タガンログ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タガンログタガンロークロシア語:Таганрогタガンロークラテン文字転写の例:Taganrog)は、ロシア連邦ロストフ州都市である。黒海の北部、アゾフ海タガンログ湾に面する。北緯47度13分、東経38度55分。人口は279,500人(2005年)。ロストフ・ナ・ドヌから西に約70km。

チェーホフの生家

アントン・チェーホフの生地としても知られ、今でもチェーホフの生家が残されている。

ロシア南部の重要な産業の中心である。イロヴァイスクとロストフ・ナ・ドヌを結ぶ鉄道が通る。タガンログの港では金属、石炭、穀物、石油製品などが扱われている。自動車製造も盛ん。そのほか、金属加工、化学工業、皮革加工、食品加工などの工場がある。

高等教育機関に、タガンログ無線工学大学、タガンログ国立教育大学がある。

歴史[編集]

ピョートル大帝の像

1698年ピョートル大帝によって開かれ、ロシア艦隊の最初の基地がつくられた。その時代、アゾフ海オスマン帝国との角逐の場であった。1710年には再びオスマン帝国軍がロシア軍を包囲したため、1711年、ピョートル大帝はタガンログを破壊し、放棄した。以後の50年間、町は廃墟となった。

1769年にロシア軍がタガンログを取り戻し、1774年キュチュク・カイナルジ条約によって正式にオスマン帝国より割譲された。都市はエカテリーナ2世によって復興され、その際に多くのギリシア人が住み着いた。そのなかには作曲家アキレス・アルフェラキらがいた。

1825年11月、皇后の保養旅行中であった皇帝アレクサンドル1世が、この地で急死した。

1853年に勃発したクリミア戦争に際し、1855年5月21日に英仏軍の艦隊がタガンログ港を攻撃した。英仏軍は町の明け渡しを迫ったが、市長がそれを拒んだ。そのため英仏軍は市街を破壊して部隊を上陸させたが、ドン・コサック軍が撃退する。その後、幾度も英仏軍は町の征服を試みたが成功しなかった。

19世紀には交易の中心地となり、その時代のイタリア人ギリシア人の商人の豪奢な邸宅が今も残っている。

第2次世界大戦では、1941年から2年間にわたってまでナチス・ドイツ軍に占領され、町は大きく破壊された。1943年8月30日赤軍によって解放された。

タガンログ生まれの人々[編集]

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]