エド・はるみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エド・はるみ(本名・非公表)
生年月日 1964年5月14日(50歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都(千葉県説あり)
血液型 A型
身長 156cm
方言 共通語
最終学歴 明治大学文学部文学科演劇学専攻
出身 円・演劇研究所(女優)
NSC東京校11期(芸人)
芸風 漫談コント、音楽パフォーマンス
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 1988年 - 2004年(女優)
2006年 - (芸人)
同期 タカダ・コーポレーション
チョコレートプラネット
上原チョーなど
過去の代表番組 ラジかるッ
トキめけ!ウィークワンダー
マラソン
おもいッきりDON!
このへん!!トラベラー
他の活動 女優
配偶者 既婚
公式サイト 公式ブログ
受賞歴
2008年 MTVスチューデントボイス・アワード最優秀お笑い賞
2008年 リプトンひらめきIST AWARD
2008年 DIMEトレンド大賞話題の人物賞
2008年 新語・流行語大賞
2008年 ゆうもあ大賞
2009年 ボウリング・マスメディア大賞
2009年 BLOG of the yearお笑い芸人部門

エド・はるみ1964年[1]5月14日[2] - )は、日本お笑い芸人女優

東京都出身。吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属。

茨城県千葉県、東京都で、幼少期から学生時代を過ごす。明治大学文学部文学科演劇学専攻卒業。身長156cm。バラエティ番組などで『○○グゥ〜』のネタで知られている。

経歴[編集]

茨城県鹿島郡波崎町(現・神栖市)立波崎第二中学校、私立日出学園高校(千葉県市川市)を経て、明治大学文学部文学科演劇学専攻を卒業する。

1988年円・演劇研究所を卒業し、以降女優(主に舞台女優)として一人芝居などを行い活動を続ける(当時の芸名は江戸はるみ)。小劇場で舞台女優として活動していた頃の役者仲間に出川哲朗がおり、「出川君」と呼んでいたとのこと。またその一方で、Microsoft Office Specialistの資格を取り、コンピューターインストラクターとマナー講師の仕事をしていた。

2004年から2005年頃にかけて表現の方向を転換してお笑い芸人を志す。このことについて、本人は「ふつふつと湧き上がる笑いに対する情熱を抑えきれず」と話している。事務所に所属していないアマチュアとして芸人コンクールのR-1ぐらんぷり2005に出場、2回戦で敗退。その後、本格的にお笑いの勉強をするため、吉本興業の養成学校であるNSC東京、11期生最年長として入学。入学時の挨拶は「年齢や経験は忘れて、一からの気持ちで頑張ります」[3]教室の常に最前列で授業を受け2006年4月に皆勤賞で卒業。同年5月17日に東京都新宿区のルミネtheよしもとで芸人デビューをした。

NSC東京卒業から3ヶ月後の2006年7月22日日本テレビの『エンタの神様』に地上波のテレビ番組初出演。同番組では「木村陽子」(風貌が似ている日テレ所属の元アナウンサー・木村優子のパロディ)名義で3回出演したが(同名義でのドラマ出演もある)、ここではブレイクには結びつかず、2008年2月23日放送分以降の出演では、同番組限定の芸名ではなく「エド・はるみ」で出演している。

2007年8月19日放送の日本テレビ『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』において、その頃はまだ知名度がそれほど高くなかったにも関わらず、品川庄司品川祐から何度もネタを振ってもらいその場の笑いを取った。このことからエドは品川に感謝の念を抱いており、エド自身を特集したドキュメンタリー番組のインタビューにおいて、「このときのことは決して忘れてはならない」と涙を流しながら語った。またこの放送の後日、品川に感謝の気持ちとして粗品を届けたという。

2008年2月17日フジテレビ系で放送された『一瞬で笑えるネタ祭爆笑レッドカーペット祝1周年記念特別企画史上最高56組が大集結笑いっぱなしの3時間新ネタ新キャラ新芸人続々登場スペシャル!』で優勝。選者は石原良純

同年2月26日日本テレビ系で放送された『踊る!さんま御殿!!』で、お笑い芸人になってから恋愛を封印した事と、実はバツイチで結婚期間1年間と告白した。 また、同年3月9日放送の『THE・サンデー』では、「(バツイチではあるけれど)『1婚』と呼べば前向きな気持ちになれる」と発言している。

2008年7月期のTBS系ドラマ『Tomorrow〜陽はまたのぼる〜』に女優として連続ドラマに初のレギュラー出演し、看護師長役を演じた(ただし、江戸はるみ時代にも連続ドラマのレギュラー出演経験があり、厳密には「初」ではない)。

雑誌のインタビューや自身のブログにおいて、『24時間テレビ』のチャリティーマラソンランナーに選出されることを勝手に夢見て、6年前から毎日10kmランニングを続けていることを明かしていた。そして、2008年6月19日放送の『ズームイン!!SUPER』の中で、前年のランナー・萩本欽一からマラソンランナーに決定したことが直接本人に発表され、その願いは実現した[4]2008年8月30日 - 31日に放送された同番組内では、当時女性ランナーの走行距離としては歴代最長となる113kmを完走した。

2009年3月には東京マラソンを完走した。

2010年10月10日に一般男性と入籍した[5]

2011年12月3日、2009年以降急速にテレビ出演が減った原因は「島田紳助に干されたから」とする一部報道に対し公式ブログで反論、紳助との確執は全くなく、テレビから声がかからなくなったのは新入マネジャーの問題行動や私自身のこともあるのでしょうと説明した[6]

2013年11月22日放送分のTBS系『中居正広の金曜日のスマたちへ』において、不妊治療に専念するため、年内いっぱいで社交ダンスの企画から降板することが発表された。その際「私は今年49歳になる」と告白したことから1964年生まれなのも明らかになった[1]

2014年8月8日にエドの運転する乗用車とバイクが接触し、バイクに乗っていた男性会社員が軽傷を負った[7]。エドはブログで事故の件を謝罪した[8]

2014年10月2日、一部週刊誌の記事及びインターネット上で展開されている事実無根の誹謗中傷のコメントに対して、法的手続きの対応を開始した。2009年以降から5年間に渡って誹謗中傷行為が繰り返されており精神的苦痛を味わい続けているという[9][10]。担当弁護士はブログで「タレントであるとの一事をもっていかなる誹謗中傷に対しても、忍従しなければならないということにはなりえません」「言論の自由はあるが言論には当然に責任を伴います」と発言している[11]

人物[編集]

芸名の由来は、エド・サリバンへの憧れと、カタカナを混ぜた無国籍な印象を持たせたいという意味から名付けたという[12]

お笑いの世界に入って日が浅いために、1期先輩のオリエンタルラジオには「兄さん」と呼ぶも互いに敬語を使用し、爆笑問題ナインティナインといった年下のビッグネームの芸人にも「さん」付けで呼ばれている。一方、品川庄司(主に品川の方)等にはため口を使われ呼び捨てで呼ばれたりもしており、上下関係が複雑な存在でもある。

前述のようにマナー講師をしていた事から、その言葉遣いや立ち居振る舞いは、礼儀に厳しい木村祐一をして「満点」と言わしめたエピソードがある。後に『やりすぎコージー』で木村からオススメ芸人に推薦されて出演した。

2011年10月20日、約半年に渡る運動や食事療法を用いたダイエット企画の結果、約15kgの減量に成功した旨をブログで公表した[13]

2011年12月6日、インターネット配信番組「よしログ」にて、本人の口から実年齢が公表された[14]

芸風[編集]

レディーススーツに黒縁めがねの正装の出で立ちで現れ、親指を突き立てて「グ〜」と奇声をあげるギャグが知られる。なお、この「グ〜」は2008年の流行語大賞を受賞した。

「グ〜」は本人の披露する、カチンとくるフレーズを言われたときの対処法を講義するネタを由来としている。悪口に切り返しながら相手を「グ〜(good)」と称える台詞で、「プラスの言葉」だと本人は述べている。英会話レッスンの映像によく見られる、講師が生徒を「Good!」と褒める言葉が下敷きとなっている。[15]

最近は、「邪魔だよババァ」や「うるせえんだよババァ」などと言われた時、「あら?ババァ?まぁそんなこといってお子ちゃまねー。おっぱい飲みたいの?」などと相手を挑発することもある(本人曰く「NSC時代、年下の同期の暴言に対する切り返しとして生まれた」ギャグ)。

ギャグの最後に、両腕でLの字をつくり、変顔で「コォーーーーーッ」と叫ぶ事もある。本人によると、「コォーーーーーッ」は「グ〜」の最上級、「グ〜」が極限に至ると「コォーーーーーッ」になるとのことである。2008年の24時間マラソンではゴールの瞬間、武道館の観客に一礼した後にそのまま「コォーーーーーッ」のポーズを取りながら後ろに倒れこみ、背中でゴールテープを切った。

出演[編集]

バラエティ ほか[編集]

レギュラー

ネタ出演

キャッチコピーは「気鋭の面白(パロディ)キャスター」→「ベリーグッドなダンシンgood(ダンシング)」→「ベリーgoodなアラフォー芸人」
2008年2月17日放送でレッドカーペット賞を受賞。コラボカーペットでいとうあさこと共演。

他多数

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

  • ヤッターマン27話(ytv、2008年12月8日) - 本人およびエドハルミヨン役
劇中ではドロンボー側に協力しておりこの回のメカの動力源となった。その他コントのネタも使われた。

テレビショッピング[編集]

  • ワコール ウエルネスタイム(2010年2月、地上波民放局・CS)

ラジオ[編集]

13時台コーナー「エド・はるみの化粧品専門店はチャーミングゥ〜!」→「エド・はるみのわたしにプラス〜夢をかなえるカウンセリング〜」のリポーター

舞台[編集]

  • 『佐久間一行 単独ライブ』(2006年4月)
  • 『よしもと春のピン祭り〜次に来るピン芸人は誰だ!?〜』(2006年5月)
  • ルミネtheよしもと『5じ6じ』(2006年5月)
  • 吉本若手ライブ『吉本新人計画』(2006年6月 - 現在)
  • 『第5回プリンスofプリンス』(2006年8月)
  • 『若月 単独ライブ〜FAMILY〜』(2006年8月)
  • 『ハイキングウォーキング単独ライブ〜伽羅百烈拳/Qちゃん劇団〜』(2006年8月)
  • 『吉本NEXT GENERATION〜一夜限りのユニット・コント〜』(2006年10月)
  • ルミネtheよしもと『怒涛の新ネタコント20連発!!!!!!!』(2006年10月)
  • ルミネtheよしもと『怒涛の新ネタ漫才漫談20連発!!!!!!!』(2006年11月)
  • 『ハイキングウォーキング単独ライブ〜伽羅百烈拳/Qちゃん劇団〜』(2006年12月)
  • 『第1回ピンゲキ公演〜月の見える店〜』(2007年1月)
  • ルミネtheよしもと『1じ3じ〜ガレッジセール〜スペシャルコント』(2007年2月 - 現在)
  • 『島田洋七杯〜がばい新人グランプリ〜』(2007年4月)
  • YOSHIMOTO PRESENTS『LIVE STAND 07/AGE-MON STAGE』(2007年4月29日)
  • ルミネtheよしもと『怒涛の新ネタ20連発!!!!!!!』(2007年5月)
  • YOSHIMOTO PRESENTS『LIVE STAND 08/AGE-MON STAGE』(2008年4月27・29日)
  • YOSHIMOTO PRESENTS『LIVE STAND 08 OSAKA/CONA-MON STAGE、KAWAKI-MON STAGE』(2008年11月22・23日)
  • YOSHIMOTO PRESENTS『LIVE STAND 09/AGE-MON STAGE』(2009年7月18日)
  • 輝け! 主婦バンド FOUR RIVERS スモーク・オン・ザ・ウォーター2009』(東京公演・2009年11月7日 - 11月15日、名古屋・富山・大阪でも公演) - 井口美恵子役

ナレーション[編集]

  • 爆笑レッドカーペット(フジテレビ) - 出演者のドラマの告知
  • 浪漫スペシャルズ(2006年12月)
  • ヨシモトファンダンゴTV番組宣伝(2006年6月 - )
  • 新宿ルミネtheよしもと CM(2006年6月 - 現在)
  • ヨシモトファンダンゴTV『いただき∞』(2007年1月 - )
  • オビラジR(TBS、2007年1月)
  • ルミネtheよしもと『レイザーラモン単独ライブ』(2007年2月)
  • YOSHIMOTO PREZENTS『LIVE STAND 07』大ビジョン用CM(2007年4月)

ブロードバンド[編集]

  • 『よしもと流明るくネット〜日替わりギャグ〜』(2006年10月)
  • casTYひかり荘 ゲスト出演『水野しげゆき配信』(2006年4月・9月)
  • casTYひかり荘 出演『"若"ギャグ オムニバス』(2006年10月)
  • casTYひかり荘 出演『チョロQでカーリング!!』(2007年1月)
  • casTYひかり荘 出演『黒ひげ危機一髪!!』(2007年3月)
  • casTYひかり荘 ”アソビスタイル”『黒ひげ危機一髪"エド流作法"』(2007年3月)
  • casTYひかり荘 ”アソビスタイル”『チョロQ"エド流作法"』(2007年4月)

雑誌 他[編集]

映画[編集]

CM[編集]

PV[編集]

作品[編集]

CD[編集]

  • グーグー Sun バ!(2008年8月27日)
作詞:エド・はるみ、作曲:サイトウヨシヒロ、編曲:日暮和広
オリコン最高171位、ロート製薬「ロートクール40α」CMソング

DVD[編集]

  • グーグー体操(2008年6月25日)エド・はるみとメタボシスターズ名義

著書[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b エド・はるみ、テレビで不妊を告白 49歳でどんな治療をするのか 2013年12月5日閲覧。生年は逆算。
  2. ^ 本人のプロフィール(吉本興業公式サイト)
  3. ^ エド・はるみの問い合わせてみました。 「喋っていこう」 2010年1月10日閲覧
  4. ^ エド自身はこの日出演することになっていた『スッキリ!!』の打ち合わせと聞かされていたため、何も知らなかった。
  5. ^ 日刊スポーツ (2010年10月11日). “エド・はるみ再婚でウエディングゥ〜!!”. 2010年10月11日閲覧。
  6. ^ エド・はるみがTVから消えた事情明かす、島田紳助に“干された”説否定。 ナリナリドットコム 2011年12月5日
  7. ^ エド・はるみさん:麻布十番で運転の車とバイク接触(毎日新聞)
  8. ^ エド・はるみ、ブログで事故謝罪「心よりお詫び申し上げます」(オリコンスタイル)
  9. ^ エド・はるみ 誹謗中傷行為に法的手続き対応へ(リアルライブ)
  10. ^ エド・はるみ 誹謗中傷に徹底抗戦「会社と相談をしながら、速やかに対処をして行きたい」(リアルライブ)
  11. ^ エド・はるみ氏への誹謗中傷行為に対する法的手続対応のお知らせ(港国際法律事務所)
  12. ^ エド・はるみ:ロングインタビュー(4止) 芸名の由来は - ウェイバックマシン(2008年5月26日アーカイブ分) - 毎日新聞
  13. ^ エド・はるみの問い合わせてみました。 「挑戦その(1)の結果は・・・・☆」 2011年10月20日
  14. ^ エド・はるみ生配信で実年齢をついに告白! - よしログ(2011年12月6日)
  15. ^ エド・はるみの問い合わせてみました。 「発見する日々2。」 2009年5月12日閲覧

外部リンク[編集]