カステルノーダリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Castelnaudary
Blason castelnaudary.svg

Castelnaudary bassin canal.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ラングドック=ルシヨン地域圏Blason région fr Languedoc-Roussillon.svg
(département) オード県
(arrondissement) カルカソンヌ郡
小郡 (canton) カステルノーダリ小郡
INSEEコード 11076
郵便番号 11400
市長任期 パトリック・モガール
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) Communauté de communes de Castelnaudary et du Bassin lauraguais
人口動態
人口 11 308人
2007年
人口密度 237人/km²
住民の呼称 Chauriens
地理
座標 北緯43度19分09秒 東経1度57分16秒 / 北緯43.3191666667度 東経1.95444444444度 / 43.3191666667; 1.95444444444座標: 北緯43度19分09秒 東経1度57分16秒 / 北緯43.3191666667度 東経1.95444444444度 / 43.3191666667; 1.95444444444
標高 平均:m
最低:145m
最高:215m
面積 47.72km² (4 772ha)
Castelnaudaryの位置(フランス内)
Castelnaudary
Castelnaudary
公式サイト Site officiel de la ville
テンプレートを表示

カステルノーダリフランス語:Castelnaudaryオック語:Castèlnòu d'Arri)は、フランスラングドック=ルシヨン地域圏オード県コミューン。かつてはカタリ派の牙城であった。現在はミディ運河の主要川港を持つ。

地理[編集]

風車

かつてのローラゲ地方(fr)の中心地で、トゥールーズカルカソンヌの中心に位置する。

歴史[編集]

1103年、château neuf d’AriusまたはCastellum Novum Arriという城の記述が最古のものである。

アルビジョワ十字軍の間、十字軍側の指揮官シモン・ド・モンフォール4世(シモン・ド・モンフォールの父)は、1211年にカステルノーダリ包囲戦を行った際、トゥールーズ伯とフォワ伯が本部を放棄した後占領した。

百年戦争中の1355年10月31日、エドワード黒太子率いるイングランド軍はカステルノーダリを略奪した。彼らは慎重に守りの固い都市を避けて、ボルドーの一部やビスカヤナルボンヌに至るまでを大混乱に陥れた。都市は荒らされ破壊されつくされ、住民は虐殺された。

経済[編集]

食品製造、農産品加工が盛んである。

文化[編集]

カステルノーダリのカスレ

カスレ発祥の地として知られる(トゥールーズやカルカソンヌとともに、発祥の地であると争っている)。

交通[編集]

  • 道路 - A61
  • 鉄道 - TGVTéozTER。カステルノーダリ駅