アレクサンドル・コイレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アレクサンドル・コイレ(Alexandre Koyré, 1892年8月29日 - 1964年4月28日)はロシア出身でフランスなどで活動した哲学者科学史家。

生涯[編集]

ロシア南部の黒海沿いのタガンログで生まれた。家族はユダヤ系であった。1908年にドイツゲッティンゲンにわたり、ゲッティンゲン大学エトムント・フッサールダフィット・ヒルベルトの下で勉強していたが、フッサールが彼の論文に賛成しなかったため、パリ大学に行きアンリ・ベルクソンレオン・ブランシュヴィックに指導を受けた。1923年に学位取得、1922年から1930年にかけてパリの高等研究所講師を務めた。この時期には同じ職場において、哲学者で著名なヘーゲル研究者だったアレクサンドル・コジェーヴと出会っている。

1930年 - 1931年モンペリエ大学講師を経て、1931年にパリの高等研究所宗教科学部門の研究主任となった。1940年から1945年の間はアメリカ合衆国に亡命していた。1956年以降プリンストン高等研究所研究員、1958年以降は没するまで、パリの科学技術史中央研究所所長を勤めた。1961年にジョージ・サートン賞を受賞した。

弟子のチャールズ・C・ギリスピーの科学史論集『科学というプロフェッションの出現』に、コイレについての回想論説がある(「第2部 科学史の探究者たち」島尾永康訳、みすず書房、2011年)。

日本語訳[編集]