恋愛時代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

恋愛時代』(れんあいじだい)は、野沢尚恋愛小説で、1996年12月幻冬舎より発刊された。1997年、第4回島清恋愛文学賞受賞。

あらすじ[編集]

夫婦である早勢理一郎(34)と衛藤はる(26)は、離婚した後も何かと理由をつけては会う奇妙な関係。ある日、話題は再婚のことになるが、意地っ張りな二人は自分の手で互いの結婚相手を探し出すと言ってしまう。そして理一郎は、はるの高校時代の友人で子持ちの小笠原かすみ(26)と、はるは理一郎との結婚式で介添え役を務めた永冨匠平(28)と付き合うことになったのだが……。

テレビドラマ[編集]

韓国版[編集]

恋愛時代
各種表記
ハングル 연애시대
漢字
発音 ヨネシデ
英題 Alone in Love
テンプレートを表示

韓国の放送局、SBS2006年に制作したテレビドラマ、全16話。野沢の作品が映像化されるのは『深紅』以来2年ぶり、連続ドラマ化されるのは『眠れぬ夜を抱いて』以来4年ぶりとなった。ストーリー自体は後半の一部を除けばほぼ原作に沿って作られている。

出演[編集]

監督[編集]

  • ハン・ジスン

放送局と放送期間[編集]

韓国での放送
  • SBS 2006年4月3日 - 2006年5月23日
日本での放送
  • KNTV 2007年4月21日 - 2007年6月10日
  • LaLa TV 2007年10月13日 - 2008年1月26日
  • BS-i 2008年10月9日 - 2009年1月29日

日本版[編集]

恋愛時代
ジャンル テレビドラマ
放送時間 木曜23:59 - 翌0:54(55分)
放送期間 2015年4月2日 - 6月(予定)
放送国 日本の旗 日本
制作局 読売テレビ
製作総指揮 木谷俊樹(チーフプロデューサー)
演出 藤村享平
原作 野沢尚『恋愛時代』
脚本 藤井清美
プロデューサー 西川義嗣
汐口武史
津嶋敬介
石田麻衣
出演者 比嘉愛未
満島真之介
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

2015年4月2日から毎週木曜日23:59 - 翌0:54に、読売テレビ制作・日本テレビ系の「木曜ドラマ」枠で放送中。主演は本作が民放の連続ドラマでは初主演となる比嘉愛未、共演は満島真之介[1]

キャスト[編集]

衛藤 はる(えとう はる)<28>
演 - 比嘉愛未[2]
スポーツクラブのインストラクター。理一郎の元妻。理一郎と4年前に結婚したが、1年半後(現在から2年半前)に離婚した。その後、至る所で理一郎と出会い、口喧嘩になるが、仲がいい。荒巻小百合の親友。
早勢 理一郎(はやせ りいちろう)
演 - 満島真之介[3]
カフェが併設されている書店の店員。はるの元夫。はると4年前に結婚したが、1年半後(現在から2年半前)に離婚した。その後、至る所ではると出会い、口喧嘩になるが、仲がいい。はるには離婚の慰謝料200万円をローンにして毎月1万円、はるの口座に振り込んでいる。先端恐怖症。
衛藤 しず夏(えとう しずか)
演 - 松川星
はるの妹。大学4年生。就職活動で苦戦している。大学寮で暮らしているが、門限時間が厳しく、たまにはるの家に転がり込む。はると理一郎のことは良く理解していて、はるの愚痴の相手をする。
小笠原かすみ(おがさわら かすみ)
演 - 佐津川愛美[4]
バツイチで子持ち。はるの小学校・中学校時代の友人。シングルマザーで子育てに奮闘中。気に入った結婚相手を探していて、男捜しにスポーツクラブに入会し、インストラクター名にはるの名前があったことから再会する。
小笠原 彩(おがさわら あや)
演 - 横山芽生
かすみの娘。生意気な女の子。
永冨 匠平(ながとみ しょうへい)
演 - 淵上泰史
結婚式場の宴会担当。4年前に結婚式場で、はるのウェディングドレス姿を見て一目惚れした。
喜多嶋 竜一(きたじま りゅういち)
演 - 佐藤隆太
大学の准教授で専門は家族社会学。水恐怖症(昔、四万十川でおぼれかけた経験がある)で、はるがいるスポーツジムで水泳の特訓中。はるに興味を抱いている。
海江田 護(かいえだ まもる)
演 - 中尾明慶
産婦人科医。理一郎の幼なじみ。何かと理一郎の相談に乗ったりして世話を焼く。
衛藤 銀一(えとう ぎんいち)
演 - 大石吾朗
はるの父親。長崎で牧師をしている。最近は、地方のラジオに出演し、恋愛相談コーナーで人気がある。妻の死以来はるとは疎通になっている。
織田 多実子(おだ たみこ)
演 - 芦名星[5][6]
荒巻 小百合(あらまき さゆり)
演 - 江口のりこ

スタッフ[編集]

  • 原作 - 野沢尚『恋愛時代』(幻冬舎文庫
  • 脚本 - 藤井清美
  • 音楽 - 未知瑠
  • 演出 - 藤村享平
  • 助監督 - 森裕史
  • 主題歌 - 西内まりやありがとうForever...』(SONIC GROOVE
  • 撮影 - 安藝孝仁
  • 照明 - 稲城健
  • 撮影 - 武田健文
  • 編集 - 伊藤伸行
  • 技術プロデューサー - 藤井弘章
  • 選曲 - 泉清二
  • 音響効果 - 神取涼子
  • 美術 - 秋元博
  • 美術進行 - 吉野雅弘
  • 装飾 - 西村徹
  • 大道具 - 滝沢博史
  • 番組宣伝 - 今村紀彦、熊谷有里子、嶋岡良介(ytv)
  • ホームページ - 金澤みゆき(ytv)
  • チーフプロデューサー - 木谷俊樹(ytv)
  • プロデューサー - 西川義嗣、汐口武史(ytv)、津嶋敬介、石田麻衣(ホリプロ)
  • 制作協力 - ホリプロ
  • 制作著作 - 読売テレビ
読売テレビ制作・日本テレビ 木曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
恋愛時代
(2015.4.2 - )
-


出典[編集]

  1. ^ 比嘉愛未、ドラマ「恋愛時代」でバツ1役”. 日テレNEWS24 (2015年2月4日). 2015年2月10日閲覧。
  2. ^ 比嘉愛未が元夫の「再婚相手」探しに奔走!”. webザテレビジョン (2015年2月4日). 2015年2月10日閲覧。
  3. ^ 比嘉愛未、満島真之介と“結婚&離婚”を考える新ドラマ「恋愛時代」”. CinemaCafe.net (2015年2月4日). 2015年2月10日閲覧。
  4. ^ ザテレビジョン2015年3月7日 - 3月13日p.22 4月新ドラマ200超名鑑
  5. ^ 香椎由宇の出演が予定されていたが、次男の急死を受け、降板が決定香椎由宇、憔悴しきり「恋愛時代」降板…オダギリ夫妻の1歳次男急死”. スポーツ報知 (2015年4月25日). 2015年4月25日閲覧。
  6. ^ 次男亡くし憔悴…ドラマ降板の香椎由宇の代役は芦名星”. Sponichi Annex (2015年4月27日). 2015年4月27日閲覧。

外部リンク[編集]