フリードリヒ3世 (ドイツ王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドイツ王フリードリヒ3世

フリードリヒ3世(Friedrich III., 1289年 - 1330年1月13日)は、ハプスブルク家オーストリア公(フリードリヒ1世)、ローマ王(ドイツ王、対立王)。フリードリヒ美王(Friedrich der Schöne)と呼ばれる。神聖ローマ皇帝(ドイツ王)アルブレヒト1世と王妃エリーザベト・フォン・ケルンテンの次男。オーストリア公ルドルフ3世の弟、レオポルト1世アルブレヒト2世オットーの兄。

1313年ルクセンブルク家ハインリヒ7世が死んだ後、ヴィッテルスバッハ家ルートヴィヒ4世と皇帝位を争ったが、選挙でルートヴィヒ4世に敗れた。その後数年間、弟レオポルトの助けを得てルートヴィヒ4世と戦い、勝利を目前としたが、1322年9月、ミュールドルフ近辺の戦いで大敗し、多くの貴族と共に捕虜となった。1325年まで捕囚の身だったが、妥協が成立し、ルートヴィヒ4世が神聖ローマ皇帝およびイタリア王としてイタリアを治め、フリードリヒ3世がドイツ王としてドイツを治めることになった。

1330年にフリードリヒが死去した後は、ルートヴィヒ4世の単独統治となった。以後、1438年に弟アルブレヒトの曾孫アルブレヒト5世がドイツ王に選出されるまで100年余りの間、ハプスブルク家は皇帝位から遠ざかることになった。

子女[編集]

1314年アラゴン王ハイメ2世の娘イサベルと結婚、一男二女をもうけた。

先代:
ハインリヒ7世
ドイツ王(ローマ王)
1314年 - 1330年
ルートヴィヒ4世の対立王
のち共同統治
次代:
ルートヴィヒ4世(単独統治)
先代:
アルブレヒト1世
オーストリア公
シュタイアーマルク公
1308年 - 1330年
レオポルト1世と共同統治
(1326年まで)
次代:
アルブレヒト2世
オットー