レオン・ブランシュヴィック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レオン・ブランシュヴィックLeon Brunschvicg, 1869年11月10日 -1944年2月2日)は、ユダヤ系のフランス合理主義的な数理哲学者。

生涯[編集]

思想[編集]

ブランシュヴィックはメイエルソンとともに20世紀フランス科学哲学の起源で、新カント派ナトルプの科学的認識論に影響を受けた。

影響[編集]

ジャンケレヴィッチの師であり、バシュラールカヴァイエスメルロ・ポンティカンギレムなどに強い影響力を持つ。

業績[編集]

パスカル全集のブランシュヴィック版は彼の編集によるもの。

ポール・ニザンに「ソルボンヌの番犬」と呼ばれた。

著作[編集]

  • Spinoza (1894)
    • 『スピノザ』
  • Les etapes de la philosophie mathematique (1912)
    • 『数理哲学の諸段階』
  • L'Experience humaine et la causalite physique (1922)
    • 『人間的経験と物理的因果性』
  • Le progres de la conscience dans la philosophie occedentale(1927)
    • 『西洋哲学における意識の進歩』
  • Les ages de l'intelligence (1934)
    • 『知性の各時代』
  • Descartes et Pascal : Lecteurs de Montaigne (1942)
    • 『デカルトとパスカル──モンテーニュの読者』

外部リンク[編集]