ウィレム2世 (ホラント伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホラント伯ウィレム2世

ウィレム2世(Willem II, 1227年 - 1256年1月28日)は、ホラント伯(在位:1234年 - 1256年)及びドイツ王(ドイツ名:ヴィルヘルム・フォン・ホーラント Wilhelm von Holland, 在位:1247年 - 1256年、1254年まで対立王)。神聖ローマ帝国大空位時代における名目上の君主の一人であり、1254年の公式文書に「神聖ローマ帝国」の国号を正式に用いた最初の君主でもある。

父はホラント伯フロリス4世、母はブラバント公アンリ1世の娘マティルド。

1247年、神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世の対立王テューリンゲン方伯ハインリヒ・ラスペが死去した後、諸侯と教皇インノケンティウス4世によって新たな対立王に選出された。

1250年にフリードリヒ2世、1254年にコンラート4世が死亡して単独のドイツ王になったが、1256年冬、フリースラントへの遠征中に戦死した[1]。ウィレムの死によってドイツは君主不在の混乱が発生した。

1252年1月25日、ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公オットー1世の娘エリーザベトと結婚し、フロリス5世のみが生まれた。ウィレム2世の死後、ホラントは2歳に満たないフロリス5世が継いだ。

脚注[編集]

  1. ^ ある説では、ウィレム2世は指揮中に誰も気づかないうちに、馬もろとも凍結した沼に落ちてそのまま溺死し、その遺体が発見されたのが26年後だったと伝わる。

参照文献[編集]

先代:
コンラート4世
ドイツ王(ローマ王)
1247年 - 1256年
大空位時代
1254年までコンラート4世対立王
次代:
コーンウォール伯リチャード
アルフォンソ10世
先代:
フロリス4世
ホラント伯
1234年 - 1256年
次代:
フロリス5世