パウル・ナトルプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Paul Natorp.jpg

パウル・ナトルプPaul Gerhard Natorp, 1854年1月24日 - 1924年8月17日 )は、ドイツ哲学者

デュッセルドルフ生まれ。マールブルク大学の教授を務めた。コーエンとともに、新カント派マールブルク学派を形成。

科学の認識論的基礎付け、プラトンイデア論に基く哲学、意志とイデアの陶冶による社会的教育学を説いた。

弟子にガダマーハルトマン またブランシュヴィックはナトルプの科学の認識論基礎付けに影響を受けた。

生前の彼の全蔵書は『ナトルプ文庫』として成城大学図書館が所蔵している。

  • ナトルプの言葉:「人間は、人間的社会によってのみ人間になる」

著作[編集]

  • Sozialpadagogik(1899)
  • Platos Ideenlehre (1903)
    • 『プラトンのイデア論』
  • Pestalozzi : Sein Leben und Seine Ideen(1909)
  • Die logischen Grundlagen der exakten Wissenschaften (1910)
    • 『精密科学の論理的基礎』
  • Philosophie : ihr Problem und ihre Probleme (1911)
    • 『哲学──問題と諸問題』
  • Allgemeine Psychologie nach kritischer Methode (1912)
    • 『普遍心理学』
  • Sozialidealismus (1920)