき、次に腰をたたいた。振り返ってみると、それは初代の若乃花であった。仕事熱心な親方は、相撲にふさわしい体かどうかを触って確かめたのであった。もちろん、体重は病気が全快すると風船がしぼむようにもとの体重に戻ってしまった[7]
  • この大病の時に臨死体験をする。「僕は病気をして、これこれの体験をして、こういうものを見ました。だから、もう死ぬことが怖くなくなりました」と当時の作文に書いた[7]
  • 14歳の時、八方尾根であるスキー合宿の帰りに、父親の友人が経営している甲府の旅館に一人で泊まった時に、初めて「幽霊」を見る。そのせいで、なかなか眠れず、台所に忍び込んでビールを飲む[7]
  • 動物が好きで世界中を巡りながら、ラッコやクジラと戯れていた。愛犬家で家ではまだ珍しかったゴールデン・レトリバーを飼っていた。愛犬の名前はマルクス兄弟の一人に因んだ「ハーポ」であった[7]
  • 中学の時、「ウエストサイド物語」に出演していたタッカー・スミスにあこがれ、前髪を脱色して金髪にしてしまった。当然教師から追及されたが「いえ、僕は生まれてから、ずっとこういう髪の毛です」と言い張った[7]
  • 武蔵中学から武蔵高校に上がる時の成績は151名中147番[7]
  • 武蔵高校で「制服着ない運動」というのをやったら教師に叱られたので、その対抗手段としてアメリカン・ファーマシーで大量に買ったスウェットシャツに〈MUSASHI〉とプリントしたのを着て登校し、それを友だちにも売った。夏場には校章まで入ったTシャツをつくる。この頃すでに放送作家になることを決心していた[7]
  • 芸大の油絵学科と慶應の文学部を受験したが、芸大の最終の試験日が重なり、結局慶應の文学部へ進む。日吉で2食付きの下宿生活。すぐにグラフィック・デザインをやる〈商業美術研究会〉に入る。そのクラブで流行のフォークバンドをつくろうということで、ベースを担当することになる。ベースを持たされて3日目にはステージに立っていた。慶應で留年を重ね、1年生を2回繰り返しても進級できず退学処分を受ける(したがって専門課程には上がっていない)。その後、デザイン関係の仕事がしたくなり、武蔵野美術短大デザイン学科に移る[7]
  • 春から武蔵美のキャンパスがロックアウトされアメリカに旅立つ。サンフランシスコ、ニューヨーク、ニューオーリンズなどに滞在。いきなり英語が話せる自分にビックリする。1日の差で歴史的なコンサート「ウッドストック」を見逃した[7]
  • アメリカより帰国。「シャボン玉ホリデー」に放送作家として戻る。また、「ヤング720」(TBS)に出演し同時に企画にも参加する[7]
  • 成毛滋の率いるロック・バンド、フライド・エッグの1972年発表のファースト・アルバム「ドクター・シーゲルのフライド・エッグ・マシーン」のジャケットのイラストを描いている。コタツでミカンを食べ、お茶を飲みながら描いていた為に、良くみるとミカンの果汁のシミや、こぼしたお茶のシミがあると本人が告白していた[7]
  • 1日だけサラリーマンを経験する。結婚相手の父親の要望で博報堂に入ったが、とても勤まらないと思い、1日で退職した。武蔵野美術短大の同級生と結婚して飯倉片町のマンションに住む。1972年に長女が生まれたが、重度の心身障害を患っており、1990年に死去するまで寝たきりの生活を送っていた[9]
  • 構成作家として活躍。「クイズダービー」を大橋巨泉らとともに企画し、高視聴率を獲得。週12本の番組構成をしていた[7]
  • 最初の妻との間には一男二女を儲けたが、3年間の別居生活を経て1980年に離婚が成立。月々35万の生活費・養育費を15年間払うことを自ら決める。次女は英国の大学に進み、長男は慶應義塾大学に進んだ[9]
  • 1980年 - 1981年、北海道テレビ放送(HTB)のローカルの深夜お色気番組「純ちゃんの派〜手〜ズナイト」(毎週土曜の0時からの60分番組で司会は高田純次)のレギュラーとして出演し、毎回、ギターを弾きながら歌を披露していた。
  • 39歳で再婚。文筆業1本に絞ろうと思い、放送作家としての仕事を断り始める。その結果、年収が一挙に半分になる[7]

脚注[編集]

  1. ^ 同じ時間帯の番組にダブった時のみに使用
  2. ^ 歴史が眠る多磨霊園 景山二郎
  3. ^ a b c 自著『だから何なんだ』、p275-278、朝日新聞社、1990年
  4. ^ a b 自著『私は如何にして幸福の科学の正会員となったか』、p10、太田出版、1992年
  5. ^ 自著『どんな人生にも雨の日はある』、p55-56、ブロンズ新社、1989年
  6. ^ あなたの想い出
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 『ハッピーエンドじゃなけりゃ意味がない』の年譜より
  8. ^ ただし『普通の生活』p.177(朝日新聞社、1984年)では「僕の身長は184センチだ」と書いている。
  9. ^ a b 『噂の眞相』1998年4月号 曾我静太郎「焼死した景山民夫の人生を狂わせた幸福の科学と夫人の出会いの"不幸"」

関連項目[編集]