イタリア系アメリカ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イタリア系アメリカ人
Italian American
Italoamericani
イタリアの旗アメリカ合衆国の旗
Rudy Giuliani.jpgNancy Pelosi.jpegFiorello LaGuardia.jpg
Sylvester Stallone.jpgMartin Scorsese by David Shankbone.jpg
Brian De Palma (Venice 2007).jpgFrank Sinatra laughing.jpg010 alito.jpg
上段左から
ルドルフ・ジュリアーニナンシー・ペロシフィオレロ・H・ラガーディアシルヴェスター・スタローンアル・パチーノマーティン・スコセッシブライアン・デ・パルマフランク・シナトラサミュエル・アリートレディー・ガガ
総人口

17,800,000人[1]総人口の5.9%(2009年調査)

居住地域
アメリカ合衆国北東部フロリダ州アメリカ西海岸ニューヨーク州ニュージャージー州ロードアイランド州コネチカット州フィラデルフィアシカゴサンフランシスコマイアミ
言語
アメリカ英語イタリア語シチリア語ナポリ語イタリア語の方言
宗教
キリスト教カトリック教会プロテスタントプロテスタント)、 ユダヤ教
関連する民族

イタリア人イタリア系カナダ人イタリア系アルゼンチン人イタリア系ブラジル人イタリア系メキシコ人イタリア系オーストラリア人イタリア系イギリス人

脚注

イタリア系アメリカ人(イタリアけいアメリカじん、英語Italian Americanイタリア語Italoamericano )は、イタリア出身者かその子孫で、アメリカ合衆国国籍を持つ人々のこと。

イタリア人のアメリカへの移住は1880年代から始まり、そのピークは1900年頃から第一次世界大戦の1914年頃までといわれる。1978年には約530万のイタリア系移民が合衆国に居住していた。彼らの1/3はアメリカで稼いだ後祖国イタリアに帰省するつもりであったが、第一次・二次大戦の影響などでその多くが結局米国に留まることになった。他の白人移民;イギリス系・アイルランド系ドイツ系に比べてイタリア系移民は少数であり、現在合衆国の人口全体の約5.6%の1500万人ほどである。

歴史[編集]

既に15世紀にアメリカ大陸に渡っていたイタリア人もいたが、多くは1880年代からの移民である。彼らの多くがイタリア南部地方やシチリア島の農民の出身であった。彼らは渡米後ニューヨークニュージャージー州などに定住し、現在でも多くがニューヨーク市(マンハッタンブルックリンクイーンズブロンクスなど)に居住する。

イタリア系アメリカ人は自己の文化を保ちながら仕事・生活に従事する為、同郷者同士での結束を大切にした。その結果リトル・イタリーと呼ばれる街が随所に出来上がったが、他の白人(特にドイツ系・イギリス系・フランス系など)移民に比べ仕事・収入が限られていたことなどもあり、大抵はスラム化していた。過密気味のスラム街は、騒々しく不衛生で病気が蔓延していた。当初イタリア系アメリカ人たちは、貧乏・怠け者・汚らしい・無学という固定観念で見られがちだった。

1世、2世が従事していた仕事は同じく後発移民であり軍人、警官になることが顕著だったアイルランド系とは違い、一足先にアメリカにわたったイタリア人が斡旋業やマフィアとして移民の職業を斡旋し、コミュニティーを守るという名目で上納させていた経緯があるため商業が多かった。

1891年ニューオーリンズで警察署長殺害に関与したマフィアという嫌疑をかけられ、11人のイタリア系アメリカ人がリンチを受けた。映画「ゴッド・ファーザー」には、イタリア系アメリカ人に向けられるこういった負イメージが描かれているといわれる。

1941年よりアメリカも参戦した第二次世界大戦では、イタリアとアメリカが敵同士となったが、イタリア系アメリカ人の多くはイタリアと同じ枢軸国となった日本にルーツを持つ日系アメリカ人日系人の強制収容のような悲劇には見舞われなかった。しかし、危険分子と見なされた3200人のイタリア系アメリカ人が逮捕され、そのうち320人は強制収容された。また、それ以外にも市民権を取得していないイタリア移民は“敵性外国人”と見られ、様々な規制が加えられた。こうした一連の行為について、2000年に上院から謝罪と補償の決定がなされている[2]。なお連合国軍のイタリア上陸の際に、ニューヨーク市を地元としていたイタリア系アメリカ人マフィアのラッキー・ルチアーノが連合軍に協力したと言われている。

1990年代、イタリア系アメリカ人の3分の2がホワイトカラーであり、マフィア構成員は数千人程度まで減少したとされる。異人種間結婚も交え移民4・5世まで誕生している現在の彼らは、アメリカ社会の主流(mainstream)への同化が進んでいる。

著名なイタリア系アメリカ人[編集]

政治[編集]

実業界[編集]

軍事[編集]

芸能[編集]

音楽[編集]

学者[編集]

スポーツ[編集]

文学[編集]

芸術[編集]

犯罪者[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]