海渡英祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
海渡 英祐
(かいと えいすけ)
ペンネーム 海渡 英祐
誕生 広江 純一
1934年9月24日(80歳)
日本の旗 日本東京都目黒区
職業 小説家推理作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士(法学)
最終学歴 東京大学法学部卒業
活動期間 1961年 - 1998年
ジャンル 推理小説
代表作 『伯林―一八八八年』(1967年)
主な受賞歴 江戸川乱歩賞(1967年)
処女作 『極東特派員』(1961年)
テンプレートを表示

海渡 英祐(かいと えいすけ、1934年9月24日 - )は、日本の小説家推理作家日本推理作家協会現会員。本名広江純一。筆名は「成吉思汗源義経」(海を渡った英雄)にちなむ。

経歴[編集]

1934年東京都目黒区に生まれる。少年時代を満洲で過ごし、1946年に引き揚げて青森市に居住。青森県立青森高等学校を経て東京大学法学部卒業後、推理小説家の高木彬光の『成吉思汗の秘密』執筆を手伝い、アルバイトで資料収集や原稿整理を助けたことから推理作家志望となる。

その後、初の自作小説『極東特派員』を1961年に刊行した。1967年には森鴎外ビスマルクなどを交え展開する殺人事件を描いた本格推理小説『伯林―一八八八年』で第13回江戸川乱歩賞を受賞する。そのときの乱歩賞の選考委員のひとりが高木彬光だった。その後の作家活動として創作した作品の内容傾向は本格、競馬、歴史推理小説や清水義範などらが得意とするユーモアミステリー小説の執筆など多くの種にわたっている。

文学賞受賞・候補歴[編集]

太字が受賞したもの

作品リスト[編集]

長編[編集]

  • 極東特派員(1961年)
  • 爆風圏(1961年)
  • 伯林―一八八八年(1967年)
  • 影の座標(1968年)
  • 無印の本命(1970年)
  • 燃えつきる日々(1977年)
  • 白夜の密室(1977年)
  • 霧の旅路(1978年)
  • 積木の壁(1981年)
  • 二十の二倍(1981年)
  • 黎明に吼える(1981年)
  • 咸臨丸風雲録(1983年)
  • 出囃子が死を招く(1992年)
  • ターフの罠(1995年)

短編集[編集]

  • おかしな死体ども(1974年)
  • パドックの残影(1974年)
  • 殺人ファンタジア(1975年)※文庫版は『死の国のアリス』に改題
  • 海渡英祐自選短編傑作集(1976年)※文庫版は『突込んだ首』に改題
  • 閉塞回路(1976年)
  • 罠のなかの七人(1976年)
  • ふざけた死体ども(1977年)
  • 美女が八人死体が七つ(1978年)
  • 地獄への直行便(1979年)
  • 激流に生きる(1980年)
  • 謀略の大地(1980年)
  • 仮面の告発(1982年)
  • 三つの部屋の九つの謎(1983年)
  • 忍びよる影(1983年)
  • 事件は場所を選ばない(1984年)
  • 次郎長開化事件簿(1985年)
  • 趣味の犯罪 華麗な殺し(1985年)
  • トラブル・ハニムーン(1985年)
  • 悪夢と恋人たち(1986年)
  • 喰いちがった結末(1988年)
  • 辰五郎維新事件帖(1989年)※文庫版、大活字本は『新門辰五郎事件帖』に改題
  • 俥に乗った幽霊(1992年)
  • 札差弥平治事件帖(1998年)