シャルトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Chartres
Blason Chartres.svg
France Eure et Loir Chartres 01.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) サントル地域圏
(département) ウール=エ=ロワール県
(arrondissement) Arrondissement of Chartres
小郡 (canton) 3
INSEEコード 28085
郵便番号 28000
市長任期 ジャン=ピエール・ゴルジュ
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) Chartres métropole 
人口動態
人口 市: 40,361人
1999年
人口密度 2 395人/km²
地理
座標 北緯48度27分21秒 東経1度29分03秒 / 北緯48.455847度 東経1.484184度 / 48.455847; 1.484184座標: 北緯48度27分21秒 東経1度29分03秒 / 北緯48.455847度 東経1.484184度 / 48.455847; 1.484184
標高 平均:142 m
最低:121 m
最高:161m
面積 市: 16,85km² (1 685ha)
Chartresの位置
Chartres
テンプレートを表示

シャルトルフランス語:Chartres)は、フランスの中部に位置する都市で、ウール=エ=ロワール県の県庁所在地である。

概要[編集]

シャルトル大聖堂。正面。左右の塔で建築様式が異なる
Monografie de la Cathedrale de Chartres - 10 Facade Meridionale - Gravure.jpg

古くから司教座がおかれた古市であり、市中央部にあるノートルダム大聖堂(シャルトル大聖堂)はゴシック建築の傑作として知られる。左右の塔は建設された時代の違いにより異なった建築様式になっている。ファサードのバラ窓や、キリストの家系図を表した側廊のステンドグラス「エッサイの根」は、「シャルトルの青」といわれる青みのあるステンドグラスで、13世紀のステンドグラスの極点として知られる。アンリ4世は歴代の王のうち、唯一ランスではなくシャルトル大聖堂で戴冠式を挙げた。大聖堂は、1979年にユネスコ世界遺産に登録された。

シャルトル司教として著名な人物には、ソールズベリのジョンなどがいる。

パリから列車で約1時間の南西にある。人口は40,361人、近隣都市を含めると87,800人、シャルトル都市圏としては13万0681人(1999年現在)。

産業[編集]

シャルトルは、付近の農産物の集散地である。他に主な産業は、機械産業、電子産業、製薬業である。

観光[編集]

  • ノートルダム大聖堂(シャルトル大聖堂)
  • 歴史地区
  • ピカシェットの家 - 郊外の住宅街にある。もともと個人宅だったものを現在は一般公開している。一人住まいだった住人が住居の壁にことごとく色とりどりの皿の破片を貼りつくしたもの。単なる住居ではなく、小さな祠(シャペル)をはじめシャルトル大聖堂やモン・サン=ミシェルなどの名だたる教会建築物の壁画、エルサレムの情景など、キリスト教的な題材が多く作られている。

関連人物[編集]

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]