ジョルジュ・カンギレム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョルジュ・カンギレムGeorges Canguilhem, 1904年6月4日 - 1995年9月11日)はフランス科学哲学研究者。

人物・経歴[編集]

1904年、フランス南部の町、カステルノダリーの上流農家に生まれる。パリリセアランに教えをうける。リセ卒業後、高等師範学校に入学。同級生にサルトルポール・ニザンレーモン・アロンらがいる。

1929年からリセの教員となる。トゥールーズで教えている時に医学の勉強を始める。1955年、哲学博士論文を提出。バシュラールの後任としてソルボンヌ大学の教授、国立科学研究センター所長となる。フランスの科学哲学学界を長らくリードした。

研究・業績[編集]

元来の医学への関心が、医学の基礎を問う方向へと向かい、歴史的、哲学的なアプローチを土台に据え、バシュラールの認識論的な科学史の道に進んだ。

たとえば、バシュラール流の認識論の立場から生物学を根本的に問い直し、生命を物理的、化学的現象に還元する機械論を徹底的に批判しつつ、正常と異常(病理)の概念を「生命に内在する規範」をもとに定義し直した。

こうした系譜学的視点は、ミシェル・フーコーポール・ラビノーに発展的に引き継がれている。

著書[編集]

  • 1943, Essai sur quelques problèmes concernant le normal et le pathologique.
  • 1952, La connaissance de la vie.
杉山吉弘訳『生命の認識』(法政大学出版局, 2002年)
  • 1955, La formation du concept de réflexe aux XVII et XVIII siècles.
金森修訳『反射概念の形成―デカルト的生理学の淵源』(法政大学出版局, 1988年)
  • 1962, Du développement à l’évolution au XIX siècle.
  • 1966, Le normal et le pathologique, augmenté de Nouvelles réflexions concernant le normal et le pathologique (1943年の改題新版).
滝沢武久訳『正常と病理』(法政大学出版局, 1987年)
  • 1968, Etudes d’histoire et de philosophie des sciences.
金森修訳『科学史・科学哲学研究』(法政大学出版局, 1991年)
  • 1974, Vie et Régulation, articles contributed to Encyclopaedia Universalis.
  • 1977, Idéologie et rationalité dans l’histoire des sciences de la vie.
杉山吉弘訳『生命科学の歴史―イデオロギーと合理性』(法政大学出版局, 2006年)
  • 1988, La santé, concept vulgaire et question philosophique.

文献情報[編集]

  • 金森修『フランス科学認識論の系譜』勁草書房、 1994
  • 本多英太郎「科学史と哲学 : ジョルジュ・カンギレムの科学哲学I」、『紀要. 言語・文学編』第36巻、愛知県立大学、2004年3月30日、 107-131頁、 NAID 110004029459
  • 「病気の作り方」山口裕之(徳島大学総合科学部2009年度共通科目「科学と人間」7月10日レジュメ)[1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]