デジタルシネマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デジタルシネマ (Digital cinema) とは、銀塩フィルムカメラの代わりにデジタル式のビデオカメラを使って撮影し、さらにその編集から配給上映に至るまでの一連のプロセスにデジタルデータを使用する映画である。

概要[編集]

コンピュータの発達と共に、映画製作の過程でも編集作業や特殊効果をデジタル技術を利用するようになり、光学的に撮影した映像フィルムをデジタル・データに変換して、デジタル処理による動画の加工後に再びフィルムに戻すキネコの作業が不可欠となっている。それならば、いっそ撮影と上映もデジタル化する事で相互変換の工程を省き、時間とコスト、その他アナログが抱えるあらゆる制約を払拭してしまおうと言うのがデジタルシネマの基本構想である。

利点[編集]

まず技術的な背景について説明する。化学的な反応とその粒子サイズに制約を受ける銀塩フィルムに比べて、CCDCMOS撮像素子といった電子部品は20世紀末から急速に進んだ微細加工技術の恩恵を受けて高密度画素と同時に感度が高くダイナミックレンジも広くなっている[1]

すでに商業映画作品の殆どがコンピュータで何らかの画像処理を行っており、従来はフィルムで撮影した画像をフィルムスキャナで1コマずつデジタル・データに変換していたが、その過程で画像データの劣化が避けられなかった。一方、デジタル機材で撮影されたデータはコンピュータでの加工に適している。

デジタル撮影により、撮影フィルムの現像・スキャンの手間とコストが省かれ、さらに即時に再生確認ができる利点がある。また、従来のフィルムによる撮影では無駄になるフィルムが多く、カメラの起動時にフィルムが安定した速度に達するまでのコマやフィルムマガジンを脱着するだけでも前後のフィルムが無駄になった。更に、カメラに装着できるフィルムの長さに制約があり、連続した長時間撮影が出来なかった。デジタル撮影機材の導入により、それらの問題が解決された。

映像[編集]

このようにビデオによる撮影には利点が多いが、解像度が低いという大きな欠点があった。しかしアナログテレビ画質を超える、ハイビジョンが開発されたことにより、映画に使用できるようになった。ハイビジョンは開発当初から35ミリフィルム映画に匹敵するとされ、1035i/60や1080i/60による撮影が行われた。その後、1080p/24による撮影が主流となった。これは映像をキネコによってフィルムに転写する必要から、プルダウンと呼ばれるコマ数(フレーム数)変換の必要の無い毎秒24コマとするためである。また1080pよりコストが低い、720pによる撮影が行われた。

2006年からハリウッド映画を中心にDigital Cinema Initiatives(DCI) [2]の仕様が決まり、このうち「2K」、2048×1080がデジタル上映において、まず普及した。2006年12月には全館デジタル上映のシネコンが登場し、2008年7月にはオンライン配信によるフルデジタルのシネコンが登場した。[3][4]そして2Kのプロジェクターがフィルム式投影機を抜いた、そしてフィルムの時代は終わった。

「4K」は2Kの4倍の画素数であり鮮明な映像となっている。その後、映画館にあるプロジェクターは2Kから「4K」4096 x 2160に移行してきている。撮影においても、より高精細なものが求められていたため、映画用カメラでも「4K」4096×2160で撮影できる機材が販売され、「4K」で撮影されるようになった。ソニーのシネアルタやキャノンのデジタル一眼レフなどが4Kに対応している。

撮影[編集]

2000年ではデジタルシネマの推進に最も意欲的だったのが、『スター・ウォーズ』シリーズで知られるジョージ・ルーカスである。彼は『クローンの攻撃』において長編映画では史上初めて完全デジタル撮影を行うと共に、当初は「本作はデジタル上映以外は許可しない」と発言していたが、後者についてはデジタル上映環境の普及が不十分なことから撤回された。

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』や『リリイ・シュシュのすべて』、さらに『頭文字D』や『ハリー・ポッターシリーズ』などの映画はビデオカメラHDCAMにより、1080p24で撮影され、編集機材もHDTV用の物が使用されている。また、『スパイ・ゾルゲ』、『ビートキッズ』、『男たちの大和/YAMATO』などはビデオテープすら使用せず、ハードディスクデータとして記録した。

現在では、パナビジョンジェネシスソニーシネアルタF35,F65ダルサ オリジンレッドワンアリフレックス D-20など、より高い解像度が撮影できるデジタル映画カメラが登場した。

上映[編集]

キネコされてフィルムに転写されたデジタルシネマは従来型フィルムであるため、多くの映画館で上映可能である。しかし、キネコ作業やフィルムのコピー、配送のコスト削減や時間短縮のために、映像ソフトがデジタル・データのままで配給および上映が試みられており、一部の先進的な映画館にはDLP技術を採用したビデオプロジェクタが導入されて、撮影から上映まで一切フィルムを使用しない映画興行が実現されている。そのような映画館は、映画の上映以外にもスポーツやコンサートの生中継の上映も行なっているところもある。

デジタル上映によって、上映用フィルムの原価やデュープ代、輸送費(デジタルならデータ回線による転送も可能である)や保管費などのコストが削減される上、フィルムの劣化や損傷も無く製作者の意図に限りなく近い状態の上映が可能である利点がある[5]。ただし、製作者側の対応のみで済むデジタル撮影と違い、デジタル上映の普及には各映画館側の設備投資が必要であり、普及には時間を要する。DVDBlu-ray Discソフト化ではデジタルデータから直接マスタリングできる。DLP方式に代ってレーザーによる単色光を光源とするレーザープロジェクタの実用化に向けた開発も行われている[6]

デジタル3D映画[編集]

デジタルシネマ構想の切り札とされているのが、デジタル3D(立体)映画である。

前述の様にデジタルシネマの最大の障害はデジタル映写機の普及の伸び悩みであり、画質などでは従来のフィルム映写機と大差なく映画館側にとって設備投資するだけのメリットが薄い事が問題となっていた。加えて、ブルーレイやホームシアターなどの家庭視聴環境の進歩による観客の映画館離れを食い止めるため、フィルム上映や家庭では再現できないコンテンツの差別化が必要とされた。

2005年3月、ラスベガスで開催された映画関係者向け展示会ショーウェストにて、ルーカスをはじめロバート・ゼメキスジェームズ・キャメロンら著名監督がこの問題についてシンポジウムを行い、打開策として打ち出されたのがデジタル3D映画の推進であった。

同年、ディズニーのCG映画『チキン・リトル』をILMにて3D化処理を行った物を一部映画館にてデジタル上映したところ、入場料が割増だったにも関わらずフィルム2D上映の映画館に比べて4倍前後の動員数を記録、デジタル3D映画の威力が示された。以降も3D上映を行う作品は増加し、2009年には『モンスターVSエイリアン』『ファイナル・デッドサーキット 3D』などメジャー映画会社の3D映画が一斉に公開された。さらに、日本初の3D映画『侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦』が公開され、年末には真打ちとも言えるキャメロンの『アバター』が自身の『タイタニック』を抜き興行収入記録を更新した事で、3D化の流れは決定的な物となり、これを受けてデジタル映写機の導入も活発化している。

デジタル加工技術による過去の作品の3D化も考えられているが、最初から3D用に撮影された実写映像やコンピュータ上で再構成が可能なCG映画と異なり、通常の2次元的な実写やセル動画アニメの映画を3D化するのは極めて困難である[7]。キャメロン自身のリメイクによる『タイタニック 3D』に於いても、スタッフ約300人と制作期間60週以上、製作費1,800万ドルをかけてようやく完成させている[8]

脚注[編集]

  1. ^ 半導体技術に基づくこういった電子部品は、一般的には単一の受光単位が小さいと同時に受光面全体も狭くなるため、画角被写界深度が変わり、従来のPLマウントのレンズをそのまま使用することはできないが、流用するためのマウントアダプター等はすでに流通している。銀塩フィルムと同様に、画素密度を上げれば1画素当たりの感度やダイナミックレンジが下がる。
  2. ^ アメリカ・ハリウッドでの7大メジャー映画制作スタジオ(Walt Disney、20th Century Fox、Metro-Goldwyn-Mayer、Paramount Pictures、Sony Pictures Entertainment、Universal Studios、Warner Bros. Studios がつくった時限会社、およびその規格を指す。
  3. ^ http://www.nevt.co.jp/press/06pjs/wald9.html 日本初の全館デジタルシネマ対応シネコンが誕生 ― NECビューテクノロジー 2006年12月20日 
  4. ^ http://www.ushio.co.jp/jp/NEWS/ir/20080717.html「新宿ピカデリー」全館でクリスティ製デジタル映写機を採用 ウシオ電機 2008年7月17日
  5. ^ ルーカスがデジタル上映に積極的なのもこの点が大きいと言われる。
  6. ^ 投影装置はDLP方式が使用されているが、従来のフィルムやDLP等、ランプによる白色光源を用いる投影装置から愛地球博で実演された色純度の優れたレーザーによる単色光を光源とする事により色再現域を広げたレーザープロジェクタの実用化に向けた開発も進められつつある。
  7. ^ ルーカスは2005年に『スター・ウォーズ』全6作の3D映画化を表明しているが、2008年の時点で「技術的には今でも可能だがコストがかさむため、コスト低減のための3D化技術を開発している」とコメントしている(2010年に、2012年からの順次公開を発表)。近年『タイタンの戦い』の様に2D撮影した映像を後加工で3D化した作品も登場しているが、最初から3D撮影した作品に比べて「奥行き感が不自然」などの批判もある。
  8. ^ 「次はT2を3D化したい」- J・キャメロン監督、新生タイタニックPRで来日

関連項目[編集]

デジタルシネマ参加会社[編集]

デジタルシネマに関連する会社の一覧[編集]

外部リンク[編集]