ループレヒト (神聖ローマ皇帝)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ループレヒト(3世)

ループレヒトRuprecht, 1352年5月5日 - 1410年5月18日)は、神聖ローマ皇帝(正確にはドイツ王、在位:1400年 - 1410年)、プファルツ選帝侯(ループレヒト3世、在位:1398年 - 1410年)。ヴィッテルスバッハ家出身。選帝侯ループレヒト2世シチリアピエトロ2世の娘ベアトリーチェ(ベアトリクス)の三男。

1398年に父の死により選帝侯の一人であるプファルツ選帝侯となる。1400年に皇帝であったヴェンツェルがドイツ諸侯によって廃された後、皇帝(ドイツ王)に選ばれた。なお、1347年まで帝位にあったルートヴィヒ4世は、曾祖父であるバイエルン公ライン宮中伯ルドルフ1世の弟であった。

ループレヒトはローマ教皇の戴冠を受ける為にイタリアに向かったが、戴冠を果たせなかった。その後はヴェンツェル派の残党と帝位を巡って争うが、その死後に皇帝となったのはヴェンツェルの異母弟ジギスムントであり、皇位の世襲はならなかった。

子女[編集]

1374年にホーエンツォレルン家ニュルンベルク城伯フリードリヒ5世の娘エリーザベトと結婚し、5男3女をもうけた。早世した長男を除く4人の子は、プファルツ系ヴィッテルスバッハ家の主要な分枝の祖となった。

関連項目[編集]

先代:
ヴェンツェル
ドイツ王(ローマ王)
1400年 - 1410年
次代:
ジギスムント
ヨープスト
先代:
ループレヒト2世
プファルツ選帝侯
1398年 - 1410年
次代:
ルートヴィヒ3世