森下佳子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
森下佳子
プロフィール
誕生日 1971年1月24日
出身地 日本の旗 日本大阪府高槻市
主な作品
テレビドラマ 世界の中心で、愛をさけぶ
白夜行
JIN-仁-』 他
映画 プラトニック・セックス』ほか
受賞
  ザテレビジョンドラマアカデミー賞 脚本賞
第42回『世界の中心で、愛をさけぶ
第63回『JIN-仁-
第69回 『JIN-仁-』
第32回向田邦子賞

森下 佳子(もりした よしこ、1971年1月24日[1] - )は、日本の脚本家

略歴[編集]

大阪府高槻市出身、東京大学文学部宗教学科卒業。幼い頃から芝居が好きで、小学生の時には演劇部に入っていた他、宝塚出身者が主催するミュージカル劇団に入り、バックダンサーとして舞台に立ったこともある。学生時代は演劇サークルで女優を経験、劇団「パンパラパラリーニ」をたちあげ演出・脚本を担当していた。その後、OLの傍らシナリオセンターで学び、プロットライターとしてデビューする。それから半年ほど経った頃、プロットライターをしていた『平成夫婦茶碗』(2000年、日本テレビ)の企画プロデュースを担当していた脚本家の遊川和彦から「コンペで書く人決めよう」と言われ、その結果、同作で脚本家としてデビューすることとなる。その後も遊川の企画による仕事が続き、遊川を「プロデューサー+家庭教師みたいな」存在と述べている[1]

TBSドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』で雑誌『ザテレビジョン』のドラマアカデミー賞(2004年夏クール)脚本賞を受賞する。NHK朝の連続テレビ小説ごちそうさん』で第32回向田邦子賞を受賞[2]

TBS制作の作品では、全てTBSのプロデューサー石丸彰彦と組んでいる。

主な作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

作詞[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]