フェリペ3世 (ナバラ王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェリペ3世

フェリペ3世スペイン語Felipe III, 1306年3月27日 - 1343年9月16日)は、ナバラ女王フアナ(ジャンヌ)2世の共同統治王(在位:1328年 - 1343年)。フランス貴族のエヴルー伯でもあったため、フィリップ・デヴルーフランス語Philippe d'Évreux)とも呼ばれる。フランス王フィリップ3世の息子エヴルー伯ルイとその妃マルグリットの息子。このためカペー家の傍流としてフランス王位継承権を持っていた。

1319年、父ルイの死去により、ノルマンディー地方にあるエヴルー伯領を相続した。さらに10年後には、従兄であるフランス王ルイ10世の王女ジャンヌと結婚し、ナバラ王国の共同統治王となった。彼女はナバラ王国のみならずフランス北部に広い領地があり、夫妻はその血統と相まってフランスに対しても影響力を持っていた。

2人の間には8人の子供が生まれた(名はフランス名で記す)。

  • マリー(1329年頃 - 1347年) アラゴン王ペドロ4世の最初の王妃
  • ブランシュ(1331年 - 1398年) フランス王フィリップ6世の2番目の王妃
  • シャルル(1332年 - 1387年) ナバラ王およびエヴルー伯
  • アニェス(1334年 - 1396年) フォワ伯ガストン3世と結婚
  • フィリップ(1336年 - 1363年) ロングヴィル伯
  • ジャンヌ(1338年 - 1387年) 修道女
  • ジャンヌ(1339年 - 1403年) ロアン子爵ジャン1世の妻
  • ルイ(1341年 - 1372年) ボーモン=ル=ロジェ伯、ドゥラッツォ公

1343年、フィリップはレコンキスタに参加している最中に負傷し、ヘレスアンダルシア州)で死去した。

先代:
ルイ
エヴルー伯
1319年 - 1343年
次代:
シャルル(邪悪伯)