オリヴィエ・ド・クリッソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
墓における彫像(ジョスラン城)

オリビエ(5世)・ド・クリッソン(Olivier V de Clisson, 1336年4月23日 - 1407年4月23日)はブルターニュ貴族で、ブルトン人の戦士。ブルターニュ貴族のオリビエ(4世)ド・クリッソンの息子。屠殺者(le Boucher)の異名がある。

人物[編集]

オリビエ・ド・クリッソンはブルターニュ・クリッソン城で生誕した。1343年に父親のクリッソン4世がイングランドナントを売り渡そうとした疑惑の中で死亡した後に母親(ジャンヌ・ド・ブレビーユ)がイングランドで再婚しため、イングランドで育った。 オリビエがブルターニュに帰還すると、ブルターニュ継承戦争においてモンフォール家のジャン4世(ブルターニュ公)の側に立って戦った。モンフォール家がイングランドの支援を受けていたためである。 オーレの戦いにおいてクリッソンは敗北したものの、彼の指揮する部隊は捕虜を取らなかったために、「屠殺者」の異名を得た。後にモンフォール側と仲違し、フランスの支援するパンティエーヴル伯側についた。

1370年にはジョスランに領地を獲得し、8つの塔を内包する新形式のジョスラン城を建造した。同年にクリッソンは後にフランス軍総司令官(元帥)となるベルトラン・デュ・ゲクランの幕下に加わり、1373年のブレスト攻城などの対イングランド戦役に参加した。1380年にゲクランが死亡すると、フランス総司令官の地位を継承し、1392年までその地位にあった、1382年にはジェントの市民と協力してローゼベーケの戦いで敵を撃退すると、1387年にはブレスト攻囲の指揮を執った。1389年にはフランス王シャルル6世のイングランド侵攻作戦の指揮を執り、ポワトゥーフランドル等で指揮を執った。この作戦はクリッソンの艦隊を襲った海上暴風と名目上はフランス王側についていたはずのブルターニュ公ジャン4世の非協力的な態度により、不首尾に終わる。

クリッソンとブルターニュ公の仲違が再燃すると、クリッソンはブルターニュ継承戦争時からのジャン4世の仇敵であるパンティエーヴル家側の戦死したシャルル・ド・ブロワの嫡男ジャン・ド・ブロワに娘のマルグリットを嫁がせた。そのため、ジャン4世はクリッソンを恐れるイングランドにそそのかされたこともあり、ヴァンヌに議会を開いてブルターニュの諸侯を集めると、クリッソンを誘いこんで捕えてしまった。ジャン4世はクリッソンを暗殺してしまおうとしたが、フランス国王及びブルターニュの諸侯の介入があり、身代金と共に解放せざるを得なかった。

1392年にパリに帰還すると、かねてから不仲であるピエール・ド・クランなる人物に暗殺されかけた。ピエールはクリッソンの盟友アンジュー公の封臣であるが、ナポリ遠征の留守時にアンジュー公の宝物を盗み、アンジュー公の死の遠因となった。クリッソンは狭い路地で襲われ刃に倒れたが死に至らず、ピエールの凶行が明るみに出ると、シャルル6世はクランを不敬罪で財産・領地を没収した。ブルターニュ公ジャン4世と手を組んでいたらしいピエールはブルターニュに逃げ込んだが、ジャン4世は冷淡に扱った。

クリッソン暗殺未遂の主犯を庇護しているとしてブルターニュ公ジョン4世に対してフランス王シャルル6世は懲罰のために軍を直卒して遠征したが、メーヌ地方を通過中に突如人事不省に陥った。そのために遠征は中断されたが、シャルル6世の寵臣であったクリッソンに対して王の叔父である政敵のベリー公ブルゴーニュ公がここぞとばかりに非難中傷を吹き込んだために、クリッソンは失脚しジョスラン城へ引きこもった。ブルターニュ諸侯はクリッソンの保護を申し出た。王の狂気は百年戦争の後半の原因の一つとなる。

1395年にはブルターニュ公ジャン4世はクリッソンと和解した。1399年にジャン4世が死亡すると、4人の息子と3人の娘の後見人にかつての仇敵であるクリッソンを指名していた。クリッソンは娘婿の政敵であるはずのモンフォール家の子女達に対して忠実に任務を果たした。これに対し、クリッソンの娘でジャン・ド・パンティエーヴルに嫁いでいたマルグリットはジョスラン城を囲み後見を反故するように求めた。ジャン4世の遺児たちを暗殺するように求めたとの噂もたったが、クリッソンは頑として拒否した。 1400年には他に継承権を主張しそうな人物を抑えてジャン4世の嫡男のジャンを新たなるブルターニュ公(ジャン5世)として即位させるとフランス王女と結婚させ、次男のアルチュールをブルゴーニュ公に後見させた。またブルターニュ施設官とブルターニュ議会に認められた。1402年に彼らの母親ジャンヌ・ド・ナヴァールがイングランド王のヘンリー4世と再婚することになったが、4人の息子がイングランドに連れ去られることがないよう手を打っている。

クリッソンは1407年に71歳でジョスラン城において死亡した。