ダニエーレ・マニン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
DanieleManin1865.jpg

ダニエーレ・マニン(Daniele Manin, 1804年5月13日 - 1857年9月22日)は、弁護士で、ヴェネツィア政治家イタリアの愛国者。1848年革命により独立を宣言したヴェネツィア臨時政府の大統領。

ヴェネツィア共和国最後のドージェであるルドヴィーコ・マニンと同じ姓だが、血の繋がりはない。父方はユダヤ系で、本来の苗字はフォンセカ(Fonseca)だったが、1759年にキリスト教に改宗した際の名づけ親(この人物はルドヴィーコ・マニンの親戚であった)の姓からマニン姓とした。

1848年革命の影響下、3月にロンバルド=ヴェネト王国オーストリア)に対する蜂起を行い、ヴェネツィア臨時政府(ヴェネト共和国、サン・マルコ共和国)の大統領に就任。市を包囲されていた間彼は、その知性、勇気、力を見せた。翌1849年8月に降伏。

その後、パリに住みイタリア語を教えながら、愛国心を持ちつづけた。1857年8月1日国民協会(Società nazionale)の設立を行ったが、イタリア統一を見ずに同年死去した。

彼の息子ジョルジョ(Giorgio, 1831年-1884年)も愛国者となり、ガリバルディ千人隊の一人となった。

伝記[編集]

  • A. Errera, Vita di D. Manin (ヴェネツィア, 1872年)
  • P. de la Farge, Documents, &c., de D. Manin (パリ, 1860年)
  • Henri Martin, D. Manin (パリ, 1859年)
  • V. Marchesi, Settant' anni della storia di Venezia (トリノ)
  • Contessa Martinengo Cesaresco Italian Characters (ロンドン, 1901年)