ジャン5世 (ブルターニュ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Sceau Jean V de Bretagne.jpg

ジャン5世(Jean V de Bretagne, 1389年12月24日 - 1442年8月29日)は、ブルターニュ及びモンフォール伯。ジャン4世ジャンヌ・ド・ナヴァールの嫡男。賢明公(le Sage)。名高いリッシュモン元帥ことアルテュール・ド・リッシュモンの兄。ブルターニュ継承戦争の最中に死去した祖父のジャン・ド・モンフォールを正式なブルターニュ公として数えるため、イングランドではジャン6世と数えるが、本項ではジャン5世で統一する。

ジャン5世はヴァンヌのエルミーヌ城で誕生する。1399年に父のブルターニュ公ジャン4世が死去するが、父はかつての政敵であるオリヴィエ・ド・クリッソンを子供達の後見に指名していた。クリッソンは後見役を忠実に果たし、フランス王シャルル6世の支持を得て、同年末には継承権を主張しようとしていたブルゴーニュ公フィリップ3世や娘婿のジャン・ド・パンティエーヴルなどを抑え、ジャン5世としてブルターニュ公位につけた。そしてシャルル6世とイザボー・ド・バヴィエールの間に生まれたジャンヌ・ド・フランスと結婚させ、ブルゴーニュ公を共同の後見人とした。

後のイングランド王ヘンリー4世が従兄弟であるリチャード2世によって追放され、ブルターニュ公ジャン4世によってナントに保護されている際に、母のジャンヌ・ド・ナヴァールはヘンリーに籠絡されたらしい。そのため、1399年にジャン4世が死去した後、ジャンヌはヘンリー4世と1403年に再婚してイングランドに渡った。クリッソンはフランス王と相談して、ジャン5世とその弟3人をイングランドに連れ去られないように手を打った。

ジャン5世は父のジャン4世と異なり温厚な平和的な性格で、ブルターニュ継承戦争を完全に終結させることに成功した。ジャン5世は常備軍とブルターニュにおける税制により、ブルターニュ公としての権威を保った。ジャン5世は芸術と教会の後援者であり、いくつかの聖堂の建造を支援した。

ジャン5世は常に弟アルテュールの有力な支援者であった。アルテュールがアザンクールの戦いで捕虜となると(結果的には解放されなかったものの)身代金を用意し、後にフランス元帥となったアルテュールの常備軍の要であるブルトン兵を提供した。結果的にそれがフランス王シャルル7世の常備軍の基礎となり、フランス王権の強化の遠因となる。

ジャン5世は親仏反英の姿勢を貫いたアルチュールの影響を受け、一貫してフランスに好意的中立を保ち、後にフランス陣営に参加する。しかし、ブルターニュの半独立の姿勢を貫くことでは兄弟一貫していた。そのため、ブルターニュ公領外の封建領についてはフランス王に単純臣従を行ったが、ブルターニュ公位については名目的臣従の姿勢をとった。

1442年にジャン5世が死亡すると、アルテュールの後見の下にブルターニュ公位及びモンフォール伯位は嫡男のフランソワ1世が継ぎ、フランソワが後継者なく死亡すると、その弟のピエール2世が継いだ。

子女[編集]

ジャン5世と公妃ジャンヌは7子をもうけた。

  • アンヌ(1409年 - 1415年)
  • イザベル(1411年 - 1442年) ラヴァル伯爵ギー14世の妻
  • マルグリット(1412年 - 1421年)
  • フランソワ1世(1414年 - 1450年)
  • カトリーヌ(1416年 - 1421年)
  • ピエール2世(1418年 - 1457年)
  • ジル(1420年 - 1450年) シャントセ領主
先代:
ジャン4世(5世)
ブルターニュ
CoA dukes of Bretagne 1316-1514 (chivalric).svg
1399年 - 1442年
次代:
フランソワ1世