逢坂剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
逢坂 剛
(おうさか ごう)
誕生 1943年11月1日(70歳)
日本の旗 日本東京都文京区
職業 小説家
最終学歴 中央大学法学部法律学科卒業
活動期間 1980年 -
ジャンル 推理小説冒険小説時代小説
代表作 カディスの赤い星
主な受賞歴 オール讀物推理小説新人賞(1980年)
日本冒険小説協会大賞(1986年)
直木三十五賞(1986年)
日本推理作家協会賞(1987年)
処女作 「暗殺者グラナダに死す」
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

逢坂 剛(おうさか ごう、1943年11月1日 - )は、日本の小説家推理作家東京都文京区生まれ[1]。本名は中 浩正(なか ひろまさ)。父は挿絵画家の中一弥[2]

人物[編集]

幼少期に母が病死し、父子家庭で育つ。開成中学・高校を経て、中央大学法学部法律学科へ進学。学生運動たけなわの頃であり、司法試験受験は早々とあきらめ1966年に卒業、博報堂に勤務する傍ら、執筆活動を行う[3]。17年ほど兼業した後、1997年に社屋が芝浦に移るのを機に31年勤めた同社を早期退職し、神田神保町にオフィスを構える専業作家となった[1][2]

17、8歳の頃から独習でクラシック・ギターを弾いていたが、大学時代に限界を感じる[4]。そんな時、神保町のシャンソン喫茶で、サビーカスのフラメンコギターのレコードを聞いて衝撃を受け[4]、カンテ・フラメンコを聴いてはまる[5]。それがきっかけで本場のスペインにも興味をもち、1971年には2週間の有給休暇をとって初めて現地を旅行した[2][5]。このことが影響し、作家になってからも『カディスの赤い星』をはじめとしてスペインを舞台にした作品を多く執筆している[2]。また、オフィスにはギターがいくつもギターが置かれているという[2]

2001年から2005年まで日本推理作家協会理事長を務めた。

愛棋家としても知られ、2008年4月に開幕した第66期名人戦七番勝負では、第一局を対局場となった東京都文京区にある椿山荘で観戦している。日本将棋連盟の会長を務めた米長邦雄とは、中央大学の同期生で旧知の間柄である。

古書と食に精通することでも知られ、行きつけのカレー店を『十字路に立つ女』など自身の作品にも登場させている[6]

略歴[編集]

著書リスト[編集]

現代小説[編集]

シリーズ作品[編集]

百舌シリーズ(公安警察シリーズ)[編集]
  • 裏切りの日日(1981年2月 講談社 / 1986年7月 集英社文庫)- シリーズ序章
  • 百舌の叫ぶ夜(1986年2月 集英社 / 1990年7月 集英社文庫 / 1998年4月 大活字本シリーズ【上・下】 / 2014年3月 集英社文庫【改訂新版】)
  • 幻の翼(1988年5月 集英社 / 1990年8月 集英社文庫 / 2014年3月 集英社文庫【改訂新版】)
  • 砕かれた鍵(1992年6月 集英社 / 1995年3月 集英社文庫 / 2014年3月 集英社文庫【改訂新版】)
  • よみがえる百舌(1996年11月 集英社 / 1999年11月 集英社文庫)
  • 鵟の巣(2002年6月 集英社 / 2005年4月 集英社文庫)
岡坂神策シリーズ[編集]
  • クリヴィツキー症候群(1987年1月 新潮社 / 1990年1月 新潮文庫 / 2003年7月 講談社文庫
    • 収録作品:謀殺のマジック / 遠い国から来た男 / オルロフの遺産 / 幻影ブルネーテに消ゆ / クリヴィツキー症候群
  • 十字路に立つ女(1989年2月 講談社 / 1992年5月 講談社文庫)
  • 斜影はるかな国(1991年7月 朝日新聞出版 / 1994年7月 講談社文庫 / 1996年2月 朝日文芸文庫 / 2003年11月 文春文庫
  • ハポン追跡(1992年9月 講談社 / 1995年10月 講談社文庫)
    • 収録作品:血の報酬 / ハポン追跡 / 首 / 消えた頭文字 / 緑の家の女
  • あでやかな落日(1997年7月 毎日新聞社 / 2001年2月 講談社文庫)
  • カプグラの悪夢(1998年5月 講談社 / 2001年8月 講談社文庫)
    • 収録作品:暗い森の死 / カプグラの悪夢 / 転落のロンド / 宝を探す女 / 過ぎし日の恋
  • 牙をむく都会(2000年12月 中央公論新社 / 2003年2月 中央公論カッパノベルス【上・下】 / 2006年3月 講談社文庫)
  • 墓石の伝説(2004年11月 毎日新聞社 / 2008年4月 講談社文庫)
  • バックストリート(2013年6月 毎日新聞社)
御茶ノ水警察署シリーズ[編集]
  • しのびよる月(1997年11月 集英社 / 2001年1月 集英社文庫)
    • 収録作品:裂けた罠 / 黒い矢 / 公衆電話の女 / 危ない消火器 / しのびよる月 / 黄色い拳銃
  • 配達される女(2000年8月 集英社 / 2004年4月 集英社文庫)
    • 収録作品:悩み多き人生 / 縄張り荒らし / 配達される女 / 苦いお別れ / 秘めたる情事 / 犬の好きな女
  • 恩はあだで返せ(2004年5月 集英社 / 2007年4月 集英社文庫)
    • 収録作品:木魚のつぶやき / 欠けた茶碗 / 気のイイ女 / 恩はあだで返せ / 五本松の当惑
  • おれたちの街(2008年6月 集英社 / 2011年6月 集英社文庫)
    • 収録作品:おれたちの街 / オンブにダッコ / ジャネイロの娘 / 拳銃買います
  • 大迷走(2013年3月 集英社) - シリーズ初の長編
イベリア・シリーズ[編集]
  • イベリアの雷鳴(1999年6月 講談社 / 2002年6月 講談社文庫)
  • 遠ざかる祖国(2001年12月 講談社 / 2005年7月 講談社文庫【上・下】)
  • 燃える蜃気楼(2003年10月 講談社 / 2006年9月 講談社文庫【上・下】)
  • 暗い国境線(2005年12月 講談社 / 2008年12月 講談社文庫【上・下】)
  • 鎖された海峡(2008年4月 講談社 / 2011年4月 講談社文庫)
  • 暗殺者の森(2010年9月 講談社)
  • さらばスペインの日日(2013年11月 講談社)
禿鷹シリーズ[編集]
  • 禿鷹の夜(2000年5月 文藝春秋 / 2003年6月 文春文庫)
  • 無防備都市-禿鷹の夜II(2002年1月 文藝春秋 / 2005年1月 文春文庫)
  • 銀弾の森―禿鷹III(2003年11月 文藝春秋 / 2006年11月 文春文庫)
  • 禿鷹狩り―禿鷹IV(2006年7月 文藝春秋 / 2009年7月 文春文庫【上・下】)
  • 兇弾―禿鷹V(2010年1月 文藝春秋 / 2012年7月 文春文庫)
世間師シリーズ[編集]
  • 相棒に気をつけろ(2001年8月 新潮社 / 2004年9月 新潮文庫)
    • 収録作品:いそがしい世間師 / 痩せる女 / 弦の嘆き / 八里の寝床 / 弔いはおれがする
  • 相棒に手を出すな(2007年4月 新潮社 / 2010年2月 新潮文庫)
    • 収録作品:心変わり / 昔なじみ / ツルの一声 / 老舗のねうち / ツルの恩返し / 別れ話

シリーズ外作品[編集]

  • 空白の研究(1981年9月 双葉ノベルス / 1984年6月 双葉文庫 / 1987年3月 集英社文庫)
    • 収録作品:真実の証明 / 美醜の探求 / 嫌悪の条件 / 不安の分析 / 空白の研究
  • 赤い熱気球(1982年6月 双葉ノベルス)
    • 【改題】コルドバの女豹(1986年9月 講談社文庫)
      • 収録作品:暗殺者グラナダに死す / コルドバの女豹 / グラン・ビアの陰謀 / サント・ドミンゴの怒り / 赤い熱気球
  • 幻のマドリード通信(1983年2月 大和書房 / 1987年4月 講談社文庫 / 2003年1月 文春ネスコ)
    • 収録作品:幻のマドリード通信 / カディスからの脱出 / カディスへの密使 / ジブラルタルの罠 / ドゥルティを殺した男
  • スペイン灼熱の午後(1984年2月 講談社ノベルス / 1987年6月 講談社文庫)
  • 情状鑑定人(1985年4月 双葉社 / 1988年2月 集英社文庫 / 2004年5月 文春文庫)
    • 収録作品:非常線 / 不安なナンバー / 都会の野獣 / 情状鑑定人 / 死の証人 / 暗い川 / 逃げる男
  • カディスの赤い星(1986年7月 講談社 / 1989年8月 講談社文庫【上・下】 / 1995年10月 大活字本シリーズ【1-4】 / 2007年2月 講談社文庫〔新装版〕【上・下】)
  • 水中眼鏡の女(1987年2月 文藝春秋 / 1990年2月 文春文庫 / 2003年2月 集英社文庫)
    • 収録作品:水中眼鏡の女 / ペンテジレアの叫び / 悪魔の耳
  • さまよえる脳髄(1988年10月 新潮社 / 1992年1月 新潮文庫 / 2003年9月 集英社文庫)
  • 幻の祭典(1993年5月 新潮社 / 1996年5月 新潮文庫 / 2002年12月 文春文庫 / 2010年10月 徳間文庫
  • まりえの客(1993年10月 講談社 / 1996年10月 講談社文庫)
    • 収録作品:まりえの客 / 最後のマドゥルガータ / 死せるソレア / アテネ断章 / 盗まれた風景 / 三十六号車の男
  • 燃える地の果てに(1998年8月 文藝春秋 / 2001年11月 文春文庫【上・下】)
  • デズデモーナの不貞(1999年3月 文藝春秋 / 2002年7月 文春文庫)
    • 収録作品:雷雨の雨 / 奈落の底 / デズデモーナの不貞 / まりえの影 / 闇の奥
  • 熱き血の誇り(1999年10月 新潮社 / 2002年9月 新潮文庫【上・下】)

時代小説[編集]

重蔵始末シリーズ[編集]

挿画は父である中一弥が担当している

  • 重蔵始末(2001年6月 講談社 / 2004年7月 講談社文庫)
  • じぶくり伝兵衛―重蔵始末(二)(2002年9月 講談社 / 2005年9月 講談社文庫)
  • 猿曳遁兵衛―重蔵始末(三)(2004年3月 講談社 / 2007年3月 講談社文庫)
  • 嫁盗み―重蔵始末(四)長崎篇(2006年3月 講談社 / 2009年3月 講談社文庫)
  • 陰の声―重蔵始末(五)長崎篇(2007年4月 講談社 / 2010年7月 講談社文庫)
  • 北門の狼―重蔵始末(六)蝦夷篇(2009年8月 講談社 / 2012年10月 講談社文庫)
  • 逆浪果つるところ―重蔵始末(七)蝦夷篇(2012年9月 講談社)

道連れ彦輔シリーズ[編集]

  • 道連れ彦輔(2006年11月 文藝春秋 / 2009年10月 文春文庫 / 2013年12月 大活字本シリーズ【上・下】)
  • 伴天連の呪い―道連れ彦輔〈2〉(2008年11月 文藝春秋 / 2011年4月 文春文庫)

長谷川平蔵シリーズ[編集]

  • 平蔵の首(2012年3月 文藝春秋)
  • 平蔵狩り(2014年8月 文藝春秋)

西部劇[編集]

  • アリゾナ無宿(2002年4月 新潮社 / 2005年4月 新潮文庫)
  • 逆襲の地平線(2005年8月 新潮社 / 2008年2月 新潮文庫)

エッセイ[編集]

  • さまざまな旅(1993年10月 毎日新聞社 / 1997年11月 講談社文庫)
  • 書物の旅(1994年11月 講談社 / 1998年12月 講談社文庫)
  • 青春の日だまり―わたしの映画・テレビ熱中記(1997年5月 講談社)
  • フラメンコに手をだすな!(1998年11月 パセオ)
  • メディア決闘録(2000年4月 小学館
  • 逢坂剛のジョーシキ的常識録(2003年10月 文春ネスコ)
  • 剛爺コーナー(2010年3月 講談社)
  • 小説家・逢坂剛(2012年2月 東京堂出版
  • わたしのミステリー(2014年7月 七つ森書館

共著・その他[編集]

  • スペイン読本(1987年11月 福武文庫)- 編集
  • スペイン内戦写真集(講談社 1989年)- 監修
  • いすぱにあ万華鏡(1991年7月 パセオ)
  • 棋翁戦てんまつ記(1995年3月 集英社)
  • 鬼平が「うまい」と言った江戸の味(1999年2月 PHP研究所 / 2003年12月 PHP文庫)- 北原亞以子福田浩との共著
  • 大いなる西部劇(2001年5月 新書館)- 川本三郎との共著
  • 古書もスペインもミステリー(2003年10月 玉川大学出版部
  • 世界はハードボイルド(2004年4月 玉川大学出版部)
  • 誇り高き西部劇(2005年10月 新書館) - 川本三郎との共著
  • 山本博文教授の江戸学講座(2007年3月 PHP文庫) - 山本博文宮部みゆきとの共著
  • 池波正太郎の美食を歩く(2010年4月 祥伝社
  • お江戸東京極上スイ-ツ散歩(2011年4月 PHP研究所) - 岸朝子との共著
  • さらば愛しきサスペンス映画(2012年10月 七つ森書館) - 川本三郎との共著
  • ハードボイルド徹底考証読本(2013年9月 七つ森書館) - 小鷹信光との共著
  • わが恋せし女優たち(2014年3月 七つ森書館) - 川本三郎との共著

翻訳[編集]

  • 奇巌城(1999年8月 講談社) - モーリス・ルブラン原作
    • 【改題】逢坂剛の奇巌城(2002年6月 講談社)
      • 【再改題】奇巌城(2004年8月 講談社文庫)

アンソロジー[編集]

「」内が逢坂剛の作品

  • 殺意の断層(1984年11月 文春文庫)「屠殺者よグラナダに死ね」
  • 殺意の狂詩曲(1986年10月 光文社カッパ・ノベルス)「裂けた罠」
  • 昭和ミステリー大全集〈下巻〉(1991年3月 新潮文庫)「暗殺者グラナダに死す」
  • 12星宮殺人事件(1993年11月 飛天文庫)「情状鑑定人」
  • 短編で読む 推理傑作選50〈下〉(1995年11月 光文社)「首」
  • ミステリー傑作選・特別編〈5〉自選ショート・ミステリー(2001年7月 講談社文庫)「決闘」
  • M列車で行こう(2001年10月 光文社カッパ・ノベルス / 2005年5月 光文社文庫)「悩み多き人生」
  • ザ・ベストミステリーズ 推理小説年鑑〈2004〉(2004年7月 講談社)
    • 【分冊・改題】孤独な交響曲(2007年4月 講談社文庫)「欠けた古茶碗」
  • 名探偵を追いかけろ(2004年10月 光文社カッパ・ノベルス / 2007年5月 光文社文庫)「燃える女」
  • 決断―警察小説競作―(2006年1月 新潮文庫)「昔なじみ」

映像化作品[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビ朝日
TBS
フジテレビ関西テレビ
テレビ東京BSジャパン
日本テレビ読売テレビ
WOWOW

映画[編集]

メディア出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]