大林宣彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おおばやし のぶひこ
大林 宣彦
生年月日 1938年1月9日(76歳)
出生地 日本の旗 日本広島県尾道市
国籍 日本の旗 日本
血液型 B型
ジャンル 映画監督
主な作品
映画

転校生
時をかける少女
さびしんぼう
ふたり
異人たちとの夏
なごり雪
理由
その日のまえに

大林 宣彦(おおばやし のぶひこ、1938年1月9日 - )は、日本映画監督撮影所システムで育った映画監督ではないとの理由から[1][2]本人は「映画作家」と称している[3]広島県尾道市東土堂町生まれ[4][5]尾道北高校卒業、成城大学文芸学部中退。2006年(平成18年)4月から尚美学園大学大学院芸術情報研究科教授。2007年(平成19年)4月から倉敷芸術科学大学芸術学部メディア映像学科客員教授。

妻は映画プロデューサー大林恭子。長女の大林千茱萸(ちぐみ)は「映画感想家」と称して執筆活動をする一方で映画製作にも参加している。劇作家・演出家の平田オリザは甥にあたる。

自主製作映画の先駆者として、CMディレクターとして、映画監督として、日本の映像史を最先端で切り拓いた"映像の魔術師"[2][6][7][8][9][10][11]

来歴[編集]

生い立ち[編集]

父方は尾道で六代、母方も代々続く医家の長男として生まれる[4][12]。父は福山市金江町の出身で、尾道市医師会長や尾道市教育委員長を歴任。母は茶道裏千家の教授。

1歳のとき父が軍医として南方に出征したため、母方の実家、尾道の山の手で幼年期を過ごす[13]。2歳でブリキの映写機のおもちゃに親しみ、6歳で35mmフィルムに手描きしてアニメーションを作った[14]。このとき作った『マヌケ先生』をもとにして後に三浦友和主演でテレビドラマ、映画が制作された[12]。少年期は特にアメリカ映画に強い影響を受けた[2]。15歳のときに、小津安二郎が『東京物語』を撮影する現場を見学。16歳の夏休みに福永武彦『草の花』を読み、感銘を受ける。いつかショパンのピアノ曲のような映画を作りたいと思い、それは30年後に『さびしんぼう』で実現する。高校時代は手塚治虫に憧れて漫画を描いたほか、ピアノを弾き、演劇活動をやり、同人誌を主宰して小説を書くなど、映画以外にも多彩な分野に芸術的関心を示した。

自主映画作家として[編集]

1955年、上京して浪人生活を経て、1956年に成城大学文芸学部芸術コース映画科に入学[2]。当時ボードレールに憧れていた大林は、入学試験中にポケットからウイスキーの小瓶を出して飲みながら答案を書いていたところ、試験官の教員から「良き香りがいたしますな」と言われ「先生も一献いかがですか」と勧めると、相手が「頂戴いたしましょう」と応じたため、試験中に試験官と酒を酌み交わすことになったという[15]。大学時代のアパートは東宝撮影所の裏にあった[16]。大学では講義に全く出ず、赤いスカーフを首に巻いて片手に8ミリカメラを持ち、一日中グランドピアノの前でシャンソンを弾きながら、聴きに来る女学生たちを1コマずつ撮っていた[15]。その中の一人で一年後輩の女学生がのちの妻となった[15]。在学中から8mmで作品を発表[16][17]1957年、文化祭のために福永武彦の詩集の映画化「青春・雲」発表[18]。初恋を幻想的に描く二作目「絵の中の少女」(1958年)のヒロイン役が妻である[18]。当時はまだ自主製作映画という概念はなかったが[2]、その先駆者として、早くから名前を知られた。当時、8ミリで(趣味ではなく)映画を作ろうと考えていた人は、大林と京都に住んでいた高林陽一と飯村隆彦の三人しか日本にいなかったという[3][6][19][20]。最初に自主映画を有料で公開しようとしたのはこの3人で、彼等は月刊『小型映画』のコンテスト落選組だったのだが、この雑誌の編集長は、いつも落選している個性的な応募者を会わせたら面白いのではないかと考えて、編集長の計らいで会った3人はたちまち意気投合した[6][21][22][23]。これが日本の戦後自主制作・自主上映映画の端緒となる[21][22]。最初に手掛けたのは商店街のPR映画で、当時はどんな小さな商店街にも映画館があり、映画が上映される前に3~5分ぐらいのお店紹介の映画が流れた[19]1960年に大学を中退[18]1963年に初の16mm作品『喰べた人』でベルギー国際実験映画祭で審査員特別賞受賞。『尾道』、『中山道』、『食べた人』、『Complexe=微熱の玻璃あるいは悲しい饒舌ワルツに乗って 葬列の散歩道』や、日本のカルト映画の草分け[24]『EMOTION=伝説の午後=いつか見たドラキュラ』などがアングラブームに乗って反響を呼ぶ[18][25][26][27]

CMディレクターとして[編集]

1964年に開館した新宿紀伊國屋ホールの開館イベントとして「60秒フィルムフェスティバル」を企画[12][19][28][29]。このイベントで上映された『Complexe=微熱の玻璃あるいは悲しい饒舌ワルツに乗って 葬列の散歩道』をたまたま観ていた電通のプロデューサーに誘われ、1960年代からは草創期のテレビコマーシャル(CM)にCMディレクターとして本格的に関わる[6][8][12][13][30][31]。当時まだまだCMは"おトイレタイム"といわれ、電通のプロデューサーと傾きかけた映画界のカメラマンとが組んでCMを撮っていた。実際は先のイベントに参加した仲間も誘いを受けたが、承諾したのは大林一人だったという。まだ広告はアートでなかった時代で、電通と大林でスポンサーのところに行くと出入りの写真屋さんの扱いで、こんなことでは未来がないと考えた電通らが、CMに演出家をつけてみたらどうだろう、演出家ならスポンサーと対等に物が言える、と抜擢されたのが大林のCMディレクターとしてのスタートだった[13]。テレビの普及で企業が広告費をどんどん計上し始めた時代でもあり、特撮もどんどんでき自由に撮らせてもらえた。大林にとってCMはスポンサーつきの個人映画、映像実験室ともいえ、非常に楽しいものだったという[2][12][32]

大林の手がけたCMは、日本で初めてハリウッドスターを起用し、あまりのヒットに社名を変更したチャールズ・ブロンソンの「マンダム[33][34]、本作は男性に香りを着けさせようという、これまでの日本にない新しいライフ・スタイルの導入・定着に貢献した[35]。この他、ラッタッタのかけ声で話題を呼んだ「ホンダ・ロードパル」のソフィア・ローレン[36]、「カネカフォンテーヌ」「ラックス化粧品」のカトリーヌ・ドヌーヴ、「レナウン・シンプルライフ」のリンゴ・スター[37]、「AGF・マキシムコーヒー」のカーク・ダグラス[38]などの起用で、今日に続く海外スター起用のCMの先駆けとなった[10][13][39][40]。海外スターの起用、海外ロケ、映画のような特撮の導入などは、それまでの日本のCMにない画期的なものであった[2]チャールズ・ブロンソンマンダム起用の経緯は、当時の丹頂の社長が、若き大林に仕事を任せるにあたり、大林夫婦を食事に招待したおり、ごく自然に夫人にサラダを取り分ける大林に感銘を受け、「この人物ならわが社の広告を任せていい」と決心したといわれ、トップの心を掴んだ大林は思い通りに仕事を進め、「どうして売れないブロンソンなど使うのだ」と渋るハリウッドのエージェントの反対を押し切り、チャールズ・ブロンソンでCMを完成させたといわれる[41]。また、高沢順子の「お魚になったわたし」[42]山口百恵三浦友和コンビの「グリコアーモンドチョコレート[18][43]高峰三枝子上原謙の「国鉄フルムーン」、森繁久弥の「国鉄新幹線[18][44]山村聰の「トヨタ・クラウン[45]若尾文子の「ナショナル浄水器」、「レナウンワンサカ娘」、「カルピス[46][47]など[13][48]10年間で製作したテレビCMは2000本を越え[6][19][49]国際CM賞も受賞[12]。テレビCMを新しい映像表現として確立[31]、画期的な映像表現で、日本のテレビCMを飛躍的に進化させた[2]

当時はメイド・イン・ジャパンは粗悪品の代表と言われた時代、自分で試してみて、責任を持って勧められるものだけを担当したいと、毛染めのCMをやるのにその商品を使って茶髪になった。「日本で最初に茶髪にしたのは私」と述べている[19]。また、自身も九州電力のCMに出演したことがある。同じくCM作家でもあり、映画評論家でもある石上三登志とは盟友関係となり、石上はその後の大林映画に多数ゲスト出演している。

商業映画に進出[編集]

1977年の『HOUSE』で、商業映画を初監督。7人の少女が生き物のような"家"に食べられてしまうというホラーファンタジーを、ソフト・フォーカスを用いたCF的映像、実写とアニメの合成など、さまざまな特撮を使って見せる華麗でポップな映像世界は世の映画少年を熱狂させた[2][26][50][51][52][53]。その影響で映画への道を目指した人材も少なくない[26][54][55][56][57]。子供向けでなく、初めて若者に向けた特撮映画としても特筆される[56]1990年代に流行した「美少女ホラー」と直接的にはリンクしないとはいえ、その"祖"と評価もされる[58]。本作は2009年頃から欧米で再発見されてコアな人気を集めているという[59]。また従来、監督は助監督を経験してからなるものであったが、助監督経験なし、自主映画出身、CMディレクター出身という新たな流れを生み出した[2][11][27][31][60][61]。日本映画の斜陽によって1977年の新人監督の登用は大林一人で[62]大林が商業映画デビューしたこの年が一つのターニングポイントとなり[62]この流れから自主映画出身者として大森一樹森田芳光、CM出身者として市川準らが出た[8][53][63][64]。市川は「芸大を受験し続けていたけど、どうしても駄目で。僕も予備校の仲間とミニフィルムを作ったりしていた。当時は大林さんが自主制作で注目されていた。そこから美大入学ではなく、CM制作会社に入るという選択をした」と述べている[65]。大林が35ミリ劇場用映画に進出したことで、日本映画界は大きく活性化したといえる[66]。他に先達として自主映画仲間の高林陽一らが存在するものの、自己プロダクション+ATGという経路であり、いきなりメジャーの東宝映画でデビューというのは画期的であった[63]。当時は映画会社の外部の人間が撮影所で映画を撮るということは、まず有り得ない事態だった[27]。CMの仕事で東宝撮影所に出入りしていたこともあって[13]メディアを巧みに動員した大林自身の自己プロモートに加え、当時東宝営業部長[54](のち社長、会長)だった松岡功と、東宝撮影所のボス的立場にあったベテラン岡本喜八監督の口添えが大きかったといわれる[11][19][28]。松岡は大林に「恐るべき無内容」「しかしこれをわたしたちが考える良い脚本に直したら映画がつまらなくなる、よってこのまま撮ってくれ」とつけ加えたといわれる[54]。大林は作品を自分で売るという気持ちから、監督と同時にプロデュース権を持ち[63]『HOUSE』映画化を実験するキャンペーン」と銘打って、CM製作で付き合いのあったテレビやラジオに自身を売り込み、積極的にテレビ出演やインタビューに応じるタレント活動のような事をやった[54]。またオーディションで選んだ平均年齢当時18歳の7人のアイドルに水着を着させて大磯ロングビーチキャンペーンをやるなど、プロモーションに2年を要して[29]、様々なイベントを仕掛け、その後の"アイドル映画"の方向性を作った[13][51]。これらが功を奏して知名度が上がって話題となり、東宝も企画を進めざるを得なくなった[13]。しかしながら「あれは正規の映画ではない」と公言する人も多く[27]、映画マニアからは酷く叩かれもした[67]。『リング』、『呪怨』などのプロデューサー・一瀬隆重は「『HOUSE』を観たときには(いい意味で)こんなヘンテコ極まりない映画が、東宝の配給で全国公開された事実に大きく勇気づけられた」「当時の日本映画は産業としてまるで活力を感じさせない状態、もしかしたら、自分にもチャンスがあるかも、古い日本映画も変わるかもしれない、と感じた」と影響を受けた映画の1本として挙げている[68]。大林が『HOUSE』を撮った頃は撮影所外のCFディレクターであるというだけでいぶかしがられたが、今や日本映画は撮影所の伝統からきっぱり切れた、CMやコミックスの影響が濃い自主映画やテレビから生まれた才能の輩出によって支えられている[52]。大林が『HOUSE』以降も、継続して作品を発表し、それらが大ヒットしたり、高く評価されることで広く認められ、撮影所の製作システムが事実上崩壊し、いつの間にか大林のやり方が主流になっていったともいえる[27]。『HOUSE』で同年、ブルーリボン賞新人賞を受賞[54]

HOUSE』が山口百恵主演の『泥だらけの純情』との併映でヒットしたため、ホリプロから打診を受け、二作目『ブラック・ジャック 瞳の中の訪問者』を監督[13]。本作でブルーリボン賞新人賞受賞。 この映画は興行的には失敗したが、続いて百恵友和ものの第8作目『ふりむけば愛』(1978年)を監督。翌1979年、百・友映画11作目『天使を誘惑』をプロデュース。百・友映画が10作を終えたため、それまでの監督の方がゲストのような趣きを改め、作家よりの映画作りを発想し藤田敏八を監督に起用した[69]。映画の公開は、百・友の恋愛宣言の直後だった。

尾道三部作[編集]

1982年、自身の郷愁を込めて尾道を舞台とした『転校生』を発表[26][70]。『時をかける少女』、『さびしんぼう』と合わせ"尾道三部作として多くの熱狂的な支持を集め[71]ロケ地巡りのファンを増やした[72][3][73][74]。これらは、才気が奔出するあまりに一部評論家からは「お子様ランチ」「おもちゃ箱」と酷評されることもあった初期作品に比べると、落ち着きと詩情を湛えて評価も高く、映画作家としてひとつの頂点を築くこととなった[8]。また、これらの映画作りには、地元尾道を中心とした多くの賛同者の協力があり、近年全国的に拡がるフィルム・コミッションの先駆としても評価されている[2][74][75][76][77]。『転校生』の試写を見た尾道の関係者が「あんなに協力したのに、いい所を撮ってない」などと、最初は尾道の人たちの中にも「町の汚いところばかりを映して」とか「これじゃ観光客が来なくなる。上映をやめてくれないか」と言う人もいたが、映画を観て逆に観光客が来るようになった[2][3][78][79]。『さびしんぼう』公開時のインタビューで「"いつか見た風景"が、テクニック上のテーマ」と話している[78]。『転校生』の成功は、大林の名前と尾道の名を映画史に刻んだ[80]。近年のインタビューでは「町の人が汚いと思う、昔ながらの変わらない尾道の風景が、外の人には懐かしく見えたんじゃないでしょうか」と話している[2]。田舎町の息の詰まった古臭さを呪う人たちの多かった時代に於いて、日本にまだ、こんなきれいな地方都市の佇まいが残っていたか、と映画を通して再認識させたという点での功績も大きい[81]本広克行がオール香川ロケした2006年の『UDON』は、「古里に恩返しするために讃岐三部作を撮りなさい」という大林のアドバイスがあったという[3]。なお、大林作品で尾道ロケを行った作品は、この三作以外にも多数存在するが、この三部作は、脚本をすべて剣持亘が執筆していること、中高生を主人公にしたSFファンタジーであることなど、他の共通項も多い。

アイドル映画[編集]

また、大林はこれまで主に、新人アイドル・新人女優を主役にした映画作りを行ってきたが[82]、特に1970年代1980年代に手掛けた作品は「70年代アイドル映画」「80年代アイドル映画」というジャンルとしても評価される[67][83][84]1981年の『ねらわれた学園』は、大作路線を続けた角川春樹が一転、若者向け「アイドル映画」を手掛けた第1弾で、1979年の『金田一耕助の冒険』で意気投合した角川と大林は「誰もやらないような映画を作ってやろう」という目論見から薬師丸ひろ子主演で本作を企画した[9]1983年、角川から「尾道で原田知世の映画を撮って下さい」と託された筒井康隆原作のジュブナイル時をかける少女』では、合成コマ落としなどの映像テクニックを最大限に駆使して幻想的な作品世界を描出、のちに定着する"映像の魔術師"、"大林ワールド"といった代名詞はここから始まった[8][43]。この時期に日本テレビ「火曜サスペンス劇場」向けに円谷プロで撮った「麗猫伝説」は、アングラ映画すれすれの映画詩ふうな作品であり、これを常識を破ってテレビ用に製作できたあたりに当時の大林ブランドの強さと絶好調の自信が示されている。1980年代の日本映画は、大林宣彦と相米慎二の時代とも評される[85]。 

1980年代~[編集]

「同じことは二度としない」と公言している通り[11]、大林のフィルモグラフィは1作ごとに異なる実験が行われている[9][29][86]。『瞳の中の訪問者』(1977年)は、手塚治虫漫画ブラック・ジャック』最初の実写化であるが、『HOUSE』以上に趣味性を前面に押し出し、漫画そのものを実写で描こうとして、原作そのままのメイク宍戸錠を登場させるなどで、「こんな人間がどこにいる!」と手塚を憤慨させたといわれる[87]。その後も「アイドル映画」や「尾道新三部作」などを挟みながら、一転して純文学に挑んだ福永武彦原作の『廃市』(1984年)[88]寓話性を強調するため、台詞を棒読みさせたり、フラットな構図を採用したり、誇張したメーキャップを施したりするなどで、モノクロ版とカラー版の二種類を製作し同時に劇場公開した『野ゆき山ゆき海べゆき』(1986年)[89]、1988年の各映画賞を独占した大人のファンタジー異人たちとの夏』、演出撮影録音の大胆な実験を試みた『北京的西瓜』(1989年)[90]。本作は天安門事件の影響で中国ロケが中止になった抗議に意図的に37秒間の空白を挿入した[9]。『北京的西瓜』で試みた実験をさらに推し進め、複数の16mmカメラを手持ちで回し、リハーサル無し、NG無し、メイク照明も最低限で一気呵成に撮り上げたフィルムを異常なハイテンションで編集した青春映画の傑作『青春デンデケデケデケ』(1992年)、タブー視されていたとの合成にあえて挑み、全編の9割をハイビジョン合成するなど、当時の最先端技術を導入した『水の旅人 -侍KIDS-』(1993年)[86][91]吉永小百合に「あなたのシワが撮りたい」と口説いて、吉永がノーメイクに近いナチュラルメイクで挑んだ、型破りの"小百合映画"『女ざかり』(1994年)[11]。本作は1時間56分の本編をスーパー16mmカメラを多用し、1000カットに及ぶ短いカット繋ぎで構成した[11]宮部みゆきの小説世界を100名以上の俳優全員にノーメークで演じさせて完璧に映像化した『理由』(2004年)[92]など、映画界に新風を吹き込む野心作を連打した[8][9]。  

近年[編集]

故郷尾道を舞台にした映画は近年なく、代わって、大分長野新潟などを舞台にした映画を製作している。大林はこれを「ふるさと映画」と称している[2][93]

大林はストーリーをあくまで原作に忠実に撮影するタイプの監督であると言われ、原作との差異で監督と原作者の軋轢が起こるケースも少なくないなかで、赤川次郎は自らの作品が映画化された際に原作に忠実であったので驚いたと発言している。また女優、特に10代のアイドルを脱がす名人とも言われ[94]原田貴和子、子ども時代の宮崎あおいなどを演出している。これに関しては「脱がせたのではない、着せていないだけ」と話している[9]

独特の語り口でも知られ、近年は講演活動やコメンテーターとしてのテレビ出演、雑誌やネットインタビューなども多い[95]。また「ぴあフィルムフェスティバル」の初期最終審査員を1979年から1989年まで8回務めるなど[96]、アマチュア映画・映像作品の審査員を多数務める。その他、1982年『スター誕生!』(日本テレビ)の審査員(評議委員)も務めている。

2004年(平成16年)春の褒章に於いて紫綬褒章を受章しており、そして2009年(平成21年)秋の叙勲旭日小綬章を受章した。受章理由は「長年にわたる実験的で独自の映画作りに」と伝えられたという[97]

2013年12月27日 朝日新聞デジタルに 「特定秘密保護法が成立した6日、僕は怖くて一日中震えていました。いまの空気は戦争が始まる時に近いのです」とのコメントを寄せる。

主な監督作品[編集]

映画[編集]

  • EMOTION 伝説の午後 いつか見たドラキュラ(1967年3月8日公開) - 16ミリ自主映画
  1. HOUSE ハウス1977年7月30日公開 東宝) - 兼製作
  2. 瞳の中の訪問者(1977年11月26日公開 ホリプロ/東宝) - 兼出演
  3. ふりむけば愛1978年7月22日公開 東宝)
  4. 金田一耕助の冒険1979年7月14日公開 東映
  5. ねらわれた学園1981年7月11日 東宝)
  6. 転校生1982年4月17日公開 松竹
  7. 時をかける少女1983年7月16日公開 東映) - 兼脚本/編集
  8. 廃市1984年1月2日公開 ATG) - 兼プロデューサー/企画/編集/作曲
  9. 少年ケニヤ(1984年3月10日公開) - 兼編集
  10. 天国にいちばん近い島(1984年12月15日公開 東映) - 兼潤色/編集
  11. さびしんぼう1985年4月13日公開 東宝) - 兼脚本/編集
  12. 姉妹坂(1985年12月21日公開 東宝)
  13. 彼のオートバイ、彼女の島1986年4月26日公開 東宝) - 兼編集
  14. 四月の魚(1986年5月31日公開 ジョイパックフィルム) - 兼企画/脚本/編集
  15. 野ゆき山ゆき海べゆき(1986年10月4日公開 ATG) - 兼編集/音楽
  16. 漂流教室1987年7月11日公開 東宝東和) - 兼潤色
  17. 日本殉情伝 おかしなふたり ものくるほしきひとびとの群1988年3月29日公開 アートリンクス) - 兼脚本/編集
  18. 異人たちとの夏(1988年9月15日 松竹)
  19. 北京的西瓜1989年11月18日公開 松竹) - 兼編集
  20. ふたり1991年5月11日公開 松竹 原作:赤川次郎) - 兼編集
  21. 私の心はパパのもの1992年6月13日公開 東北新社/ギャラクシーワン) - 兼編集
  22. 彼女が結婚しない理由(1992年6月13日公開 東北新社/ギャラクシーワン) - 兼編集
  23. 青春デンデケデケデケ(1992年10月31日公開 東映) - 兼編集
    • 第16回日本アカデミー賞優秀監督賞
  24. はるか、ノスタルジィ1993年2月20日公開 東映) - 兼脚本/編集
    • 第17回日本アカデミー賞優秀編集賞
  25. 水の旅人 -侍KIDS-(1993年7月17日公開 東宝) - 兼編集
    • 第17回日本アカデミー賞優秀編集賞
  26. 女ざかり(1994年6月18日公開 松竹 原作:丸谷才一) - 兼脚本/編集
  27. あした1995年9月23日公開) - 兼編集
  28. 三毛猫ホームズの推理〈ディレクターズカット〉(1998年2月14日公開 PSC、ザナドゥー) - 兼編集
  29. SADA〜戯作・阿部定の生涯(1998年4月11日公開 松竹) - 兼撮影台本/編集/
  30. 風の歌が聴きたい(1998年7月17日公開 ザナドゥー) - 兼脚本/編集
  31. 麗猫伝説 劇場版(1998年8月16日公開 PSC) - 兼編集/作曲
  32. あの、夏の日 〜とんでろ じいちゃん〜1999年7月3日公開 東映) - 兼脚本
  33. マヌケ先生(2000年9月30日公開 PSC) - 兼原作/脚本
  34. 淀川長治物語・神戸篇 サイナラ(2000年9月30日公開 PSC)
  35. 告別(2001年7月14日公開)
  36. なごり雪2002年9月28日公開 大映) - 兼脚本/編集
  37. 理由2004年12月18日公開 アスミック・エース) - 兼脚本
  38. 転校生 -さよなら あなた-2007年6月23日公開 角川映画) - 兼脚本/潤色/編集/撮影台本
  39. 22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語(2007年 角川映画) - 兼脚本
  40. その日のまえに2008年11月1日公開 角川映画) - 兼撮影台本
  41. この空の花 -長岡花火物語2012年4月7日公開) - 兼原作/脚本/撮影台本/編集
  42. 野のなななのか(2014年5月17日公開予定)

テレビドラマ[編集]

  • 人はそれをスキャンダルという 第1回(1979年11月21日放送 TBS
  • 可愛い悪魔(1982年8月10日放送 日本テレビ『火曜サスペンス劇場』)
  • 麗猫伝説(1983年8月30日放送 日本テレビ『火曜サスペンス劇場』)
  • 恋人よわれに帰れ LOVER COMEBACK TO ME(1983年9月23日放送 フジテレビ)
  • 私の心はパパのもの(1988年11月30日放送 日本テレビ『水曜グランドロマン』)
  • ふたり(1990年11月9日・16日放送 NHK『子どもパビリオン』)
  • 彼女が結婚しない理由(1990年12月26日放送 日本テレビ『水曜グランドロマン』)
  • はるか、ノスタルジィ(1992年10月25日放送 WOWOW)
  • 三毛猫ホームズの推理1996年9月放送 テレビ朝日
  • マヌケ先生(1998年1月24日 中国放送/TBS) - 原作・総監督
  • 三毛猫ホームズの黄昏ホテル(1998年2月21日放送 テレビ朝日) - 兼脚本
  • 淀川長治物語・神戸篇 サイナラ(1999年11月7日放送 テレビ朝日『日曜洋画劇場』)
  • 告別(2001年2月24日放送 BS-i) - 兼脚本
  • 理由(2004年4月29日放送 WOWOW『ドラマW』)
  • 理由(日テレヴァージョン)(2005年11月8日放送 日本テレビ『DRAMA COMPLEX』)

ミュージックビデオ[編集]

その他の主な作品[編集]

著書[編集]

  • 『夢の色、めまいの時』桐原書店 1986
  • 『むうびい・こんさあと』音楽之友社 1987
  • 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン尾道』フィルムアート社 1987
  • 『映画、この指とまれ』徳間書店 アニメージュ文庫 1990
  • 『映画監督 さびしんぼうのワンダーランド』実業之日本社 1992 仕事-発見シリーズ
  • 『きみが、そこにいる』PHP研究所 1992  
  • 『さびしんぼう乾盃! Talk & message』主婦と生活社 1992
  • 『映画、いいひとばかり』アドリブ 1993 のち道草文庫
  • 『人生には好きなことをする時間しかない』PHP研究所 1993
  • 『父の失恋娘の結婚 べそっかきの幸福そうな顔』フレーベル館 1995
  • 『4/9秒の言葉 4/9秒の暗闇+5/9秒の映像=映画』創拓社 1996
  • 『ぼくの活動写真・少年記 1 マヌケ先生』ポプラ社 1998 新・のびのび人生論
  • 『ぼくの青春映画物語 穏やかな一日を創造するために』集英社新書 2000
  • 『大林宣彦のa movie book尾道』新版 たちばな出版 2001
  • 『大林宣彦がんぼう』阿部久美子文 角川書店 2002
  • 『なごり雪』メディアファクトリー 2002
  • 『日日世は好日 五風十雨日記 巻の1(2001) (同時多発テロと《なごり雪》)』たちばな出版 2002
  • 『ぼくの瀬戸内海案内』岩波ジュニア新書 2002
  • 『日日世は好日 五風十雨日記 巻の2(2002-2003) (戦争映画は、もう見ない。)』たちばな出版 2003
  • 『大林宣彦の映画談議大全《転校生》読本 ジョン・ウェインも、阪東妻三郎も、… 1980-2008 a movie』角川学芸出版 2008
  • 『なぜ若者は老人に席を譲らなくなったのか』幻冬舎新書 2008
  • 『ぼくの映画人生』実業之日本社 2008

尾道三部作[編集]

大林宣彦が、出身地尾道市舞台に撮影した映画の代表作として認知されている3つの映画作品のこと。後に、同じように尾道を舞台にした作品が同じく3つ作られたため、これを「新尾道三部作」と称すこともある。転校生時をかける少女の頃はまだ尾道三部作と呼ばれておらず、続くさびしんぼうが撮られたことで、これらの3本が尾道三部作と言われるようになった。

音楽作品[編集]

  • 坂上香織『香織の、―わたし ものがたり。』(監督作品 VHS/LD 1988年9月、東芝EMIより発売)
坂上のイメージビデオ。
坂上のデビュー曲でこの作品に収録された「レースのカーディガン」MV撮影において、尾道三部作で使用されたロケ地を随所に織り交ぜて撮影し、「大林宣彦ワンダーワールド作品」と銘打って発売された、ミュージック関連の映像としては当時異色の作品。坂上が一人三役を演じ、合成演出を施した幻想的でメランコリーな雰囲気だが、非常に美しい仕上がりの作品である。この作品発表当時は、「後に坂上が出演(主演)する作品の監督をする約束の意味を込めて作った」とされていた(同作品のライナーコメントに記載)が、結局実現する事はなかった。

テレビ版から劇場版[編集]

大林作品にはテレビで製作された作品を後に劇場版として公開する、または劇場公開に先行してテレビで放送する、というケースが多く見られる。
『理由』はWOWOWで放送、劇場公開の後、さらに日本テレビで「日テレヴァージョン」が放送された。

  • 麗猫伝説 (1983年8月30日放送 日本テレビ)
→ 劇場公開 1998年8月16日
  • 私の心はパパのもの (1988年11月30日放送 日本テレビ)
→ 劇場公開 1992年6月13日
  • ふたり (1990年11月9日・16日放送 NHK)
→ 劇場公開 1991年5月11日
  • 彼女が結婚しない理由 (1990年12月26日放送 日本テレビ)
→ 劇場公開 1992年6月13日
  • はるか、ノスタルジィ (1992年10月25日放送 WOWOW )
→ 劇場公開 1993年2月20日
  • 三毛猫ホームズの推理(1996年9月放送 テレビ朝日)
→ 劇場公開 1998年2月14日
  • マヌケ先生( 1998年1月24日 中国放送/TBS)
→ 劇場公開 2000年9月30日
  • 淀川長治物語・神戸篇 サイナラ (1999年11月7日放送 テレビ朝日)
→ 劇場公開 2000年9月30日
  • 告別 (2001年2月24日放送 BS-i )
→ 劇場公開 2001年7月14日
  • 理由 (2004年4月29日放送 WOWOW)
→ 劇場公開 2004年12月18日
→ 「日テレヴァージョン」(2005年11月8日放送 日本テレビ)

脚注[編集]

  1. ^ 産経ニュース【秋の叙勲】旭日小綬章 映画作家・大林宣彦さん(71) 孤独でも誰か見ている 2009.11.3 09:55
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『Location Japan』地域活性プランニング、2012年6月号、P64-69
  3. ^ a b c d e 人が集うこと大切/大林宣彦×本広克行監督対談 | 香川のニュースe-とぴあ・かがわ | まちTV.かがわ - まちテレ@香川
  4. ^ a b 大林 宣彦の写真ブログ 雨撮晴記(うさつせいき)|2007年03月15日
  5. ^ 大林の最新の著作・『大林宣彦の映画談議大全《転校生》読本』他、『日本映画・テレビ監督全集』『日本の映画人 ―日本映画の創造者たち―』等の人名録など、全ての映画関係の出版物には、大林は尾道生まれと記載されている。
  6. ^ a b c d e 『スター・ウォーズ』のプロデューサーに「この映画はぜんぶNGだね」と褒め言葉を言った
  7. ^ 佐藤忠男『日本映画』第三文明社、1992年、P163、「宝島」1986年9月号(宝島社)P108、総合的な学習の時間 伝える極意 第16回 |NHK ... - NHKオンライン衛星劇場 - 『大林宣彦のいつか見た映画館』宮部みゆき/大林宣彦--ドラマW「理由」は明日7/22夜 WOWOWプライム何度でも見られる、宮部みゆきの映画『理由』 - ニュース - nikkei BPnet花火と人生の哀歓 日曜インタビュー - 大阪日日新聞 - 新日本海新聞大林宣彦監督が登壇!『Lily』トークイベント!』
  8. ^ a b c d e f キネマ旬報社編『知っておきたい映画監督100・日本映画編』キネマ旬報社、2009年、P183、186-187
  9. ^ a b c d e f 映画秘宝EX『爆裂!アナーキー日本映画史1980-2011』洋泉社、2012年、P18-19、36-37
  10. ^ a b 樋口尚文『テレビ・トラベラーー昭和・平成テレビドラマ批評大全』国書刊行会、2012年、p354
  11. ^ a b c d e f 「大林宣彦の世界」映画秘宝2007年8月号、洋泉社、P30-35
  12. ^ a b c d e f 宝島」1986年9月号(宝島社)P108-115
  13. ^ a b c d e f g h i #田山P198-213
  14. ^ 塩田長和『日本映画五十年史〔1941-91年〕』藤原書店、1992年、P300-301
  15. ^ a b c 「週刊朝日」2012年6月22日号
  16. ^ a b 【ドキュメンタリストの眼②】大林宣彦インタビュー「高林陽一君と青春の個人映画」 text 金子遊
  17. ^ 大林宣彦 「映画と邂逅して共に生きる事。」 - 日本映画監督協会
  18. ^ a b c d e f 田山力哉『日本映画の監督たち』社会思想社、1991年、P190-192
  19. ^ a b c d e f 山田奨治編者『文化としてのテレビ・コマーシャル』(世界思想社、2007年)、P282-293
  20. ^ 映画芸術: 金子遊のこの人に聞きたいVol.13
    飯村隆彦(映画作家)
  21. ^ a b 山口猛『逆回転のフィルム ―七〇年代の映画作家たち東京新聞出版部、1981年、p13
  22. ^ a b よなご映像フェスティバル » 一般公募部門審査講評(かわなかのぶひろ氏)
  23. ^ 7月 1日公開 - オフィスイサナ - 対談ヤネン。
  24. ^ 〔キーワード事典〕『朝までビデオ2』キーワード事典編集部、洋泉社、1990年、p256
  25. ^ 並河恵美子氏インタビュー『ルナミ・フィルム・ギャラリー』
  26. ^ a b c d 『日本映画・テレビ監督全集』(キネマ旬報社)P71-73
  27. ^ a b c d e キネマ旬報、2010年5月下旬号、P76-81
  28. ^ a b くらしと保険 WEB.03 私の元素 大林宣彦さん
  29. ^ a b c 大林 宣彦さん 映画作家 | 「介護110番」総合案内
  30. ^ ACC会報【ACCtion】101号 連載 Vol.6
  31. ^ a b c 『映画100物語 日本映画篇 1921-1995』(読売新聞社、1995年)P184-185
  32. ^ 放送批評、放送批評懇談会編、1971年12月号、P13-16
  33. ^ 株式会社マンダム|社史 [1927~1999]
  34. ^ 黒沢哲哉『ぼくらの60~70年代熱中記』いそっぷ社、2012年、p70-73、かまち潤『TVコマーシャルと洋楽コマソン40年史』清流出版、2010年、p13-17
  35. ^ 山中正剛・石川弘義共著『戦後メディアの読み方』勁草書房、2001年、P188-189
  36. ^ #映画撮影P235-237
  37. ^ #映画撮影P235-237
  38. ^ 「転校生」性善説・大林宣彦の映画には「毒」がない : J ... - J-Castニュース
  39. ^ 阪本善尚カメラマン 駅前風景を語る -山陽日日新聞
  40. ^ 南博江藤文夫監修『CM文化論 ヒットコマーシャルの25年』創拓社、1980年、p156
  41. ^ 馬場啓一『大人の男の作法』(PHP研究所、2006年)P104-106
  42. ^ 夢の吹く丘 ~都筑の丘のすばらしき人々 松原愛
  43. ^ a b 大林宣彦監督 旭日小綬章受章祝賀会 三浦友和さん祝辞 -山陽日日新聞
  44. ^ 田山力哉『日本映画名作全史. 現代編2』社会思想社、1988年、P84-86
  45. ^ #映画撮影P235-237
  46. ^ #映画撮影P235-237
  47. ^ 大林さん、次の映画はまあだ会(3) -山陽日日新聞
  48. ^ 湯川れい子著『熱狂の仕掛け人』(小学館、2003年)P208
  49. ^ 毎日新聞 2010年10月24日8面
  50. ^ #映画撮影P237-238
  51. ^ a b #30年史P80-81
  52. ^ a b 橋口尚文『映画の復讐 CINEMA CAN WAIT』(フィルムアート社、1992年)P186-211
  53. ^ a b 『ぼくらの60~70年代熱中記』、p178-180
  54. ^ a b c d e 佐藤忠男山根貞男編集『シネアルバム 日本映画1978 1977年公開映画全集』芳賀書店、1978年、p138
  55. ^ 『ぴあシネマクラブ 日本映画編』(ぴあ)P459、『朝までビデオ2』、p254-256、井口昇インタビュー - HogaHolic
  56. ^ a b 『大特撮―日本特撮映画史―』(コロッサス)P150-151、P280-281
  57. ^ Twitter / a_i_jp: 17歳で『HOUSE』を観て以来の大林世代です
  58. ^ #30年史P81、185
  59. ^ 大林宣彦監督、9年ぶり“ゆうばり映画祭” - キャリア - ORICON STYLE恐怖と笑いが共存する世界の珍妙ホラーベスト5!! 日本からは「マタンゴ」「HOUSE」がランクイン!小林亜星オフィシャルサイト
  60. ^ 『爆裂!アナーキー日本映画史1980-2011』P6
  61. ^ 転校生@ぴあ映画生活 - ぴあ映画生活 - チケットぴあ
  62. ^ a b 寺脇研『映画に恋して 年鑑1989年日本映画全評』弘文出版、1980年、P5-253
  63. ^ a b c 「特別対談 大林宣彦×大森一樹」キネマ旬報、1979年2月下旬号、P245-253
  64. ^ 掛尾良夫『ぴあ』の時代、キネマ旬報社、2011年、P136
  65. ^ 『ぼくのしょうらいのゆめ』プチグラパブリッシング、2006年、P14-15
  66. ^ 『日本映画・テレビ監督全集』(キネマ旬報社)P71-72
  67. ^ a b INTRO | 大林宣彦監督インタビュー:映画『その日のまえに』について
  68. ^ 一瀬隆重『ハリウッドで勝て!』(新潮社、2006年)P30-32
  69. ^ キネマ旬報、1980年1月上旬号、P68-74
  70. ^ 山田洋次監督が選んだ日本の名作100本 喜劇編 - NHKオンライン
  71. ^ 尾道市歴史的風致維持向上計画 平成25年3月 第2章 尾道市の維持及び向上すべき歴史的風致-P63
  72. ^ 1984年にはロケ地巡り目的で、20万人以上の若い観光客が訪れたといわれる(キネマ旬報、1985年3月下旬号)。
  73. ^ 大林 宣彦の写真ブログ 雨撮晴記(うさつせいき)|2007年6月14日東京国立近代美術館フィルムセンター 平成20年度プログラム48==>>BackNumber映画監督、大林宣彦誕生(1938〜) - おんがく日めくり | ヤマハ株式会社ロケ地を訪ねるほど大好きだった映画やドラマ(1)映画の街PRへフィルムコミッションを設立 - 会議所ニュースBSコラム > 渡辺支配人のおしゃべりシネマ館「大林宣彦監督の" 転校生"」(by 渡辺俊雄)映画作家 - 社団法人日本埋立浚渫協会大林宣彦作品との出会い:鈴木右文
    映画を生んだ少年の想い - 野のなななのか製作委員会大林宣彦氏と芦別のつながり - 野のなななのか製作委員会
  74. ^ a b 映画「モノクロームの少女」スタッフ
  75. ^ 第3章 第5節 ケーススタディ1:「映画の街」尾道
  76. ^ 自治体国際化フォーラム286号(2013年8月) 特集 フィルムコミッション
  77. ^ 【映画コラム】 『県庁おもてなし課』をはじめ“ご当地映画”が続々登場新潟の地域文化を紡ぎ繋げる 新潟文化物語グッドニュース・ジャパン : 大林宣彦監督が名古屋の映画を撮るフィルムコミッション - 長岡市議会議員 桑原望・オフィシャルサイト
  78. ^ a b キネマ旬報、1985年4月下旬号、P66-67
  79. ^ 映画作家・大林宣彦氏「尾道の発展を30年遅らせたアホ監督だ」と罵られる第67回 中国文化賞 受賞者の業績と横顔 大林 宣彦氏
  80. ^ 宮崎映画祭公式ブログ 2013年05月27日 大林宣彦監督作品!
  81. ^ 佐藤忠男『日本映画』、P163
  82. ^ 1985年『さびしんぼう』公開時のキネマ旬報の記事で、映画評論家・増淵健が「大林は舛田利雄と並ぶ当代の"アイドル使い"」と評している(キネマ旬報、1985年4月下旬号、P68)。
  83. ^ #30年史P1、65、80-81、106-121、180、193、198、201
  84. ^ 「少女がつくった時代 80年代、アイドル映画の極意」 金沢21世紀美術館
    大林宣彦 映画女優としての山口百恵を語る - 城西大学
    『別冊映画秘宝VOL.2 アイドル映画30年史』洋泉社、2003年
    70年代アイドル映画大全 VOL.Ⅱ アイドル映画で春ラ!ラ!ラ
    川島海荷 - Cut 編集部日記 | ブログ | RO69(アールオーロック)
    中森明夫『アイドルにっぽん』(新潮社、2007年)P121-134
    可愛い悪魔 DVD - TSUTAYA online
  85. ^ #30年史P164
  86. ^ a b #映画撮影P242-243
  87. ^ #30年史P85
  88. ^ asahi.com:僕と安子 - トラベル「愛の旅人」 - 朝日新聞デジタル福永武彦「廃市」 / 千年書房・九州の100冊 / 西日本新聞
  89. ^ 佐藤忠男『ATG映画を読む 60年代に始まった名作のアーカイブ』、フィルムアート社、1991年、P383
  90. ^ 佐藤忠男『日本映画』、P162-167
  91. ^ 石井博士ほか 『日本特撮・幻想映画全集』 勁文社、1997年、359頁。ISBN 4766927060
  92. ^ ドラマコンプレックス - 日本テレビ
  93. ^ 大林宣彦監督「古里映画」の軌跡|この空の花 - 「長岡 ... - 長岡ロケなび大林宣彦氏と「古里映画」とは - 野のなななのか製作委員会
  94. ^ #30年史P65
  95. ^ 講演内容[大林 宣彦さん] | JT ウェブサイトエコピープル|レッポート27:映画作家 大林宣彦さんインタビューNEWSポストセブン|大林宣彦氏 医学部入試会場出て「イシャヤメタ」(第20回)<大林宣彦さん・前編>落とし穴に落ち続ける校長先生から学ぶ(1)、 ロケ地の小学校全焼 大林宣彦監督の話 | NHK「かぶん」ブログ「BDビデオは'13年にDVDを逆転する」。DEGが拡大宣言 -AV Watch
  96. ^ 映画祭History|ぴあフィルムフェスティバル(PFF)公式ホームページ
  97. ^ 産経新聞 2009年11月3日23面

参考文献[編集]

  • 『大特撮―日本特撮映画史―』(コロッサス 1979年)
  • 田山力哉 『新しい映画づくりの旗手たち』 ダヴィッド社1980年
  • 『日本映画・テレビ監督全集』(キネマ旬報社 1988年)
  • 山口猛 『映画撮影とは何か

キャメラマン40人の証言』 平凡社1997年

  • 『新版 大林宣彦のa movie book 尾道』(たちばな出版 2001年)
  • 『アイドル映画30年史』 洋泉社別冊映画秘宝 VOL.2〉、2003年
  • 『ぴあシネマクラブ 日本映画編』(ぴあ 2006年)
  • 佐藤忠男『日本の映画人 日本映画の創造者たち』(日外アソシエーツ 2007年)
  • 大林宣彦『大林宣彦の映画談議大全《転校生》読本』(角川学芸出版 2008年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]