レスター伯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レスター伯 (Earl of Leicester)は、イギリスの伯爵位。12世紀にイングランド貴族の伯爵位として創設されたが、1837年の創設以降は連合王国貴族としての伯爵位となっている。

初期の創設[編集]

レスター伯ロバート・ダドリー

レスター伯位の初めはロバート・ド・ボーモンである。彼はフランスの伯位であるムーラン伯の爵位を名乗ることが多かったが、彼の3代後のロバートはレスター伯位を名乗った。4代レスター伯ロバートでボーモン家の男系子孫が断絶し、彼の遺領は二人の姉妹に分けられ、年長の姉妹の息子であるシモン4世・ド・モンフォールがレスター伯位を継承した(妹の夫シール・ド・クインシーは初代ウィンチェスター伯となった)。しかし、当時はフランスとイギリスの関係が悪化していたため、シモン・ド・モンフォールはレスター伯として正式には認められなかったが、彼の次男のシモン5世は、レスター伯位と所領を改めて継承することができた。彼がヘンリー3世の時代において有名なシモン・ド・モンフォールであり、1265年のイーヴシャムの戦いで戦死した。彼の所領と身分は剥奪され、すぐに王の末子エドマンドに与えられた。

エドマンドの息子であるレスター伯トマスは1322年に反逆の罪で処刑され、伯位を失ったが、数年後彼の弟ヘンリーに返された。ヘンリーの息子ヘンリー・オブ・グロスモントは2人の娘のみを残して死去し、彼の所領は娘たちで分けられた。長女のマティルダにレスター伯位は受け継がれ、彼女の夫バイエルン公ヴィルヘルム1世がレスター伯となった(このような女系を通した伯位の継承は、中世において男性相続人がいない場合に許される相続の典型的な例である)。

しかしマティルダは夫の伯位継承後すぐ死去し、伯位は妹ブランシュの夫であるジョン・オブ・ゴーントに継承され、彼は後にランカスター公となった。公爵位と伯位の両方ともジョンの息子で後のイングランド王ヘンリー4世が継承し、両身分ともヘンリーが王位に就いた時に王位に統合された。レスター伯領は後のランカスター公領の一部となった。その後、レスター伯位はエリザベス1世の寵臣ロバート・ダドリーに与えられた。しかしダドリーは継嗣なく死去し、伯位は空位となったが、伯位は彼の甥ロバート・シドニーのために再び創設された。伯位とともにロバート・シドニーは従属爵位となるリール子爵の位を1605年5月4日に授けられた。シドニー家は1743年に7代伯爵が死去するまで伯位を保持していたが、その後は再び空位となった。伯位はトマス・コークのために再び創設されたが、彼も継嗣なく死去したため、空位となった。

1784年の創設[編集]

レスター伯位は、16代フェラーズ・オブ・チャートレー男爵で8代コンプトン男爵のジョージ・タウンゼントに与えられた。彼は4代タウンゼント子爵で後に初代タウンゼント侯爵となったジョージ・タウンゼントの長男であった。タウンゼントは、1618年創設の2代伯爵の娘ルーシー・シドニーの子孫にあたる。伯位は1855年に彼の息子3代タウンゼント侯ジョージの死により再び空位となった。タウンゼント侯位は彼の従弟に継承され現在も続いている。

1744年および1837年の創設[編集]

初代レスター伯トマス・コーク(1837年創設)
ホーカム・ホール

コーク家は、1613年から1616年まで首席裁判官をつとめた有名な裁判官で政治家のサー・エドワード・コークの子孫である。彼の子孫のトマス・コークは地主で政治家、芸術のパトロンであった。1728年、彼はグレートブリテン貴族としてオックスフォード州ミンスター・ロヴェルのロヴェル男爵となり、1744年にはグレートブリテン貴族のノーフォーク州ホーカムのコーク子爵、そしてレスター伯となった。コークはノーフォークにホーカム・ホールの建設を始めた。また、19代クリフォード男爵マーガレット・タフトン(1700年 - 1775年)と結婚したが、唯一の子であったコーク子爵エドワードが両親に先立って嗣子なく死去した。そのため、レスター伯位は1759年の伯爵の死により空位となり、クリフォード男爵位は1775年のマーガレットの死去により空位となった。

コーク家の所領は最後の伯爵の甥であるウェンマン・コークに継承された。ウェンマンはフィリップ・ロバーツとレスター卿の姉妹アンとの息子であったが、父方のロバーツ姓をすててコーク姓を引き継いだ。彼の息子であるトマス・コークは政治家で著名な農学者であった。「ノーフォークのコーク」として知られ、長年議員をつとめたが、農業発展への貢献で知られており、イギリス農業革命を推進した人物の一人であった。1837年、彼の大伯父の爵位が復活し、連合王国貴族としてのコーク子爵およびレスター伯となった。一方、この時点では1784年に創設されたタウンゼント家のグレートブリテン貴族としてのレスター伯位は存続している。レスター伯位はトマスの二度目の結婚から生まれた長男が継承した。彼は60年間ノーフォーク総督をつとめ、1873年にガーター騎士に叙任された。

1909年の彼の死後、伯位は長男が継承した。彼はスコッツガーズ第二大隊の大佐となり、ノーフォーク総督もつとめた。彼の後は長男が4代伯として継承したが、彼もまたノーフォーク総督をつとめた。彼の息子5代伯はジョージ6世とエリザベス2世の侍従をつとめた。5代伯は男子なく死去し、3代伯の次男アーサー・ジョージ・コークの息子が6代伯となった。現在は6代伯の息子が1994年に7代伯となっている。

邸宅はホーカム・ホールであり、ノーフォークのウェルズ・ネスクト・ザ・シーの近くにある。

歴代伯爵[編集]

第1期(1107年創設)[編集]

  • ロバート・ド・ボーモン (初代レスター伯)(? - 1118年)
  • ロバート・ド・ボーモン (第2代レスター伯)(1104年 - 1168年)
  • ロバート・ド・ボーモン (第3代レスター伯)(? - 1190年)
  • ロバート・ド・ボーモン (第4代レスター伯)(? - 1204年)
  • シモン・ド・モンフォール (第5代レスター伯)(1170年頃 - 1218年、1207年相続)
  • シモン・ド・モンフォール (第6代レスター伯)(1208年 - 1265年剥奪)

第2期(1265年創設)[編集]

  • エドマンド(1245年 - 1296年) 初代ランカスター伯
  • トマス(1280年頃 - 1322年、1322年剥奪) 2代ランカスター伯
  • ヘンリー・プランタジネット(1281年頃 - 1345年) ランカスター伯
  • ヘンリー・オブ・グロスモント(1310年頃 - 1361年) 初代ランカスター公
  • ヴィルヘルム1世(1330年 - 1389年) バイエルン公、妻の権利によりレスター伯継承(1361年 - 1362年)
  • ジョン・オブ・ゴーント(1340年 - 1399年) ランカスター公、1362年より妻の権利によりレスター伯継承
  • ヘンリー4世(1367年 - 1413年) 後のイングランド王

第3期(1364年創設)[編集]

第4期(1618年創設)[編集]

シドニー家の紋章
  • ロバート・シドニー (初代レスター伯)(1563年 - 1626年)
  • ロバート・シドニー (第2代レスター伯)(1595年 - 1677年)
  • フィリップ・シドニー (第3代レスター伯)(1619年 - 1698年)
  • ロバート・シドニー (第4代レスター伯)(1649年 - 1702年)
  • フィリップ・シドニー (第5代レスター伯)(1676年 - 1705年)
  • ジョン・シドニー (第6代レスター伯)(1680年 - 1737年)
  • ジョスリン・シドニー (第7代レスター伯)(1682年 - 1743年)

第5期(1744年創設)[編集]

レスター伯コーク家の紋章
  • トマス・コーク(1697年 - 1759年)

第6期(1784年創設)[編集]

  • ジョージ・タウンゼント (初代レスター伯)(1755年 - 1811年) 2代タウンゼント侯
  • ジョージ・タウンゼント (第2代レスター伯)(1778年 - 1855年) 3代タウンゼント侯

第7期(1837年創設)[編集]

  • トマス・コーク (初代レスター伯)(1754年 - 1842年)
  • トマス・コーク (第2代レスター伯)(1822年 - 1909年)
  • トマス・コーク (第3代レスター伯)(1848年 - 1941年)
  • トマス・コーク (第4代レスター伯)(1880年 - 1949年)
  • トマス・コーク (第5代レスター伯)(1908年 - 1976年)
  • アンソニー・コーク (第6代レスター伯)(1909年 - 1994年)
  • エドワード・コーク (第7代レスター伯)(1936年生)

法定推定相続人は現7代伯爵の息子コーク子爵トマス(1965年生)である。

参考文献[編集]

  • Lords and Earls of Leicester, which appears to have disappeared from the web (as at 16 December 2011)
  • Levi Fox, "The Honor and Earldom of Leicester: Origin and Descent, 1066-1399", English Historical Review, 54 (1939), 385-402
  • Kidd, Charles, Williamson, David (editors). Debrett's Peerage and Baronetage (1990 edition). New York: St Martin's Press, 1990.