野沢尚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

野沢 尚(のざわ ひさし、1960年5月7日 - 2004年6月28日)は、日本脚本家・推理小説家である。愛知県名古屋市出身。愛知県立昭和高等学校日本大学芸術学部映画学科卒業。テレビドラマ脚本で高い評価を受ける一方、ミステリー小説にも幅を広げた。北野武映画監督デビュー作の脚本を手掛けたことでも知られている。1998年、『眠れる森』『結婚前夜』で第17回向田邦子賞受賞。

略歴[編集]

人物像[編集]

  • シナリオライターになろうとしたきっかけは、中学時代から映画監督志望で、8ミリカメラ自主映画を作っていたが「映画はまずシナリオありき」と思い立ち、独学で始めたことであるという。
  • シナリオの書き方は、月刊シナリオで書き方を覚え、倉本聰のシナリオ集を読み、そっくり文体を真似して勉強することから始めた。
  • 実際にプロになろうとしたきっかけは、第9回の城戸賞に佳作入選したことと、鶴橋康夫奥山和由との出会い。
  • 遭遇したトラブルとして、脚本を現場で大きく変えられたことが2回あり、北野武の『その男、凶暴につき』は完成された映画が傑作だったので許しているが(ただし、2004年に『烈火の月』として自身で改稿前の脚本を元に小説化した)、村上龍に直された『ラッフルズホテル』は日本映画史上の汚点のような大駄作にされたことがあったことを挙げている。
  • 父親は、京都大学名誉教授で京都大学霊長類研究所の所長も務めた生物学者・野澤謙。作品中には父親をモデルとした学者が登場する。叔父にフランス文学者で元都立大教授の野沢協、祖父の兄弟に京都学派の哲学者の田辺元がいる。
  • TBSのプロデューサー貴島誠一郎とは、『この愛に生きて』(1994年フジテレビ系)、『恋人よ』(1995年、フジテレビ系)が『長男の嫁』シリーズと競合するなどライバル関係であったため、「彼からは絶対声がかからない」と思っていたという。だが、逆に貴島は以前から野沢に注目していたといい、後に彼の依頼で脚本を執筆した『青い鳥』(1997年)が放送された。
  • 自殺の2か月前に放送された『砦なき者』には、自殺をほのめかすかのようにテレビ業界への絶望が描かれている。
  • 自殺した際には知人に「夢はいっぱいあるけど、失礼します」との遺書が残された。

作品[編集]

脚本[編集]

連続ドラマ[編集]

単発ドラマ[編集]

  • 殺して、あなた…(読売テレビ1985年
  • 手枕さげて(読売テレビ、1987年
  • 最後の恋(読売テレビ、1988年
  • 愛(めぐみ)の世界(読売テレビ、1990年
  • 恋愛本線、駆ける(TBS、1990年)
  • 灰の降るイブ(フジテレビ、1990年)
  • 夢みた旅(NHK、1991年
  • 朝日のあたる家(読売テレビ、1991年)
  • 小指の思い出(読売テレビ、1991年)
  • 東京ららばい(読売テレビ、1991年)
  • あと1時間の恋(日本テレビ、1991年)
  • 女優たち(フジテレビ、1991年)
  • 10年目のクリスマス・イブ(テレビ朝日、1991年)
  • 性的黙示録(読売テレビ、1992年)
  • 雀色時(読売テレビ、1992年)
  • 誰よりも君のこと(テレビ朝日、1994年)
  • 恋人みたいに泣かないで(テレビ朝日、1995年)
  • その男の恐怖(フジテレビ、1998年)
  • ネット·バイオレンス〜名も知らぬ人々からの暴力〜(NHK、2000年) - 出演:夏川結衣北村一輝
  • 反乱のボヤージュテレビ朝日、2001年)
  • 砦なき者(テレビ朝日、2004年

ほか多数

ドラマ原案[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

著書[編集]

  • V.マドンナ大戦争(集英社文庫コバルトシリーズ 1985年)
  • ステイゴールド(角川文庫、1988年) - 2006年に幻冬舎文庫
  • マリリンに逢いたい(小学館、1988年)
  • 親愛なる者へ(フジテレビ出版、1992年)- 2012年に韓国でドラマ化
  • 素晴らしきかな人生(フジテレビ出版、1993年)
  • ラストソング(扶桑社文庫、1994年) - 2008年に講談社文庫
  • 恋人よ(扶桑社、1995年)のち文庫、幻冬舎文庫
  • 映画館に、日本映画があった頃(キネマ旬報社 1995年)
  • 恋愛時代幻冬舎、1996年) - 2006年に韓国でドラマ化
  • 破線のマリス講談社、1997年)のち文庫
  • 青い鳥(幻冬舎、1997年)のち文庫
  • リミット(講談社、1998年)のち文庫
  • 結婚前夜(読売新聞社、1998年)
  • 呼人(講談社、1999年)のち文庫
  • 眠れる森(幻冬舎、1999年)のち文庫
  • 氷の世界(幻冬舎、2000年)のち文庫
  • 深紅(講談社、2000年)のち文庫
  • 野沢尚のミステリードラマは眠らない あなたにこの物語は書けない!(日本放送出版協会 2000年)
  • 反乱のボヤージュ(集英社、2001年)のち文庫
  • 水曜日の情事(新潮社、2001年)
  • 眠れぬ夜を抱いて(幻冬舎、2001年)のち文庫
  • 龍時シリーズ文藝春秋)のち文庫
    • 龍時01-02(2002年)
    • 龍時02-03(2003年)
    • 龍時03-04(2004年)
  • 砦なき者(講談社、2002年)のち文庫
  • 魔笛(講談社、2002年)のち文庫
  • 殺し屋シュウ(幻冬舎、2003年)のち文庫
  • ふたたびの恋 文藝春秋 2003 のち文庫
  • 烈火の月(小学館、2004年)のち文庫
  • ひたひたと(講談社、2004年)のち文庫

漫画原作[編集]

エッセイ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「作家野沢尚さんが死亡 事務所で首つり自殺か」 共同通信 2004年6月28日47NEWS

外部リンク[編集]