エヴルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランス > オート=ノルマンディー地域圏 > ウール県 > エヴルー

Évreux
Blason ville fr Evreux (Eure).svg
Tour Horloge Evreux1.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オート・ノルマンディー地域圏
(département) ウール県
(arrondissement) Arrondissement of Évreux
小郡 (canton) 4
INSEEコード 27229
郵便番号 27000
市長任期 ミシェル・シャンプルドン
2008年 - 2014年
人口動態
人口 53,254人
2008年
人口密度 2 013人/km²
住民の呼称 Ébroïcien, Ébroïcienne
地理
座標 北緯49度01分07秒 東経1度08分56秒 / 北緯49.0187度 東経1.1489度 / 49.0187; 1.1489座標: 北緯49度01分07秒 東経1度08分56秒 / 北緯49.0187度 東経1.1489度 / 49.0187; 1.1489
標高 最低:58 m
最高:146m
面積 市: 26,45km² (2 645ha)
Évreuxの位置(フランス内)
Évreux
Évreux
テンプレートを表示

エヴルー (Évreux) は、フランス北西部、オート=ノルマンディー地域圏の都市である。ウール県の県庁所在地。1999年の人口は約5万人。

カトリック司教座がおかれ、ゴシック建築のエヴルー大聖堂(ノートルダム寺院)がある。

歴史[編集]

ガロ=ローマ時代の城壁
エヴルー大聖堂

古代、エヴルーはMediolanum Aulercorumの名で呼ばれていた。ガリア系のエブロウィス族(Eburovici)がここに本拠地をおき、紀元前1世紀に定住地を建設したのである。ローマ帝国時代初期にはガロ=ローマの人々は、ローマ神話の神を讃え、現在のコミューン郊外にギサクム神殿(Gisacum)を建設した。ルーアンシャルトル間、パリ=エヴルー間の交易路の間にあった町は、貿易で繁栄した。劇場やフォルム、浴場といった公共の建物が建てられた。ネクロポリスからは花器が発見され、碑文からはガロ=ローマ時代からエヴルーに織物産業が存在したことを示している。蛮族の侵攻が相次いだ3世紀末には、現在コミューン博物館で保存されているような城壁で町は覆われていた。

エヴルー初代司教は聖トラン (frである。989年にエヴルー伯領が、そして司教座がおかれた。892年にはノルマン人に占領され、962年には西フランク王ロテールに荒らされた。1120年にはイングランド王ヘンリー1世に略奪され、1194年にはフランス王フィリップ2世に火を放たれた。イングランド貴族デヴァルー家(Devereux)の家名は、エヴルーにちなんでいる。

14世紀から15世紀初めにかけて、カペー家の分枝エヴルー家が栄えた。エヴルー家の嫡系は1400年のエタンプ伯ルイ (fr死で断絶したが、フィリップ・デヴルー(のちのナバラ王フェリペ3世)とナバラ女王フアナ2世の結婚によりナバラ王国の王家となったエヴルー=ナヴァール家は1441年まで存続した。百年戦争中の1418年、イングランド王ヘンリー5世によりエヴルーは占領された。フランスの主権下に復帰したのは1440年であった。

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]