テヴェレ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テヴェル川
TevereCastello-PonteSantAngelo.JPG
テヴェレ川とサンタンジェロ城
延長 405 km
水源の標高 1,268 m
平均流量 230 /s
流域面積 17,374.996 km²
水源 フマイオーロ山
河口・合流先 ティレニア海
流域 イタリアの旗 イタリア
テンプレートを表示
テヴェレ川の流路

テヴェレ川(Tevere)は、イタリアで3番目に長いエミリア・ロマーニャ州アペニン山脈からトスカーナ州ウンブリア州を経由し、ラツィオ州ティレニア海に注いでいる。流域面積は17,374.996km²でイタリアで2番目である。

ローマ市内を流れていることで有名な河川で、中州にはティベリーナ島(Tiberina、面積2.4km²)がある。

古代ローマ時代には「澄んでない川」を語源とするティベリス川Tiberis flumen ラテン語)と呼ばれていた。日本語では、西欧諸語経由などで表記のゆれが激しく、イタリア語(Tevere)経由によるテーヴェレ川テベレ川英語(Tiber)経由によるティベル川タイバー川チベル川など、さまざまな表記がある。

ローマ皇帝ティベリウスなど古代ローマ時代の男性個人名「ティベリウス」や、イタリア人の個人名「ティベリオ」は、この川の名前に由来している。

伝説では、ローマの創始者であるロムルスも双子の弟レムスと共にこの川に流された事になっている。

テヴェレ川はモンテ・フマイオーロの近隣にある二つの泉を水源としている。水源の周辺にはブナ林が広がっている。ベニート・ムッソリーニは、1930年代に、その水源とされる場所に、頂点に鷲が象られた、大理石で作られた古風なローマ様式の柱を立てた。その柱には、ここがテヴェレの生まれた場所であるという意味の文字が刻まれている。

また、尖角状三角州を河口に形成している事でも有名である。

ティベリーナ島[編集]

川に降りる階段

テヴェレ川唯一の中洲には、ティベリーナ島がある。

関連項目[編集]