トマス・アランデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トマス・アランデルThomas Arundel, 1353年 - 1414年2月19日)は、1396年、そして1399年から亡くなるまでカンタベリー大司教であり、ロラード運動を公に批判した人物であった。

第10代アランデル伯爵であるリチャード・フィッツアランの三男として生まれ、トーントンの助祭長などを務める。また、カンタベリー大司教座に移る前まで、1388年からヨーク大司教であった。彼は一度リチャード2世からカンタベリー大司教座を追放され、ロジャー・ウォールデンにその座を渡すこととなったが、1399年ヘンリー4世によって再びカンタベリー大司教の座に返り咲くこととなる。

先代:
ウィリアム・コートニー
カンタベリー大司教
1396年 - 1397年
次代:
ロジャー・ウォールデン
先代:
ロジャー・ウォールデン
カンタベリー大司教
1399年 - 1414年
次代:
ヘンリー・チチェリー