ジュゼッペ・ガリバルディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュゼッペ・ガリバルディ
Giuseppe Garibaldi
Giuseppe Garibaldi portrait2.jpg
ジュゼッペ・ガリバルディ
生誕 1807年7月4日
ニース
死没 1882年6月2日(満74歳没)
イタリア王国の旗 イタリア王国カプレーラ島
所属組織 Flag of the Roman Republic (19th century).svg ローマ共和国
イタリア王国の旗 イタリア王国
軍歴 1834年 - 1870年
最終階級 ローマ共和国軍総司令官
千人隊司令官
アルプス猟兵師団司令官
テンプレートを表示

ジュゼッペ・ガリバルディイタリア語: Giuseppe Garibaldi, 1807年7月4日 - 1882年6月2日)は、イタリア統一運動を推進し、イタリア王国成立に貢献した軍事家である。イタリア統一を進めるため、多くの軍事行動を個人的に率いた。ヨーロッパと南米での功績から「二つの世界の英雄」とも呼ばれ[1]カヴールマッツィーニと並ぶ「イタリア統一の三傑」の一人とされる。

1860年千人隊赤シャツ隊)を組織してシチリアの反乱を援助し両シチリア王国を滅ぼした。その後、征服地をサルデーニャヴィットーリオ・エマヌエーレ2世に献上してイタリア統一に大きく貢献した。その後は政治家となることなく、余生をカプレーラ島で送った。

生涯[編集]

若き日の活躍[編集]

ガリバルディは1807年ニース(当時第一帝政下のフランス領)に生まれる。彼の両親はそこで海上貿易に携わっており、彼も常に海の上で育った。1832年には商船隊のキャプテンとなる。

1833年4月、ガリバルディの船はロシアの海港タガンログに10日間ほど停泊した。荷を降ろしている間、彼は街を歩き、そこに住む人々を訪ね、そして港の小さな宿で夜を過ごした。そんな宿の1つで、彼はイタリアからの政治亡命犯で青年イタリアのメンバーであるジョヴァンニ・バッティスタ・クーネオと出会う。これを機にガリバルディは青年イタリアに参加し、彼の人生をオーストリアの支配をうける祖国イタリアの自由のために戦うことを誓った。

1833年11月、ガリバルディは自由な共和国の建国を目指す運動家のジュゼッペ・マッツィーニジェノヴァで会見する。ここで青年イタリアへの参加を認められ、同時に秘密結社カルボナリにも加わった。1834年、彼はピエモンテ共和制を求める反乱に参加したが失敗する。フランスに亡命し、その後チュニジアへ出発した。

1836年、ガリバルディは南米への航海をした。そこで彼はブラジルの羊飼いの娘、アニータと出会い恋に落ちる。そして1842年に結婚した。その後ブラジル南部のリオ・グランデ・ド・スル州の独立戦争に義勇兵として参加し、そのままウルグアイコロラド党大統領フルクトゥオソ・リベラに雇われて大戦争に参加した。大戦争ではアルゼンチンコリエンテス州をウルグアイに併合し損ねるというような失敗もあったが、そこでゲリラ戦術のスキルを身につける。彼は用兵術に長けており、カリスマ性もあったことから部下の信頼を勝ち取り、彼もまた自信をつけていった。後の南米の革命児チェ・ゲバラも彼の戦術を学んだといわれる。

フランス軍への戦勝[編集]


ガリバルディは、1848年の一連の革命騒動を聞きつけてイタリアへと帰国した。革命はイタリアにも波及し、マッツィーニの指導によって「ローマ共和国」が成立した。ナポレオン3世はこれを倒すために軍を送り、これに対抗するためガリバルディはローマ防衛の責任者となった。フランス軍はローマの強奪者たちを軽んじていたが、ロンバルディアやピエモンテ、リグリアから馳せ参じた義勇兵たちとガリバルディはテヴェレ川西岸のバチカンの南で起こったジャニコロ丘の戦いでフランス軍を破り、敗走させた。しかしマッツィーニが追撃に反対したせいもあって体制を立て直したフランス軍は、数に任せて攻勢を繰り返し、ローマを包囲下に置いた。1849年6月30日、マッツィーニとガリバルディはアペニン山脈に退いての継戦、ローマ市街地での玉砕、フランス軍への降伏の三択のいずれを選ぶか協議した。

ガリバルディは「我々が何処に退こうとも、戦う限りローマは存続する」(Dovunque saremo, colà sarà Roma[2] と抗戦を主張して、7月2日に4,000人の兵士を連れてローマを脱出した。7月3日、ローマに入城したフランス軍は教皇領を復活させてガリバルディ軍に追撃の軍を送り、ガリバルディは北イタリア各地を転戦しながら残る独立共和国ヴェネツィアへと向かった。スペイン軍、フランス軍、オーストリア軍、ナポリ軍の追撃の前に多くの兵士が倒れ、ラヴェンナの近くで妻のアニータ(彼女は「イタリアのアマゾネス」と呼ばれた女傑で、常に夫と共に前線で戦った)も戦死した。

2度目の放浪と帰国[編集]

わずかな生き残りと共にピエモンテ領内にたどり着いたガリバルディであったが、サヴォイア家からは支援を拒まれ、海外に逃れるように勧められた。1850年、渡米してニューヨークの市民となり、アントニオ・メウッチが経営するスタテン島の蝋燭工場に招かれて運営を手伝ったが、ほどなく再び戦いに身を投じる事を望み始めた[3]。その後、船を手に入れ、ジュゼッペ・パーネを名乗って何度か太平洋への航海に出発、複数の資料は彼が遠く離れたオーストラリアバス海峡を訪れたことを記している[4][5]ペルーではアンデスの革命のヒロインで革命家シモン・ボリバルの恋人マヌエラ・サエンスManuela Sáenz、1797年 - 1856年)とも知り合った。

1854年3月21日、欧州に向けて出発したガリバルディは、タイン川を経由してイングランド北東部に位置する英国タインアンド州(現タイン・アンド・ウィア)のサウス・シールズに船団を率いて入港した。ガリバルディはアメリカ国籍の船長としての身分で行動し、船団にも星条旗が掲げられていた。とはいえ、既にフランス軍を寡兵で破ったガリバルディの名声は欧州全土に広がっており、瞬く間にイングランド住民から熱狂的に歓迎された。騒ぎは大きくなる一方で、とうとうニューカッスルからイギリス政府の高官まで訪れる騒ぎになった。ガリバルディは高官達の晩餐会への誘いは丁重に断ったが、地元の住民たちが金を出し合って記念の言葉が刻まれた剣を作ると、喜んで受け取ったという[6]

1854年後半にイタリアに帰国、だがすぐには軍事行動を起こさず、一族の資産を投じてカプレーラ島の半分を購入して農業を営みながら機会を伺った。1856年ダニエーレ・マニンのヴェネツィア国民党に加盟する。1859年第二次イタリア独立戦争が勃発、ガリバルディはマッツィーニの共和的な理想主義と決別してサヴォイア王家が率いるサルデーニャ・ピエモンテ軍に加わった。陸軍少将として“アルプス猟兵隊”という義勇師団を組織、ヴァレーゼコモ、その他の地でオーストリア軍に勝利した。オーストリアはサルデーニャにロンバルディアを明け渡し、イタリア統一は大きな一歩を踏み出した。

しかしこの戦争の側面の一つは、彼を大変落胆させる結果となる。彼の故郷であるニースサヴォワと共に、プロンビエールの密約に基づいてフランス参戦の見返りとして割譲されたからである。1860年4月に、密約を進めた親仏派のカヴールをガリバルディは強く批判し、以降彼の合理主義的政策に一種の嫌悪感すら覚えるようになった。

赤シャツ隊
ナポリ・シチリア王国軍を破る赤シャツ隊(カラタフィーミ)

1860年の進軍[編集]

1860年初頭、両シチリア王国メッシーナパレルモで起きた反乱は、ガリバルディに活躍の機会を与えた。彼は約1000人の義勇兵を集め、千人隊(または、皆に赤いシャツを着せたことから「赤シャツ隊」と呼ばれる)を結成した。2隻の船に分乗してジェノヴァを出発した彼らは5月11日、シチリア島の最西端のマルサラに上陸した。

各地の反乱軍を取り込んで軍の規模を拡大させながら、5月13日にはカラタフィーミで敵軍を撃退した。ガリバルディは、そこで自分がシチリアの支配者であることを宣言した。5月27日には、島の首都パレルモへと進軍し、包囲攻撃を開始した。彼が駐屯軍に対して反抗していた住民の支持を取り付けたことは、この戦いを有利に進めることのできた一つの原因といえよう。しかし街が陥落するよりも前、援軍の到着により街はほぼ壊滅状態となった。そのときイギリス海軍提督が介入し、またナポリ王国の艦隊が町を包囲することによって停戦への流れとなった。

ガリバルディはめざましい勝利と世界的な名声、イタリア中の賛美とを一度に手に入れた。6週間後には島の東、メッシーナへと進軍した。7月末には敵対勢力に残されたのは1つの砦のみとなった。

シチリア島での進軍を終え、義勇軍はナポリ艦隊の勢力下であるメッシーナ海峡を渡った。ガリバルディの進軍は地元のレジスタンスに歓迎され、9月7日にはナポリへと入城することができた。しかし彼はナポリを支配するブルボン家の王フランチェスコ2世の身柄は保証した。シチリア軍のほとんどは依然として王党派であり、シチリアからナポリにかけて各地で吸収したガリバルディの義勇軍も25,000人に膨れ上がっていたため、彼らの意向を無視できなかったからである。10月1日から2日にかけて、ヴォルトゥルノでの主要な戦いが勃発したが、戦闘の大部分はヴィットーリオ・エマヌエーレ2世指揮下のサルデーニャ軍に任された。

ガリバルディはサルデーニャ王国の首相カヴールに対して、深い嫌悪感を抱いていた。彼はカヴールの実用主義的、現実主義的政策を信用せず、また自らの生まれ故郷ニースをフランスに割譲した外交政策に対して、個人的な恨みすら抱いていた。しかし一方で、ガリバルディはサルデーニャによるイタリア統一に魅かれ始めていた。ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世との有名な会談(「テアーノの握手イタリア語版」として有名、1860年10月26日)ではガリバルディはエマヌエーレ2世に対し、イタリアの王として挨拶し、握手した。そしておもむろに全軍に対して「ここにイタリア国王がおられるのだ!」と叫んだ。彼は次の日には一言「陛下、あなたに従います」とだけ言葉を残し、軍の職を辞した。彼が占領した地域は全てヴィットーリオ・エマヌエーレ2世に献上され、イタリア統一は大きな軍事的衝突を回避する形で成就した(ここでガリバルディがヴィットーリオ・エマヌエーレ2世と敵対する道を選んでいれば、日本の戊辰戦争のような内乱に発展し、イタリア統一は大きく遅れていた可能性がある)。11月7日には彼の働きに対するどんな見返りも断りつつ、カプレーラ島へと退いた。

ローマ占領[編集]

アスプロモンテに佇むガリバルディと兵士達

このようなガリバルディの革命事業は、決して満足のいくものではなかった。“アルプス山脈からアドリア海までの完全な自由”という彼のモットーから見れば、まだローマヴェネツィア未回収であった。マッツィーニとて新たな支配的な政府に不満であったから、新共和国に対する揺さぶりを続けた。ガリバルディも王の怠惰に不満があり、冷遇に苛立ってもいた。彼が教皇領の奪回を意図したのはこのときである。

教皇領の奪回は世界中のカトリック教徒から不審の目で見られており、ナポレオン3世もフランス軍をローマに駐留させることによって、教皇領のイタリアからの独立を保証していた。1862年6月、ガリバルディはジェノヴァを出航し、教皇領奪回のための義勇兵を求めてパレルモに上陸した。熱狂的にイタリアの完全統一を望む者たちはすぐに彼の義勇軍に加わり、イタリア本土に向かうべくメッシーナへと向かった。到着したときには彼は2000の兵を率いていたが、駐留軍は王の指示を忠実に守って彼らの通過を禁止した。そのため彼らは南に転進し、カターニアから出航した。ガリバルディはここで「勝者としてローマに入城するか、あるいはその壁の前に倒れるかのどちらかだ」と宣言したという。8月14日にはメーリトに上陸し、一時カラブリアの山々を占領した(アスプロモンテの戦い)。

イタリア政府は、この行動を支援することはもとより承認さえもしなかった。チャルディーニ将軍は義勇軍に対し、パッラヴィチーノ大佐の師団を派遣し、両軍は8月28日に対峙した。王国軍の1人が発砲し、立て続けに一斉射撃が義勇軍を襲った。ガリバルディが義勇兵たちに反撃を禁止したことから戦闘はすぐに終結し、負傷したガリバルディを含む多くの義勇兵が捕虜となった。

政府の汽船で連行されたガリバルディは、名誉ある囚人として収監され、退屈と傷を治すための手術を強要された。彼の軍事行動は失敗に終わった。しかし彼の人気は衰えることはなかった。傷が治り健康が回復すると、カプレーラ島に帰ることも許された。

統一後の戦い[編集]

ベッツェッカの戦い
ガリバルディ一族

南北戦争勃発に際し、ガリバルディはアメリカ大統領エイブラハム・リンカーンより、自由主義を奉じる北軍の司令官に加わるよう依頼された。ガリバルディは「奴隷の即時解放」を条件に了承したが、開戦初期の時点では農業問題から北部もまた奴隷解放には慎重な姿勢を取っており、リンカーンはガリバルディへの司令官打診を断念した[7]。1864年、かつて立ち寄ったイギリスを再訪し、ロンドンで再び民衆からの歓迎を受けた[8]。次いでイギリスのヘンリー・ジョン・テンプル首相と会談した際、バルカン半島諸国で独立運動を展開する運動家たちを紹介され、彼らを激励すると共に支援を行うための組織結成を模索した。かつての同志マッツィーニの青年ヨーロッパにも通ずる動きだったが、実現までには至らなかった。

1866年、ガリバルディはまたも立ち上がった。ただしこのときはイタリア政府の全面的な支援があった。普墺戦争が勃発し、オーストリアからヴェネツィアを奪回すべくイタリアもプロイセンの同盟国として参戦したからである(第三次イタリア独立戦争)。ガリバルディは再び“アルプス猟兵隊”を招集する(このときは40000人もの大軍だった)。猟兵隊を引き連れチロルへと進軍したガリバルディは、ベッツェッカの戦いにおいてオーストリア軍を撃破し、トレント近郊に迫った。しかし更なる進撃を準備してオーストリア軍の城砦を占拠している時、王国正規軍はクストーザの戦いリッサ海戦に敗れ、戦線建て直しのために後退するように命じられた。ガリバルディは一言「Obbedisco」(従う)とだけ電文を返して、軍を引き返したという。戦争は北部戦線におけるプロイセン軍の攻勢によって終了し、戦勝国としてヴェネツィア回収に成功した。

1870年普仏戦争が勃発するとフランス軍はローマから撤退した。これに乗じたイタリア軍はローマを中心とした教皇領の奪回に成功し、ここにイタリアの統一は完成する。これに先駆ける形でガリバルディはローマ教皇位の廃止を含めて、領土を私物化するカトリック教会に辛辣な批判をジュネーヴで行っている[9]

また普仏戦争中、フランス第二帝政が崩壊したことをきっかけに、ガリバルディは新たに成立したフランス第三共和制を自由主義の観点から支援し、プロイセン軍に対するイタリア人義勇兵を率いて戦った。イタリア国民の多くと同じく、長年の反仏感情を持つガリバルディは民衆に「私は今までナポレオンの軍を倒せと言ってきたが、今はこう言うべきだろう。フランスの自由を救おう」と演説した[10]。ガリバルディの声の元にイタリア各地から義勇兵が集まり、更にアメリカ、スペイン、イギリス、ポーランドからも義勇兵がガリバルディの元に集った。彼らは両軍から「ヴォージュ軍」と呼ばれ、プロイセン軍を寡兵にて破って精強な外人部隊と評価された。ヴォージュ軍は脆弱なフランス軍とは異なり、苦戦を強いられながらも一度もプロイセン軍に敗北しなかった。この縁から、後にフランス外人部隊にガリバルディ家の末裔が指揮するイタリア人義勇兵旅団「ガリバルディ」が結成され、第一次世界大戦で戦果を挙げている。

余生[編集]

ガリバルディは晩年をカプレーラ島にて過ごした。たびたび王国や議会から受勲や議席が与えられたが、彼は全てを拒んで隠居生活を送った。唯一、ラツィオ地方での干拓計画に関してだけ公式な行動を行っていた。また1879年からは普通選挙の施行を求めた運動にも関わりを見せた。病の悪化に苦しめられながらも、カラブリアやシチリア島を旅行するなど生粋の旅人としての気質も残っていた。1882年6月2日、カプレーラ島の別荘で、75歳のガリバルディは一族に見守られながら亡くなった。彼は臨終の際、ベッドをエメラルド色とサファイア色の海の見える場所へと移すように頼んだという。

遺言で質素な家族葬を行うように言い残したが、政府は盛大な国葬を行った上でカプレーラ島に埋葬した。

評価[編集]

その活躍からイタリアでは国民的な英雄として人気がある。イタリアの町ではガリバルディの銅像や彼の名を冠した「ガリバルディ通り」、「ガリバルディ広場」などが数多く見受けられる。

ガリバルディの銅像がある街
ガリバルディ通りのある街
ガリバルディ広場のある街

関連項目[編集]

空母ジュゼッペ・ガリバルディ

ガリバルディの名前に由来して名付けられたイタリア海軍の軍艦が2隻存在している。

文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ He is considered an Italian national hero Garibaldi, Giuseppe (1807-1882) - Encyclopedia of 1848 Revolutions
  2. ^ G. M. Trevelyan,Garibaldi's Defence of the Roman Republic, Longmans, London (1907) p. 227
  3. ^ Jackson, Kenneth T. (1995). The Encyclopedia of New York City. The New York Historical Society and Yale University Press. pp. 451
  4. ^ 1852-53 - As a "citizen of Peru," he captains a clipper to the far east, returning to Lima via Australia and New Zealand. - Life and Times of Giuseppe Garibaldi - The Reformation Online
  5. ^ Full text of "Autobiography of Giuseppe Garibaldi" "we parsed through Bass's Strait, between Australia and Van Diemen's Land. Touching at one of the Hunter lslands, to take in water, we found small farm, lately deserted by an Englishman and hia wife, on the death of his partner. Thus information we obtained from a board erected on the settler's grave, which set forth in brief the history of the little colony. " The husband and wifis," said the inscription, " unable to bear the loneliness of the desert island, left it, and returned to Van Diemen." - The Internet Archive
  6. ^ Ships, Strikes and Keelmen: Glimpses of North-Eastern Social History - David Bell, 2001 ISBN 1901237265
  7. ^ Carroll, Rory (2000年2月8日). “Garibaldi asked by Lincoln to run army”. The Guardian (Guardian News and Media Limited). http://www.guardian.co.uk/world/2000/feb/08/rorycarroll 2008年6月3日閲覧。 
  8. ^ Diamond, Michael (2003). Victorian Sensation. Anthem Press. pp. 50–53. ISBN 1-84331-150-X. 
  9. ^ Giuseppe Guerzoni, Garibaldi: con documenti editi e inediti, Florence, 1882, Vol. 11, 485.
  10. ^ Ridley, p. 602