コロラド党 (ウルグアイ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウルグアイの旗 ウルグアイの政党
コロラド党
Partido Colorado
Flag of Colorado Party (Uruguay).svg
党旗
党首 ペドロ・ボルタベリー・エラン
成立年月日 1836年9月19日
本部所在地 ウルグアイの旗 ウルグアイモンテビデオ
政治的思想・立場 自由主義
共和主義[1]
社会民主主義
社会自由主義
第三の道[2]
公式サイト www.partidocolorado.com.uy
国際組織 ラテンアメリカ常任政党協議
テンプレートを表示

コロラド党(コロラドとう、Partido Colorado)は、ウルグアイの政党であり、2004年の選挙で拡大戦線が勝利するまでは伝統的なウルグアイの二大政党制の一角を保ってきた。コロラドは赤を意味する。自由主義者社会民主主義者の党であり、モンテビデオの都市民を支持層にして成立した。19世紀においては親ブラジル派、親英仏派であり、バルトロメ・ミトレスペイン語版英語版が台頭するまで親アルゼンチン派だったブランコ党としばしば内戦を繰り返した。このような政治対立が内戦に発展するのが解消するにはホセ・バッジェ・イ・オルドーニェスの改革を待たなければならなかった。

歴史[編集]

19世紀半ばから20世紀を通してウルグアイの与党であり、1958年の選挙でブランコ党に負けるまでの1865年から1959年までがコロラド党政権だった。

初代大統領のフルクトゥオソ・リベラスペイン語版英語版や、ブラジルの支援で政権を獲得し、三国同盟戦争を戦ったベナンシオ・フロレススペイン語版英語版、ウルグアイを大改革したホセ・バッジェ・イ・オルドーニェス、軍にトゥパマロスの鎮圧を任せて政権を奪われたフアン・マリーア・ボルダベリー、民政復帰を印象付けたフリオ・マリア・サンギネッティなどがこの党の出身である。

脚注[編集]


関連項目[編集]