アイルランド系アメリカ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイルランドの旗 アイルランド系アメリカ人 アメリカ合衆国の旗
Irish American
Gael-Mheiriceánach
Famous Irish Americans
Francis Scott FitzgeraldRonald Reagan
上段左から
ジョン・F・ケネディマザー・ジョーンズジョージ・M・コーハンジェームス・J・ブラドックマイケル・J・マキブニーマイケル・ジェームズ・カーリーヴィクター・ハーバートユージン・オニールエド・サリヴァンF・スコット・フィッツジェラルドロナルド・レーガン
総人口

36,278,332
総人口比11.9% (2008年)

居住地域
アメリカ合衆国北東部アメリカ西海岸アメリカ南部アメリカ中西部シカゴサンフランシスコボストンニューヨークフィラデルフィアロサンゼルス
言語
アメリカ英語
宗教
P christianity.svg キリスト教カトリック教会長老派教会アイルランド国教会
関連する民族

アイルランド人アイルランド系カナダ人アイルランド系メキシコ人ウェールズ系アメリカ人スコットランド系アメリカ人

脚注
ジャガイモ飢饉によって困窮したアイルランド人たちは、移民として異国へと旅立っていった。

アイルランド系アメリカ人(アイルランドけいアメリカじん、英語Irish Americanアイルランド語Gael-Mheiriceánach )は、アイルランドに出自を持つアメリカ合衆国人である。約3,600万人(総人口のおよそ12%)のアメリカ人がアイルランド系であると自認している。これらの数字にはスコッツ=アイリッシュは含まれない。

スコッツ=アイリッシュScots-Irish)は、一般的にアルスターから移民してきたアイルランド人を指し、アルスター=スコッツ(Ulster-Scots)とも呼ばれる(後の北アイルランドを含むアルスター地方にはスコットランド人プロテスタントが多く入植していた)。彼らの中には自分がアイルランド系アメリカ人であると考える者もいる。これは、アイルランドのプロテスタントカトリックとの宗教対立に起因するもので、プロテスタント系移民はスコッツ=アイリッシュと呼ばれ、カトリック系の移民はアイルランド系アメリカ人と呼ばれることを好んだ。近年はこの区別は厳密なものではなく、多くのスコッツ=アイリッシュは、自身をより広義なアイルランド系アメリカ人の一種であると見なしている。スコッツ=アイリッシュは(アイルランド系アメリカ人とは別に)500万人以上にのぼる。

概要[編集]

プロテスタント系のアイルランド人移民は18世紀から19世紀の産業革命期にアメリカに移民し、特に当時辺境地域だったペンシルベニア州バージニア州ノースカロライナ州サウスカロライナ州へと定住した。1845年から1849年にかけて起こったジャガイモ飢饉の際には、数百万人のカトリック教徒が北アメリカへと押し寄せた。彼らの多くは、棺桶船と称される病気の蔓延する船でカナダに到着した。彼らの一部はカナダ、特にトロントオンタリオ州に残ってアイルランド系カナダ人となり、残りはアメリカ合衆国へと移動した。

1820年から1860年にかけて、アイルランド人はアメリカ合衆国内の移民のうち3分の1を占め、1840年代には移民の半分を占めるようになっていた[1]

当初アイルランド人は歴史的にアメリカ人の圧倒的多数であるイングランド系のルーツであるイングランドに支配された地ということ、カトリック教徒であることから不当な差別を受け、アイルランド人の利用を公然と拒んだ店も存在した。この差別に立ち向かうためにマフィアとなったアイルランド系も少なくなかった。

初期の移民の職業は警察官消防士軍人などが多く、アイルランド系の警官、消防士、軍人が活躍する映画が多い[2]。これは移民として比較的後発だったため、命がけの危険な仕事にしかありつけなかった歴史的事情や、血気盛んなアイルランド気質ともマッチしている要因が挙げられる。このことからアイルランド系移民には、それぞれの家代々で警官や消防官を勤める者がいる場合も少なくない。また文化・伝統的側面においても大いに影響があり、警察や消防では慶弔様々な式典においてバグパイプ隊による演奏が行われる。
例えばニューヨーク市警察ニューヨーク市消防局では、バグパイプを使った鼓笛隊「エメラルドソサイエティ」(Emerald Society、直訳すると翠玉団)が編成されている。演奏が行われるのは訓練学校の卒業式や殉職者の葬儀、聖パトリックの日など。米墨戦争において、兵の40%がアイルランド系だった聖パトリック大隊アメリカ軍から脱走し、メキシコ軍に加わってアメリカと戦った事例がある。

特徴としては、姓(ファミリーネーム)の綴りが「O'」「Mc」「Mac」で始まる事が挙げられる(McやMacはスコットランド人の姓にも付く)。これは、「O'」あるいは「Mc」「Mac」にはアイリッシュ・ゲーリック(アイルランドの公用語)で誰々の子孫、誰々の仲間という意味があり、例を挙げるならば、ジョン・マケイン(John McCain)のMcCainは「ケイン(Cain)の家族あるいは仲間」という意味になる。ケネディ(Kennedy)のように「O'」あるいは「Mc」「Mac」で始まらない姓については、あだ名に由来する姓、職業に由来する名字、地名に由来する姓などさまざまで、O'やMac、Mcが付いていないからといって王室や貴族の家系であるわけではない。例えば、ケネディとは、醜い頭というあだ名が姓になったもの、ゴフ(gough)は鍛冶屋を意味する。 ジョン・F・ケネディの曽祖父は農民である。

アイルランドからの移民の大多数はカトリックであったが、世代を下るに連れイングランド系や北ドイツ系との混血が進み、1990年代におけるアイルランド系アメリカ人に対する調査によるとプロテスタント51%に対してカトリック36%の比率であった[3]

アイルランド系アメリカ人は現在、アメリカ社会に完全に同化しているが、アイリッシュとしての自覚を捨てない者が少なくない。21世紀になってもアイルランドの聖パトリックの日がアメリカ各地で派手に祝われている。またスポーツにおいては、アイルランドのナショナル・カラーである緑と白を身に纏ったり、比較的アイリッシュの多い東海岸では同じアイリッシュのボクサーを熱狂的に応援し、アイリッシュ・ギミックを与えられたプロレスラーが人気を博す傾向がある。

著名なアイルランド系アメリカ人[編集]

政治[編集]

アイルランドのウェックスフォードを訪れるケネディ大統領(1963年)
祖先の故郷ティペラリーでスピーチをするレーガン大統領(1984年)

学術[編集]

芸術[編集]

文学[編集]

音楽[編集]

映画・テレビ[編集]

スポーツ[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アメリカ議会図書館ウェブサイト(英語)
  2. ^ 消防士の父と警察官の息子の家族愛を描いた『オーロラの彼方へ』の主役である2人のファミリーネーム(サリヴァン)、海軍士官候補生の苦悩と恋愛模様を描いた『愛と青春の旅立ち』の主人公のファミリーネーム(メイヨー)も典型的なアイルランド人名。いずれも血の気の多い人物設定で、アイルランド人のステレオタイプのイメージを表現した作品と言える
  3. ^ Michael P. Carroll, "How The Irish Became Protestant in America," Religion and American Culture" 2006 16(1): 25-54
  4. ^ 中日新聞:祖先の出身地で乾杯 オバマ大統領、アイルランド訪問 - 中日新聞 2011年5月24日