エミール=オーギュスト・シャルティエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エミール=オーギュスト・シャルティエ
ペンネーム アラン(Alain)
誕生 Emile-Auguste Chartier
1868年3月3日
フランスの旗 フランス帝国ノルマンディーモルターニュ=オー=ペルシュ
死没 1951年6月2日(満83歳没)
フランスの旗 フランスル・ヴェジネ
墓地 ペール・ラシェーズ墓地
職業 哲学者評論家モラリスト
最終学歴 エコール・ノルマル・シュペリウール
ジャンル 美学哲学政治学教育学
代表作 幸福論 (アラン)フランス語版』(1925年
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
アランが影響を受けたジュール・ラニョーフランス語版
アランの影響を受けたアンドレ・モーロワ

アランAlain)ことエミール=オーギュスト・シャルティエフランス語:Emile-Auguste Chartier1868年3月3日 - 1951年6月2日)は、フランス帝国フランス第二帝政ノルマンディーモルターニュ=オー=ペルシュ出身の哲学者評論家モラリスト[2][3][4]

ペンネームアランは、フランス中世の詩人作家であるアラン・シャルティエ英語版に由来する[5][6]

1925年に著された『幸福論 (アラン)フランス語版』で名高いが、哲学者や評論家としても活動し、アンリ・ベルクソンポール・ヴァレリーと並んで[7]合理的ヒューマニズムの思想は20世紀前半フランスの思想に大きな影響を与えた[8]

体系化を嫌い、具体的な物を目の前にして語ろうとしたのがアランの手法で[9]理性主義の立場から芸術、道徳、教育などの様々な問題を論じた[2]。フランス文学者の桑原武夫は「アランの一生は優れた「教師」の一生であったと言えよう」と評している[10]。また、アランの弟子で同国出身の小説家、評論家であるアンドレ・モーロワ1949年にアランの伝記や教えをまとめた『アラン(Alain)』の中で、アランを「現代のソクラテス」と評している[11]

生涯[編集]

1868年3月3日、フランス帝国ノルマンディー地方(現:オルヌ県モルターニュ=オー=ペルシュ)に生まれる。リセ・ミシュレフランス語版エコール・ノルマル・シュペリウール入学し、哲学専攻した[10]。学生時代、哲学の面ではイマヌエル・カントゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルバールーフ・デ・スピノザアリストテレスプラトンなどの影響を受け[12]、文学の面ではオノレ・ド・バルザックスタンダールを好んで読み[5]批評の面ではシャルル=オーギュスタン・サント=ブーヴエルネスト・ルナンフェルナン・ブリュンティエール英語版の影響を受けた。特にリセ・ミシュレで教師を務めていた合理主義哲学の立場を取ったジュール・ラニョーフランス語版の講義を受け、後々まで大きな影響を受けた[12]

卒業後ポンティヴィロリアンルーアンに位置するコルネイユ高等学校などのリセで教師を務めた。1909年からアンリ4世高等学校英語版に哲学を教える教師として務めた[10]。なおコルネイユ高等学校の教え子に同国出身の評論家アンドレ・モーロワが居た。モーロワは、後にアランの伝記・教えをまとめ『アラン(Alain)』を1949年に出版[13]。モーロワ『アラン』によると、アランは「偉大な書物の中には必ず哲学がある」との信念に基づき、ホメロスやオノレ・ド・バルザックの本を読ませたと言う記述がある[5]。過去の偉大な哲学者達の思想とアラン独自の思想を絡み合わせた哲学講義は学生に絶大な支持を受け、レイモン・アロンジョルジュ・カンギレムシモーヌ・ヴェイユジュリアン・グラックなどの学者を輩出した。

ドレフュス事件に関する文を著したのがアラン最初のジャーナリストの経験で急進主義的な文章を著した[11]。アランと言うペンネームを持ち始めたのはルーアンで教師を務めていた1903年頃で、アラン名義でルーアンの『デペーシュ・ド・ルーアン (Dépêche de Rouen)』紙に週に一回、文学美学教育政治に関する短いエッセイ形式のコラム「プロポ (propos)」を寄稿し始め、このコラムによって文名を博した[6]

第一次世界大戦が始まると46歳で自ら願い出て志願兵となり、戦争の愚劣さを体験するために好んで危険な前線に従軍した[11]。戦争が終わり、除隊後の1921年に戦時中体験した出来事を綴った『マルス、または裁かれた戦争(Mars ou la guerre jugée)』を著したが、愛国者の怒りを買った[5][9]。再びアンリ4世高等学校に戻り、1933年頃まで教師を務めた。また、1937年出版された『大戦の思い出(Souvenirs de guerre)』も『マルス、または裁かれた戦争』と同じく戦時中体験した出来事を綴った本である。なお1920年に出版された『芸術論』は戦時中に草稿が書かれた[12]

教師を退職した後は、1951年6月2日に亡くなるまで執筆活動を続けた。フランスのル・ヴェジネにて83歳で没した。

業績[編集]

1920年に著された『芸術論集』に於いて芸術霊感説を否定し、芸術とは理性意志とが素材を克服し、想像力に統制を加える事だと考えた[10]。また、著書『イデー』に於いてデカルトについて「心身問題については今もなおデカルト以上に優れた教師は見当たらぬ」と評している[14]。冒頭で書いた通り、アランは新しい哲学体系などの体系化を嫌い、過去の哲学者や思想家の優れた意見の特色を示し、人間理性の良識としての高貴さを評価した。アランの人生哲学はプラグマティズムの思想とは異なり、「良く判断することは善く行為することである」として人間は自身が強く意志することによってのみ救われると言ったオプティミズムで貫かれていると考えた[10]

著作(主著)[編集]

訳書一覧[編集]

  • 『散文論』桑原武夫訳 作品社 1933
  • 『精神と情熱とに関する八十一章』小林秀雄訳 創元社 1936 のち角川文庫
  • 『教育論』水野成夫浅野晃共訳 創元社 1938
    • 『教育論』水野成夫・矢島剛一共訳 酣灯社 1949
  • 『スタンダアル』大岡昇平訳 創元社 1939
  • 『大戦の思い出』岡倉正雄訳 鱒書房 1939
  • 『文学語録』片山敏彦訳 創元社 1939
    • 『文学論』片山敏彦訳 創元社 1950 のち新潮文庫
  • 『幸福論』石川湧訳 万里閣 1940 のち角川文庫
    • 『幸福論』松平斉光訳 三笠文庫 1953
    • 『幸福論』宗左近訳 社会思想社・現代教養文庫 1965
    • 『幸福論』大木健訳 評論社 1972
    • 『幸福論』白井健三郎訳 集英社文庫 1991。ほかに「世界教養全集 5」平凡社 1961、旺文社文庫で刊
    • 『幸福論』神谷幹夫訳 岩波文庫 1998
    • 『幸福論』村井章子訳 日経BP 2014
    • 『アランの幸福論』齋藤慎子訳 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2007
    • 『絵本アランの幸福論』合田正人訳 PHPエディターズ・グループ 2012
    • 『よくわかるアランの幸福論』上之二郎訳 笠倉出版社 2012
  • 『バルザック』小西茂也訳 創元社 1940 
  • 『芸術論集』桑原武夫訳 岩波書店 1941
    • 『諸芸術の体系』岩波書店(改訳) 1978
  • 『人間論』鈴木清訳 白水社 1941
  • 『信仰についての談話』松浪信三郎訳 青山出版社 1942。のち「信仰について」角川文庫 1962
    • 『宗教論』松浪信三郎訳 角川書店 1950
  • 『情念について』小西茂也訳 白水社 1942
  • 『知慧について』岡倉正雄訳 日本出版社 1943
  • 『デカルト』桑原武夫・野田又夫訳 筑摩書房 1944
    • 『デカルト』 みすず書房(改訳) 1971、新版1998
  • 『わが思索のあと』森有正訳 筑摩書房 1944、思索社 1949
  • 『アラン 家族の感情』串田孫一ほか訳 風間書房 1946
  • 『プラトンに関する十一章』武者小路実光訳 日本社 1948
    • 『プラトンに関する十一章』森進一訳 筑摩叢書 1988/ちくま学芸文庫 2010
  • 『思想 哲学入門 第1 (プラトン・デカルト)』吉田秀和訳 アルス 1949
  • 『哲学入門 思想 下 (ヘエゲル・コント)』吉田秀和訳 アルス 1951
  • 『暴力の敗退』武者小路実光訳 創元社 1949
  • 『マルス 裁かれた戦争』加藤昇一郎・串田孫一訳 思索社 1950
  • 『芸術二十講』市原豊太吉川逸治訳 河出書房 1951
  • 『海辺の対話 悟性の探求』原亨吉訳 角川文庫 1953
  • 『音楽家訪問』古賀照一訳 ダヴィッド社 1954
    • 『音楽家訪問 ベートーヴェンのヴァイオリンソナタ』杉本秀太郎訳 岩波文庫 1980
  • 『思想と年齢』原亨吉訳 角川文庫 1955
  • 『神々』井沢義雄訳 弥生書房 1956、のち新版
  • アラン著作集』白水社 全8巻 1960、新版全10巻 1980-81、復刊1997
    • 1 思索と行動のために 中村雄二郎訳。改訂新版「哲学講義」 2012
    • 2 幸福論 串田孫一・中村雄二郎訳。新版はイデー選書・白水Uブックスほか多数 
    • 3 情念について 古賀照一訳/新版「感情・情念・表徴」
    • 4 人間論 原亨吉訳。のち単行判 2007ほか
    • 5 芸術について 矢内原伊作安藤元雄訳/新版「芸術についての二十講」 安藤元雄訳
    • 6 イデー 哲学入門 渡辺秀訳
    • 7 教育論 八木冕
    • 8 文学折りにふれて 杉本秀太郎訳
    • 9 宗教論 渡辺秀訳
    • 10 わが思索のあと 田島節夫訳(旧版では第8巻)
  • 『人生語録』井沢義雄・杉本秀太郎訳 弥生書房 1960、のち弥生選書
  • 『芸術に関する101章』斎藤正二訳「世界教養全集 12」平凡社 1962
  • 『アラン文学論集』杉本秀太郎訳 白水社 1964。改訳版「著作集8 文学折りにふれて」
    • 『芸術論集、文学のプロポ』 桑原武夫訳/杉本秀太郎訳 中公クラシックス 2002。抜粋訳
  • 『アラン人生論集』串田孫一編 白水社 1968、新装復刊1996。著作集からの抜粋編訳
  • 『彫刻家との対話』杉本秀太郎訳 弥生書房 1970、改版1988
  • 『考えるために』仲沢紀雄訳 小沢書店 1978
  • 『アラン 経済随筆』橋田和道訳 筑摩書房 1980
  • 『ラニョーの思い出』中村弘訳 筑摩書房 1980
  • 『児童教育論』松島鈞訳 明治図書出版〈世界教育学選集〉 1981
  • 『アランの「エチュード」』高村昌憲訳 創新社 1984
  • 『裁かれた戦争』白井成雄訳 小沢書店 1986
  • 『定義集』森有正訳、所雄章編 みすず書房 1988
    • 『定義集』神谷幹夫訳 岩波文庫 2003
  • 『スピノザに倣いて』神谷幹夫訳 平凡社 1994
  • 『アラン 教育随筆』橋田和道訳 論創社 1999
  • 『プロポ 1』 山崎庸一郎訳 みすず書房 2000。1906-1924の全138篇
  • 『プロポ 2』 みすず書房 2003。1925-1936の全130篇
  • 『四季をめぐる51のプロポ』神谷幹夫編訳 岩波文庫 2002
  • 『アラン、カントについて書く』神谷幹夫編訳 知泉書館 2003
  • 『アラン 芸術について』山崎庸一郎編訳 みすず書房〈大人の本棚〉 2004
  • 『アラン初期プロポ集 propos 1906-1914』高村昌憲訳 土曜美術社出版販売 2005
  • 『芸術の体系』長谷川宏訳 光文社古典新訳文庫 2008
  • 『小さな哲学史』橋本由美子訳 みすず書房 2008
  • 『芸術論20講』長谷川宏訳 光文社古典新訳文庫 2015.1

脚注[編集]

  1. ^ 順不同。なおフランスの哲学者、文学史家のイポリット・テーヌは後にアランより軽蔑された。
  2. ^ a b 広辞苑第六版ではアランの項目に人生哲学者、モラリストと記述されている(p97)。
  3. ^ 岩波小辞典 哲学 1965, p. 3.
  4. ^ 哲学研究者の所雄章は『岩波 哲学・思想事典』(廣松渉子安宣邦三島憲一宮本久雄佐々木力野家啓一末木文美士編集、1998年刊行)にて「哲学者というよりは「モラリスト」」と説明がなされてある。
  5. ^ a b c d 万有百科大事典 1 文学 1973, p. 25.
  6. ^ a b 大日本百科事典 1967, p. 497.
  7. ^ アランとは - コトバンク、2014年4月16日閲覧。
  8. ^ グランド現代百科事典 1983, p. 55.
  9. ^ a b 万有百科大事典 4 哲学・宗教 1974, p. 15.
  10. ^ a b c d e 世界大百科事典 1972, p. 466.
  11. ^ a b c 世界文化大百科事典 1971, p. 217.
  12. ^ a b c 新潮 世界文学小辞典 1971, p. 33.
  13. ^ 訳書は佐貫健訳でみすず書房(初版1964年、新版1979年ほか)
  14. ^ 野田 1983, p. 162.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]