ヘンリー4世 (イングランド王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘンリー4世
Henry Ⅳ
イングランド王
King Henry IV from NPG (2).jpg
在位 1399年9月30日 - 1413年3月20日
戴冠 1399年10月13日
出生 1366年4月3日
イングランド王国の旗 イングランド王国リンカンシャー、ボリングブロク城
死去 1413年3月20日 46歳
イングランド王国の旗 イングランド王国ロンドンウェストミンスター修道院長邸
埋葬  
イングランド王国の旗 イングランド王国ケントカンタベリー大聖堂
配偶者 メアリー・ド・ブーン
  ジョーン・オブ・ナヴァール
子女 ヘンリー5世
クラレンス公トマス
ベッドフォード公ジョン
グロスター公ハンフリー
ブランシュ・オブ・イングランド
フィリッパ・オブ・イングランド
王家 ランカスター家
王朝 ランカスター朝
父親 ランカスター公ジョン・オブ・ゴーント
母親 ブランシュ・オブ・ランカスター
テンプレートを表示

ヘンリー4世Henry IV, 1367年4月3日 - 1413年3月20日)は、イングランド国王(在位:1399年 - 1413年)。エドワード3世の第3子ジョン・オブ・ゴーントと初代ランカスター公ヘンリー・オブ・グロスモントの次女ブランシュの長男。リンカンシャーのボリングブロク城で生まれたので、ヘンリー・ボリングブロク(Henry Bolingbroke)とも言われる。即位前はヘリフォード伯、ダービー伯

1380年、ヘリフォード伯ハンフリー・ド・ブーンの次女メアリーと結婚。1390年から1392年にかけてドイツ騎士団リトアニア遠征に加わった。

1398年、従兄のリチャード2世トマス・モウブレーとの諍いを咎められ、パリに追放されて相続権を奪われ、翌年に父が死んで残ったランカスター公領も没収された。1399年7月4日にイングランドに上陸。8月にはアイルランド遠征から帰還途中のリチャード2世をウェールズとの国境で破り、リチャードを逮捕した。9月30日、議会はリチャード2世の廃位とヘンリーの王位継承を議決、ランカスター朝を開いた。

治世の初期、ウェールズでのオウェイン・グレンダウァーOwain Glyndŵr)の反乱や、ノーサンバランド伯ヘンリー・パーシーホットスパー父子の反乱(シュルーズベリーの戦い英語版)などに悩まされたが、長男のハル(ヘンリー5世)らの働きもあって晩年の治世は安定した。

1403年ブルターニュ公ジャン4世の未亡人ジャンヌ・ド・ナヴァール(ジョーン・オブ・ナヴァール)と再婚する。子供はいない。

1406年スコットランドロバート3世の嗣子ジェームズ(後のジェームズ1世)を捕らえ、人質とした。

1407年、父の3度目の夫人キャサリン・スウィンフォードとの間に生まれたジョン・ボーフォートら4人の異母弟妹たちが将来の王位継承の不安材料となるため、「キャサリンの子女の嫡出は認めるが、王位継承の権利は排除する」と改めた。

1413年3月20日、リトアニア遠征の時にかかった伝染性疾患のため、ウェストミンスター・アベイで死去した。

子女[編集]

最初の妻メアリーとの間に5男2女を儲けた。

関連項目[編集]

先代:
リシャール2世
アキテーヌ公
1399年 - 1413年
次代:
アンリ4世