シモン・ド・モンフォール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シモン・ド・モンフォール
シモン・ド・モンフォールの紋章

シモン・ド・モンフォール(Simon de Montfort, 6th Earl of Leicester , 1208年 - 1265年8月4日)は、イングランド貴族(第6代レスター伯)。イングランドの議会制度の基礎を作り上げた人物として有名で、不当な権力に反抗する不屈の闘士として、イングランドでは英雄視されている。

シモンの父はフランスノルマンディー出身の名門貴族でありアルビジョア十字軍で活躍した、彼と同名のシモン・ド・モンフォール4世(第5代レスター伯)である。

シモンは1230年にイングランドに渡って、1239年レスター伯となった。はじめはヘンリー3世の寵臣として重用され、その妹エリナーを妻として与えられるほどであったが、1248年フランスガスコーニュにおける統治に失敗してヘンリー3世の信頼を失い、対立するようになる。

シモンはヘンリー3世が失政を続けるのを見て、ヘンリー3世に反発する貴族を糾合して挙兵し、1258年に王権制限と貴族による国政監督組織を作ることを定めたオックスフォード条項を認めさせた。しかし1261年、力を盛り返したヘンリー3世がこの条例を一方的に破棄して再び王権強化を図ったため、1263年にシモンは再び挙兵(第2次バロン戦争)して、1265年にはヘンリー3世とその弟コーンウォール伯リチャードを捕らえて戦いに勝利し、イングランドの実権を握るにいたった。そして、イングランドの諸侯や聖職者、騎士から都市の代表などによる議会を召集して政治改革を行なおうとした。

これが、現在におけるイギリス議会の基礎となったのである。しかしシモンが召集した議会は寄せ集めに過ぎず、貴族の一部からシモンに権力が集中することを恐れた一派がヘンリー3世の子・エドワード1世と通じて反乱を起こしたため、シモンはこの鎮圧に向かったが、イーヴシャムの戦いでエドワード1世の反撃を受けて戦死したのである。

なお、コーンウォール伯リチャードの息子を暗殺したのはシモンの遺族の差し金であったと言われている。