シャルル・ド・ヴァロワ (オルレアン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
臣従の誓いを受けるシャルル・ドルレアン

シャルル1世・ド・ヴァロワ(Charles Ire de Valois, duc d'Orléans, 1394年11月24日 - 1465年1月5日)は、フランスの王族。オルレアン公シャルル・ドルレアン(Charles d'Orléans)とも呼ばれる。ヴァロワ家傍系ヴァロワ=オルレアン家の当主で、オルレアン公ルイ・ド・ヴァロワ(フランス王シャルル6世の弟)とヴァレンティーナ・ヴィスコンティの第4子。シャルル5世の孫であり、ルイ12世の父である。詩人として知られる。

1406年、シャルル6世の長女で従姉にあたるイザベルイングランド王リチャード2世の未亡人)と結婚する。1409年にイザベルは一女ジャンヌを出産時に死亡した。

1407年に父ルイはブルゴーニュジャン無畏公に暗殺される。シャルルは1410年にアルマニャック伯ベルナール7世(ベルナール・ダルマニャック)の娘ボンヌと再婚し、また父の報復を図ってアルマニャック伯とともに反ブルゴーニュ派の貴族を再結集した(アルマニャック派と呼ばれる)。

1415年、イングランド王ヘンリー5世はこの内乱に乗じ、アジャンクールの戦いでフランス軍を破ったが、この時シャルルは多数の貴族とともに捕虜となり、イングランド各地、主にウィンザーパンティクラフトウィングフィールドで幽閉された。「獄屋の歌」をこの時期に記している。2番目の妻ボンヌはその間、1430年から1435年の間に死去している。

1440年、莫大な身代金を払って解放され、帰国後に無畏公の息子フィリップ善良公と和解し、善良公の姪マリー・ド・クレーヴ(1426年 - 1487年)と3度目の結婚をした。その後、フランスとイングランドの和平に奔走し、また1447年に母ヴァレンティーナの相続権を盾にミラノを攻略しようとしたが失敗した。1450年に政治から離れ、ブロワ城に隠棲した。隠棲後、最後の妻マリーとの間にルイ12世の他、マリー、アンヌの2女をもうけた。

子供[編集]

外部リンク[編集]

先代:
ルイ1世
オルレアン公
1407年 - 1465年
次代:
ルイ2世
先代:
ルイ・ドルレアン
ソワソン伯
1407年 - 1412年
次代:
ロベール・ド・マール