ヴィルヘルム1世 (バイエルン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィルヘルム1世

ヴィルヘルム1世(Wilhelm I., 1330年5月12日 - 1389年4月15日)は、14世紀下バイエルン公エノー伯ホラント伯ゼーラント伯でもあった。父は神聖ローマ皇帝ルートヴィヒ4世、母はエノー伯、ホラント伯、ゼーラント伯の相続人マルガレーテ女伯。ルートヴィヒ5世シュテファン2世は異母兄、ルートヴィヒ6世は同母兄、アルブレヒト1世オットー5世は同母弟である。

1347年に父が没し、1349年に遺領が分割された時、ヴィルヘルム1世は異母兄のシュテファン2世と同母弟のアルブレヒト1世と共に下バイエルンを相続した(上バイエルンはルートヴィヒ5世、ルートヴィヒ6世、オットー5世が相続した)。その後、1353年に下バイエルンは更に分割、シュテファン2世はランツフートを獲得、ヴィルヘルム1世とアルブレヒト1世はシュトラウビングの公爵となった。

1350年、母がネーデルラント貴族に擁立されてヴィルヘルム1世と対立、イングランド王エドワード3世の介入もあり内戦が拡大したが、1354年に和睦、母の領土の一部、ホラントとゼーラントを譲り受けたが、残りのエノーは1356年の母の死によって相続した。

しかし、1357年に精神に異常をきたしたため、アルブレヒト1世が政務を代行、ヴィルヘルム1世は1389年に死ぬまで幽閉された。その後、シュトラウビング、ホラント、ゼーラント、エノーはアルブレヒト1世に受け継がれた。

1352年ランカスター公ヘンリー・オブ・グロスモントの長女マティルダ(ジョン・オブ・ゴーントの義姉)と結婚したが、子はなかった。

先代:
ルートヴィヒ4世
バイエルン公
1347年 - 1349年
ルートヴィヒ5世シュテファン2世ルートヴィヒ6世アルブレヒト1世オットー5世と共同統治
次代:
上バイエルンと下バイエルンに分割
先代:
バイエルンから分割
下バイエルン公
1349年 - 1353年
シュテファン2世アルブレヒト1世と共同統治(1353年まで)
次代:
ランツフート、シュトラウビング系に分裂
先代:
下バイエルンから分割
下バイエルン=シュトラウビング
1353年 - 1389年
アルブレヒト1世と共同統治
次代:
アルブレヒト1世
先代:
マルハレタ
ホラント伯ゼーラント伯
1354年 - 1389年
次代:
アルブレヒト1世
先代:
マルガレーテ
エノー伯
1356年 - 1389年
次代:
アルベール1世