トマス・ボーフォート (エクセター公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エクセター公トマス・ボーフォートの紋章

エクセター公トマス・ボーフォートThomas Beaufort, Duke of Exeter, 1377年頃 - 1426年12月31日頃)は百年戦争期のイングランド軍司令官で、一時イングランド大法官である。

トマスはランカスター公ジョン・オブ・ゴーントと愛妾キャサリン・スウィンフォードとの間に生まれた4人の子供たちのうちの3番目の子であった。最初キャサリン・スウィンフォードの子供たちは嫡出子として認められなかったが、事実上1390年に、正式には1397年に嫡出子として認められた。

政変によって1399年に異母兄ヘンリー4世が即位すると、翌1400年にはガーター勲章を受勲した。その後、彼は様々な軍歴を重ねていく(ラドロー城守(1402年)・北部方面艦隊提督(1403年)・カレー駐屯軍司令官(1407年)・北部および西部方面海域提督(1408年もしくは1409年))。この10年で彼の最大の仕事は1405年の北方の反乱に対する討伐軍の指揮を執った事である。

1410年1月31日、ヘンリー4世の健康問題の悪化に伴って息子ヘンリー(後のヘンリー5世)が実質的に政権を担うと、トマスはイングランド首相に相当する大法官に就任した。この務めを1412年1月5日に終えると、また軍務に戻った。1412年にはドーセット伯に任ぜられた。

1413年ヘンリー5世が即位すると、トマスはアキテーヌ地方の代官に任命され、1415年に陥落させたばかりのアルフルールの駐屯軍司令官に任命された。翌1416年ノルマンディー地方の代官としてノルマンディーで過ごした。同年、エクセター公に叙された。

1417年、国王はまだノルマンディーに滞陣していたが、トマスはスコットランド問題を解決するためにイングランドに帰国した。翌1418年、トマスは大軍を率いてノルマンディーに取って返し、エヴルーイヴリールーアン諸都市の包囲戦に参加した。1419年にルーアンが陥落すると、トマスはそのルーアンの代官に就任し、多くの周辺諸都市を征服した。その集大成として、1419年にトマスはルーアンとパリの中間にある要害であるガイヤール城を6ヶ月の包囲戦の後に奪取した。

この間、ヘンリー5世は獲得したノルマンディー地方にイングランド貴族を封爵する政策をとり、1418年にトマスはアルクール伯に列せられた。

1420年、彼はトロワ条約締結のための交渉を手伝った。翌1421年、彼は甥のトマス・オブ・ランカスターが殺されたボージェの戦いで捕虜になった。だがトマスは急死したヘンリー5世の遺言執行人の1人だったため、1422年にイングランドに戻った。

これ以後、時々フランスで過ごす場合を除いて、トマスは幼王ヘンリー6世を補佐する統治評議会に努めた。

トマスはマーガレット・ネヴィルという女性と結婚した。この時期、ネヴィル姓の人物は王宮に溢れていたが、彼女はそれらの人達とは別の、ランカシャーのハーンビィのトマス・ネヴィル卿の娘であった。彼らの間には1人だけ子供が生まれた。ヘンリー・ボーフォートと名付けられたこの子は、若いうちに亡くなった。

公職
先代:
トマス・アランデル
大法官
Lord Chancellor

1410年 - 1412年
次代:
トマス・アランデル
先代:
不明
海軍司令長官
Lord High Admiral

1413年 - 1426年
次代:
ベッドフォード公
イングランドの爵位
先代:
新設
ドーセット伯
1412年 - 1426年
次代:
消滅
エクセター公
1416年 - 1426年