連続ドラマ小説 木下部長とボク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
連続ドラマ小説 木下部長とボク
ジャンル 連続ドラマ
放送時間 木曜日23:58 - 24:38(40分)
放送期間 2010年1月14日 - 同年4月1日(12回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 読売テレビ
製作総指揮 田中嘉一(CP)
演出 大宮エリー爲川裕之柿沼竹生浅見真史
脚本 大宮エリー
プロデューサー 竹綱裕博竹本夏絵
よしもとクリエイティブ・エージェンシー
前畑祥子
ファイブコミュニケーションズ
小泉守
トータルメディアコミュニケーション
出演者 板尾創路130R
池田一真しずる
田中直樹ココリコ
津田寛治
遠山景織子
山田麻衣子
笑福亭仁鶴(特別出演)
高橋ひとみ
宅麻伸 ほか
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
データ放送 番組連動データ放送
エンディング 板尾こうせつ「君とボクと」
外部リンク 公式サイト

特記事項:
第一・十一話:30分遅延(24:28 - 25:08)
第四話:40分遅延(24:38 - 25:18)
第六・七話:10分遅延(24:08 - 25:48)
テンプレートを表示

連続ドラマ小説 木下部長とボク』(れんぞくドラマしょうせつ きのしたぶちょうとボク)は2010年1月14日から4月1日まで読売テレビ制作・日本テレビ系列の木曜ナイトドラマ枠(毎週木曜23:58 - 24:38)で放送された連続ドラマ

キャッチコピーは、「もう、かえってもええかなぁ?」。

概要[編集]

広告代理店・丸々通信社を舞台に、マイペースで責任感ゼロの木下部長とお荷物社員たちのゆるい日常を、木下部長の下に配属された新入社員・僕元の視点から描いたヒューマンドラマ。木曜ナイトドラマ枠では初のオリジナル作品となる。

板尾創路は本作が連続ドラマ初主演となり、しずる池田一真村上純は本作品で俳優デビュー・連続ドラマ初出演。彼らの他にも山下しげのり(当時ジャリズム)・大地洋輔ダイノジ)・阿部智則POISON GIRL BAND)が連続ドラマ初出演。また田中直樹は『リセット』以来の同枠出演となる。この他、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の芸人・俳優がゲストとして多数出演している。

本作は木曜ナイトドラマ枠では初となるTwitterの公式アカウントを取得[1]。第十一話では『スッキリ!!』とのコラボレーションが実現。木曜ナイトドラマ枠のドラマと日本テレビ系列で放送されているテレビ番組とのコラボレーションはこれが初となる。

2010年7月7日に、DVD-BOXが発売された。

キャスト[編集]

レギュラー[編集]

丸々通信社 木下部
丸々通信社 君島部
その他

ゲスト[編集]

第一話
第二話
第三話
第四話
第五話
第六話
第七話
第八話
第九話
  • コンビニ店員・根本 - ほんこん(130R)[2]
  • 久美子 - 秋本奈緒美
  • マリーズチョコレート社員 - 川下大洋
  • プレゼンテーター(ボクモトの空想) - チャド・マレーン(チャド・マレーン
  • バーテンダー - 中野公美子
第十話
第十一話
最終話

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

板尾創路南こうせつのユニット。出演者が主題歌を担当するのは、木曜ナイトドラマでは初。作詞:大宮エリー、作曲:南こうせつ。

サブタイトル[編集]

話数 放送日 サブタイトル 演出
第一話 2010年1月14日 幸せ呼ぶ無責任男奇跡の遅刻早退伝説 大宮エリー
第二話 2010年1月21日 お金ないけど接待(秘)500円作戦
第三話 2010年1月28日 ディープキス部長と一番風呂で見る幸せ 爲川裕之
第四話 2010年2月4日 謎の女と誘惑温泉で仕事かキス危機一髪
第五話 2010年2月11日 たのしいリストラでウラの顔バレる秘密 柿沼竹生
第六話 2010年2月18日 スキャンダルの嵐にバケツの水で一発芸
第七話 2010年2月25日 怪談バニーちゃんの徹夜お化け(秘)大作戦 爲川裕之
第八話 2010年3月4日 ラブモードは突然に皆が片想い社内恋愛
第九話 2010年3月11日 ヒミツの三角関係で疑惑の朝食甘いワナ 浅見真史
第十話 2010年3月18日 仁義なき暴力部長の意外な素顔と三悪人 柿沼竹生
第十一話 2010年3月25日 大ピンチ無責任男と伝説ギャグ謝罪会見 大宮エリー
最終話 2010年4月1日 さよなら奇跡の男伝説の最後は涙の別れ消えた部長
  • 第一・十一話は『ダウンタウンDX』の放送時間を30分拡大したため、30分遅延の24:28開始。
  • 第四話は『ぐるぐるナインティナイン』の放送時間を30分、『NEWS ZERO』の放送時間を10分それぞれ拡大したため、40分遅延の24:38開始。
  • 第六・七話は『NEWS ZERO』の放送時間を10分拡大したため、10分遅延の24:08開始。

その他[編集]

  • ロケ地として川口駅前のビルが使用されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ドラマの放送終了後になるが、『猿ロック』も劇場版の公式アカウントを取得している(猿ロック THE MOVIE(saru_lock) on Twitter)。
  2. ^ 勤めているコンビニは『24時間あたためますか?〜疾風怒涛コンビニ伝〜』で登場したコンビニ「コンビーノ24」である。

外部リンク[編集]

読売テレビ 木曜ナイトドラマ
前番組 番組名 次番組
連続ドラマ小説 木下部長とボク
(2010.1.14 - 2010.4.1)
プロゴルファー花
(2010.4.8 - 2010.7.8)