8ミリ映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

8ミリ映画(8ミリえいが、通称8ミリ)とは、8mm幅のフィルムを利用した映画映写にあたって免許資格が不要であり、取り扱いが簡便なことから、主に家庭用に1932年から発売され、さらには教育用や産業用などでも広く使われた。

略歴・概要[編集]

1965年頃にはコダック富士フイルムによって数々の改良がされ、1970年代にピークを迎えたが、1980年代後半に入り、家庭用のVHSビデオテープを小型化したVHS-C8ミリビデオが発売されると市場が縮小し、フィルムや機材の生産、現像サービスの多くが中止されはじめた。

一般家庭や企業などの映像記録用としての役割を終えた後も、アマチュア映像制作者(特にアニメーション特撮の自主制作を行うもの)にとっては、スクリーンに映写でき、物理的にフィルムを切り張りすることで編集に高価な機材を必要としない、1コマずつの撮影が出来たり、現像済みのフィルムを針などでひっかくことで透過光や光学合成に似た効果(「シネカリグラフィ」と呼ばれた)を気軽に出せる、などの利点があった。このため大手メーカーが8mmのカメラや映写機の製造を終了した1990年代以降も8mmで多くの自主映画が制作され、全国の自主映画愛好者によって上映され続けた。

しかし2000年代になると、MiniDVや液晶プロジェクターの登場と、パソコンの高性能化・低価格化でデジタル映像編集が個人でも可能になり、かえって8mmでは、現像やフィルム代といった感材費や、フィルムの保存に関する問題、完成させても映写可能な場所が限定され、最終的にはDVDなどにコピーしなければ一般公開が困難、などの弱点が嫌われ、利用者が急激に減少した。一方で写真と同じように、銀塩フィルムを好むユーザーが少なからず存在する。

なお、テレビドラマ用には面積が4倍の16ミリ、劇場用映画には面積が16倍の35ミリが使用されるのが一般的であるが、近年ではプロの現場でもフィルムを使用しないデジタルシネマが登場している。

8ミリフィルム映画のサウンドトラック[編集]

8ミリは家庭用を目的として登場したため、当初は価格を低廉に抑える必要から、音声機能を持たない「サイレント方式」のみであったが、市販ソフト用にトーキーフィルムも開発された。これは当初、16ミリ35ミリと同じ光学式であった。後に家庭用カメラや、家庭用映写機によるアフレコを可能とした磁気式が開発されたが、互換性の問題からこれ以降に発売された映写機は両方の再生機能を備えるようになった。フイルムの両端ぎりぎりに2トラックのステレオ録音が可能な製品もあったが、ビデオカメラの普及にともない現在はシングル8、スーパー8とも製造を中止している。

フィルムの規格[編集]

8ミリフィルムには大別して白黒とカラーに分かれ、そのほとんどがリバーサルフィルムである。カラーフィルムには自然光での撮影に適したデイライト型と、白熱灯などの人工光での撮影に適したタングステン型が存在する。撮影時の光源によってフィルムを選択する必要がある。

ダブル8[編集]

1932年にコダックが発表した規格。16ミリ幅のフィルムでリールに巻かれている形のフィルム。(16ミリ幅のフィルムではあるが16ミリ撮影用のフィルムとはパーフォレーションのピッチが異なる)  通常は25フィート(約7.5m)巻(一部には100フィート巻も存在した)16ミリ幅フィルムの半分の幅を交互に使って往復撮影を行ない、現像後、半分に切って8ミリフィルムとした。 片面(A面)撮影終了後リールをひっくり返して、残る片面(B面)を撮影する必要があり面倒であった。明るいところでのフィルム装填作業も可能ではあったが直射日光下では困難を伴い、万全を期すためにはダークバッグを使用した。 標準撮影コマ数は16コマ/秒である。撮影時間は各面約2分で合計約4分。

アメリカではRegular-8(レギュラーエイト)、イギリスではStandard-8(スタンダードエイト)、その他のヨーロッパの国々ではNormal-8(ノーマルエイト)と呼ばれている。

1965年にスーパー8、シングル8が発表されるまでは8ミリの標準規格であり日本のメーカーもカメラ・映写機などの機材や、フィルムを発売していたが、その後衰退していった。

現状

フィルムは大手メーカーからは発売されていないが、一部の海外のマニアが加工・製作し販売している。日本国内では墨田区にある「レトロ通販(有限会社レトロエンタープライズ)」が販売代行・現像を担当している。

スーパー8[編集]

コダック社が開発し、1965年に発表した規格。従来のダブル8と同じアセテートベースを採用している。ダブル8との相違点はパーフォレーションを小さくし、その分、画像面積を約1.5倍に拡大、また16コマ/毎秒が標準であったフィルム走行速度を18コマ/毎秒と早めた。さらに高級機種においては24コマ/毎秒という商業映画と同じ滑らかな動きの撮影・映写を可能とした。カートリッジ形式を採用しており、内部にプレッシャープレートを内蔵しているため、ダブル8のようにゲートにフィルムを通す手間がなくなった。また日中でもフィルムのカブリや感光をおそれることなく、カメラにフィルムを装填できるようになり、カートリッジの切り込みによってフィルム感度の設定を自動にすることができた。しかし、フィルムの走行に一軸構造が採用されているために、フィルムの巻き戻しが不可能になってしまい、オーバーラップなどの特殊効果ができなくなってしまったが、のちにカメラメーカーの努力によって一部制限があるものの巻き戻しを可能にした。

スーパー8のカラーフィルムには基本的にタングステンタイプのフィルムしかないが、カメラに内蔵されたフィルターによって太陽光下でも撮影できるようになっている。コダック社製コダクロームフィルムの発色のよさから根強い人気があったが、同フィルムは2006年生産終了となり、次に発売されたエクタクローム64Tも2010年に生産終了となり、代わりに同年、エクタクローム100Dが発売となった。他にトライX(白黒フィルム)やビジョン3やPro8(ネガフィルム)なども発売されている。海外ではアマチュアやプロの間で多く使われている。

現状

2010年現在、エクタクローム100D等のカラーリバーサルフィルムのみ日本国内で現像することが可能である。現像は墨田区にある「レトロ通販(有限会社レトロエンタープライズ)」が担当している。 また主なカメラ店などを通してもコダック社製スーパー8フィルムの現像依頼は可能である。

シングル8[編集]

富士フイルムが開発し、1965年に発表した規格。パーフォレーションや画像の寸法などはスーパー8とほぼ同じだが、こちらはPETベースを採用しており、従来のアセテートより薄く、強度が強くなっている。スーパー8とは厚みが違うためシングル8とスーパー8をつなぐと映写時にピントがずれる。マガジン(カセット)形式であり、VHSテープの様に2軸で走行するため自由に巻き戻しなどができる。

当初は「ラピッド8」の名で開発され、ドイツのアグフアとの共同開発で世界展開を目指した。パーフォレーションはダブル8と共通し映写機の互換性を保つこととしていた。しかし、開発中にアグフアはコダックのスーパー8に鞍替えし脱落。富士フイルムは日本のカメラメーカー及びフイルムメーカーに協力を呼びかけ、パーフォレーションをスーパー8と同等とし性能を対等にしたうえで、発売開始から日本国内におけるデファクトスタンダードの立場を確立し、さらに海外市場にも殴り込みをかけた。シングル8の取り扱いのよさは海外でも好評価を受け、富士フイルムの世界市場進出の足がかりになった。

  • 後に参議院議員となる扇千景が1965年にシングル8のCMタレントとして起用され、「私にも写せます」のキャッチフレーズで当時発売の小型8ミリカメラ(フジカシングル8、P1)を宣伝した。「私にも写せます」は当時の流行語となった。
現状

カメラの出荷停止後も販売を継続していたが、2006年4月25日、富士フイルムは一度2007年3月をもってフィルムの販売を、2008年9月をもって現像サービスの終了すると発表。この際は映画関係者や文化人らが危機感を持ち「フィルム文化を存続させる会」が結成、大林宣彦監督らを発起人に約300人の賛同者が事業存続を求めて同社と話し合い、ひとまず設備の更新と修理、販売を数年ほど続ける事となった。現在はサイレントフィルムのみが販売されているが、現像後に磁性体を塗布するアフレコ仕上げというのが行われており、映写機などで後から録音することはできる。(2008年ごろより機械の故障を理由に「アフレコ仕上げ」は中止していたが2009年6月1日より再開した)
フィルム現像については2009年現在、日本国内では、東京調布市にあるフジカラーサービス東京現像所と墨田区にある「レトロ通販(有限会社レトロエンタープライズ)」で可能。

なお、富士フイルムは2009年6月に、再びフィルム販売と現像サービスの段階的終了を発表している。

    • 2010年5月 FUJICHROME RT200N販売終了(予定)
    • 2012年3月 FUJICHROME R25N販売(予定)
    • 2013年9月 富士フイルムにおける現像サービス終了(予定)


機材[編集]

撮影および映写に必要な一般用機材は生産終了している(下述※)。入手には中古カメラを扱う店舗やオークションなどで中古品を探さなければならない。 ただし、例外的にステレオスプライサー、スプライシングテープに関しては販売の継続が続いている。

代表的な機材として、

  • 8ミリカメラ※(付属機器として、レリーズ電磁レリーズ、各種フィルタ、アングルファインダなど)
  • 三脚
  • 照明機材
  • エディタ(編集機)※
  • スプライサー※(8ミリフィルムを任意の箇所で切断、あるいは接着する機材。付属品としてスプライシング・テープ。)
  • 映写機
  • スクリーン - 家庭用の8ミリでは白い壁、あるいはシーツなどで代用されることも多かった。

などがある。

外部リンク[編集]