エド・サリヴァン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エド・サリヴァン
Ed. Sullivan
Ed. Sullivan
1955年
本名 Edward Vincent Sullivan
別名義 Great Stone Face
生年月日 1901年9月28日
没年月日 1974年10月13日(満73歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 司会者ジャーナリスト
ジャンル ラジオテレビ
活動期間 1930年代-1970年代
活動内容 芸能記者、テレビショーホスト
配偶者 あり
主な作品
エド・サリヴァン・ショー
備考
ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム

エドワード・ヴィンセント・サリヴァンEdward Vincent Sullivan, 1901年9月28日 - 1974年10月13日)は、エド・サリヴァン(Ed Sullivan)としてよく知られたアメリカ合衆国の娯楽作家兼テレビ司会者。1950年代から1960年代にかけて人気の頂点にあった、その名を冠した『エド・サリヴァン・ショー』の司会者として最もよく知られる。

プロフィール[編集]

生い立ち[編集]

1901年にニューヨーク州ニューヨーク市のハーレムに住む、税関官吏でアイルランド系のピーター・アーサー・サリヴァンの長男として生まれた。

記者時代[編集]

ボクサーを目指していたものの、その後サリヴァンはスポーツ新聞の記者となり、ニューヨーク・デイリーニューズの劇場コラムニストとなった。

サリヴァンのコラムの多くはブロードウェイのショーとゴシップに関するものであった。またサリヴァンはラジオでの報道原稿を執筆した。サリヴァンはその放送経歴の全体に渡り、報道原稿を書き続けた。

エド・サリヴァン・ショー[編集]

エド・サリヴァン・シアター

1948年CBSネットワークが日曜夜のテレビ・バラエティショーのホストとしてサリヴァンを起用した。番組のタイトルは当初『トースト・オブ・ザ・タウン』であったが後に『エド・サリヴァン・ショー』に改名される。

番組はニューヨークのCBSスタジオ50から放映され、1950年代から1960年代にかけてアメリカを代表するテレビ・バラエティーとして一世を風靡し、エルヴィス・プレスリージェームス・ブラウンコール・ポータージャクソン5などのジャンルを問わず大スターがこぞって出演した。また、無名のスター候補を世に出したり、世界各国のスターをアメリカの一般大衆に紹介する役目も任じており、ビートルズローリング・ストーンズがアメリカにおける初のテレビ番組出演としたほか、日本からも、当時アメリカでは無名だったジャッキー吉川とブルーコメッツザ・ピーナッツが出演している。

この様なジャンルや人種、国籍を問わない出演者の選択はサリヴァンの方針を受けたものであり、公民権施行などを受けて白人中心社会からの改革を進めていたアメリカの大衆から大きな支持を受けた。これらの功績を受けて1967年にはCBSスタジオ50を『エド・サリヴァン・シアター』と改名された(現在その時間帯には『レイト・ショー・ウィズ・デイヴィッド・レターマン』が放送されている)。

しかし、レジャーの多様化やベトナム戦争を経てアメリカ社会全体の価値観が変化しつつあった1971年になると、もはやマンネリ化した『エド・サリヴァン・ショー』の視聴率はもはや20位にも届かなくなっていた。このため、CBSの上層部は同年6月6日を持って番組を打ち切ってしまう。サリヴァンは激怒し、1973年に『エド・サリヴァン・ショー』25周年スペシャル番組ほかの特番に出演するまでCBSと縁を切った。

主な出演者[編集]

デイブ・クラーク・ファイブとエド・サリヴァン(1964年)

死去[編集]

番組終了後わずか3年後に食道癌1974年に死去し、ニューヨーク市マンハッタンから北に25マイル(40km)ほどの郊外にある高級住宅街、ニューヨーク州ハーツデール(Hartsdale, New York)のファーンクリフ墓地(Ferncliff Cemetery)に埋葬された。

評価[編集]

サリヴァンは彼自身演技力をほとんど持たず、またカメラにおけるサリヴァンのマンネリズムはコメディアン達の揶揄の対象となった(彼らはサリヴァンの無表情さを「Great Stone Face(偉大な石顔)」と呼んだ)。

また、彼の独特の発音(「ショウ」を「シュウ」と発音する癖があった)もコメディアンの物まねの対象にされ、番組内であるコメディアンがそれを披露した時、本人は苦笑していた。コラムニストのハリエット・ヴァン・ホーンは「彼は『個性を持たない』という個性でその地位を得た。彼は最も一般的なのである」と評した。サリヴァンはこれに対し短文で返答した。

Dear Miss Van Horne,
You bitch.
Sincerely, Ed Sullivan
対訳:「拝啓、ヴァン・ホーン様。
この、性悪女。
敬具、エド・サリヴァン」

その功績が評価され、カリフォルニア州ハリウッド大通り6101にある「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム」に星を持っている。

関連項目[編集]