千人隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

千人隊(せんにんたい、La Spedizione dei Mille)は、ジュゼッペ・ガリバルディ率いる義勇軍からなる私設軍団で、イタリア統一運動期のイタリアにおいて活躍した。

1860年両シチリア王国を征服し、征服地をサルデーニャヴィットーリオ・エマヌエーレ2世に献上し、イタリアをイタリア王国統一に導いた。この名前は構成人数が約千人だったことによる(実際1089人居たと言われる)。赤いシャツ(原型はガリバルディが経営していた精肉会社のユニフォームといわれる)を目印としたことから「赤シャツ隊」「赤シャツ千人隊」とも呼ばれる。

後にムッソリーニがこれを真似て「黒シャツ隊」を作った。

関連項目[編集]

執筆の途中です この「千人隊」は、イタリア歴史関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア