アドルフ (神聖ローマ皇帝)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アドルフ・フォン・ナッサウ

アドルフ・フォン・ナッサウ(Adolf von Nassau, 1250年 - 1298年7月2日)は、神聖ローマ皇帝(正しくはドイツ王、在位:1292年 - 1298年)、ナッサウ伯ナッサウ家出身で神聖ローマ帝国の君主となった唯一の人物。

ナッサウ伯ヴァルラム2世と妃アーデルハイトの息子で、1276年頃にナッサウ伯を継いだ。

ハプスブルク家ルドルフ1世の死後、その子であるアルブレヒト1世と皇位を巡って争い、選帝侯の支持を背景にして勝利し、皇帝に即位した。ルドルフ1世の時と同様に、選帝侯は皇帝権力の強化を嫌ってアドルフを支持したのである。

しかし、上述の経緯から傀儡に近い立場であったため、皇帝権力の強化を目指して領土拡大を積極的に推進したが、これは皇帝権力の強化を嫌うドイツ諸侯からの反発を招いた。1298年、廃位された上に宿敵アルブレヒト1世と戦って敗れ、戦死した。

権力基盤の脆弱なアドルフは、娘メヒティルドをヴィッテルスバッハ家上バイエルン公ライン宮中伯ルドルフ1世に嫁がせて支援を得ようとした。結局それはかなわず、アドルフの死後もナッサウ家は振るわなかったが、自らの死後にメヒティルドが生んだ孫アドルフルドルフ2世ループレヒト1世はライン宮中伯(後にプファルツ選帝侯)となる。

備考[編集]

先代:
ルドルフ1世
ドイツ王(ローマ王)
1292年 - 1298年
次代:
アルブレヒト1世