ルイ・ド・ヴァロワ (オルレアン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイ1世
Louis Ire
オルレアン公爵
Louis Ier d'Orléans.jpg
出生 1372年3月13日
死去 1407年11月23日
Flag of Île-de-France.svgフランス王国 パリ
埋葬  
Flag of Île-de-France.svgフランス王国 サン=ドニ大聖堂
配偶者 ヴァランティーヌ・ヴィスコンティ
子女 オルレアン公シャルル
アングレーム伯ジャン
ヴェルテュ女伯マルグリット
父親 シャルル5世
母親 ジャンヌ・ド・ブルボン
テンプレートを表示

ルイ・ドルレアン(Louis Ire d'Orléans)、またはルイ・ド・ヴァロワ(Louis de Valois, 1372年3月13日 - 1407年11月23日)は、フランスの王族。フランス王シャルル5世と王妃ジャンヌ・ド・ブルボンの子でシャルル6世の弟。オルレアン公1392年 - 1407年)、ヴァロワ伯、トゥレーヌ公(1386年 - 1392年)、ブロワ伯(1397年 - 1407年)、アングレーム伯(1404年 - 1407年)、ペリゴール伯、ドルー伯、ソワソン伯。ヴァロワ=オルレアン家の祖で、ルイ12世の祖父、フランソワ1世の曾祖父であり、息子2人と娘1人を通じてヴァロワ朝後期のフランス王6人の共通の先祖である(さらにブルボン王家もその血を引いている)。

兄シャルル6世が精神異常のため政務が不可能となると、摂政権を巡って叔父ブルゴーニュ公フィリップ2世(豪胆公)やその息子ジャン1世(無畏公)と対立した。また、王妃イザボー・ド・バヴィエールと不倫の関係を持ったことで人望を失った。

1407年、ジャン無畏公の配下の者たちによって、パリの街頭で暗殺された。

家族[編集]

1389年ミラノ公ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティの娘で従姉にあたるヴァランティーヌ(ヴァレンティーナ)と結婚した。2人の間には9子が生まれた。

  • 女子(1390年)
  • ルイ(1391年 - 1395年)
  • 男子(1392年)
  • ジャン・フィリップ(1393年)
  • シャルル(1394年 - 1465年) オルレアン公、フランス王ルイ12世の父
  • フィリップ(1396年 - 1420年) - ヴェルテュ伯
  • ジャン(1404年 - 1467年) アングレーム伯、フランス王フランソワ1世の祖父
  • マリー(1401年)
  • マルグリット(1406年 - 1466年) エタンプ伯リシャール夫人、ブルターニュ公フランソワ2世の母、女公および王妃アンヌの祖母

また、マルグリット・ダンギャンとの間に庶子ジャン・ド・デュノワ(1402年 - 1468年)をもうけた。

先代:
フィリップ
オルレアン公
1392年 - 1407年
次代:
シャルル1世
先代:
ヨープスト・フォン・メーレン
ルクセンブルク公
1402年 - 1407年
次代:
ヨープスト・フォン・メーレン
先代:
マリー・ド・クーシー
ソワソン伯
1404年 - 1407年
次代:
シャルル・ドルレアン