トマス・H・クック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トマス・H・クック
(Thomas H. Cook)
誕生 1947年9月19日(66歳)
アメリカ合衆国の旗 アラバマ州デカルブ郡
職業 作家
言語 英語
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
最終学歴 ニューヨーク市立大学ハンター校
コロンビア大学
活動期間 1980年 -
ジャンル ミステリ、サスペンス
代表作 『緋色の記憶』
主な受賞歴 エドガー賞 長編賞
1997年 緋色の記憶
処女作 『鹿の死んだ夜』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

トマス・H・クックThomas H. Cook1947年9月19日 - )は、アメリカ合衆国小説家アラバマ州デカルブ郡フォート・ペイン出身。ケープコッド在住。

経歴[編集]

ジョージア州立大学で学士の単位を取得。1972年ニューヨーク市立大学ハンター校にてアメリカの歴史を学び修士号を取得、1976年コロンビア大学にて博士号を取得。

1978年から1980年にかけて、デカルブ郡のコミュニティ・カレッジで国語と歴史を教えていた。また、1978年から1982年には雑誌「アトランタ」のブックレビューを担当する編集者として働いていた。

1980年大学院生だった頃、『鹿の死んだ夜』でデビューし、専業作家となる。

1997年、『緋色の記憶』でエドガー賞 長編賞を受賞。

作品リスト[編集]

# 邦題 原題 出版年
アメリカ合衆国の旗
出版年
日本の旗
訳者 出版社
日本の旗
備考
1 鹿の死んだ夜 Blood Innocents 1980年 1994年 染田屋茂 文藝春秋
2 The Orchids 1982年
3 神の街の殺人 Tabernacle 1983年 1994年 染田屋茂 文藝春秋
4 Elena 1986年
5 だれも知らない女 Sacrificial Ground 1988年 1990年 丸本聰明 文藝春秋 フランク・クレモンズ三部作の第一作
6 過去を失くした女 Flesh and Blood 1989年 1991年 染田屋茂 文藝春秋 フランク・クレモンズ三部作の第二作
7 熱い街で死んだ少女 Streets of Fire 1989年 1992年 田中靖 文藝春秋
8 夜 訪ねてきた女 Night Secrets 1990年 1993年 染田屋茂 文藝春秋 フランク・クレモンズ三部作の第三作
9 The City When It Rains 1991年
10 闇をつかむ男 Evidence of Blood 1991年 1997年 佐藤和彦 文藝春秋
11 死の記憶 Mortal Memory 1993年 1999年 佐藤和彦 文藝春秋
12 夏草の記憶 Breakheart Hill 1995年 1999年 芹澤恵 文藝春秋
13 緋色の記憶 The Chatham School Affair 1996年 1998年 鴻巣友季子 文藝春秋 エドガー賞 長編賞受賞
14 夜の記憶 Instruments of Night 1998年 2000年 村松潔 文藝春秋
15 心の砕ける音 Places in the Dark 2000年 2001年 村松潔 文藝春秋
16 闇に問いかける男 Interrogation 2002年 2003年 村松潔 文藝春秋
17 テイクン Taken 2002年 2003年 富永和子 竹書房 テレビドラマ「TAKEN テイクン」のノベライズ
18 Moon Over Manhattan 2002年 ラリー・キングとの共著
19 孤独な鳥がうたうとき Peril 2004年 2005年 村松潔 文藝春秋
20 蜘蛛の巣のなかへ Into the Web 2004年 2005年 村松潔 文藝春秋
21 緋色の迷宮 Red Leaves 2005年 2006年 村松潔 文藝春秋
22 石のささやき The Murmur of Stones 2006年 2007年 村松潔 文藝春秋
23 沼地の記憶 Master of the Delta 2008年 2010年 村松潔 文藝春秋
24 The Best American Crime Reporting 2008 2008年 ジョナサン・ケラーマンオットー・ペンズラーとの共著
25 キャサリン・カーの終わりなき旅 The Fate of Katherine Carr 2009年 2013年 駒月雅子 早川書房
26 ローラ・フェイとの最後の会話 The Last Talk with Lola Faye 2010年 2011年 村松潔 早川書房
27 The Quest for Anna Klein 2011年
28 ジュリアン・ウェルズの葬られた秘密 The Crime of Julian Wells 2012年 2014年 駒月雅子 早川書房
29 Sandrine's Case 2013年

日本での評価(ランキング等)[編集]

  • 週刊文春ミステリーベスト10 海外編
    • 『だれも知らない女』 1990年 第9位
    • 『熱い街で死んだ少女』 1992年 第7位
    • 『緋色の記憶』 1998年 第1位
    • 『死の記憶』 1999年 第3位
    • 『夏草の記憶』 1999年 第5位
    • 『夜の記憶』 2000年 第2位
    • 『闇に問いかける男』 2003年 第8位
    • 『蜘蛛の巣のなかへ』 2005年 第10位
    • 『緋色の迷宮』 2006年 第6位
    • 『石のささやき』 2007年 第3位
    • 『沼地の記憶』 2010年 第6位
  • このミステリーがすごい! 海外編
    • 『過去を失くした女』 1992年 第2位
    • 『熱い街で死んだ少女』 1993年 第3位
    • 『緋色の記憶』 1999年 第2位
    • 『夏草の記憶』 2000年 第3位
    • 『死の記憶』 2000年 第7位
    • 『夜の記憶』 2001年 第7位
    • 『心の砕ける音』 2002年 第5位

関連項目[編集]