イタリア王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロンバルディアの鉄王冠。イタリア王位を象徴する王冠の一つと見なされている。

イタリア王(ラテン語:rex Italiae 伊語:re d'Italia)は、君主号の一つで、ローマ帝国本土であったイタリア(半島部及び大陸部)を帝国西方の消失後、支配した人々が多くの場合に使用した歴史的背景を持つ王位。ただし実態を伴うかについては議論が残り、例えば1870年ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世によるローマ占領が行われるまで、長らくイタリアの中心地であったローマ市は歴代国王の支配下になかった。

歴史[編集]

帝国本土の争奪[編集]

ユリウス・ネポス帝、あるいはロムルス・アウグストゥルスの失脚まで、イタリア半島部及び大陸部は古代ローマの本土として統治されていた。王政期にはローマ王(rex)、共和政期には執政官独裁官、帝政期にはローマ皇帝が君主として君臨し、帝政末期に皇帝権が二分されると「西の皇帝」(西ローマ皇帝)による支配が行われた。

476年のロムルス・アウグストゥルスの退位、及び480年のユリウス・ネポス帝の暗殺によって西ローマ皇帝の称号は元老院を通じて東ローマ皇帝ゼノンへと返却された。ゼノン帝は帝位返却の見返りとして、両者を追放・暗殺したヘルール族の族長オドアケルに「ドゥクス・イタリアエ」(dux Italiae、イタリア領主)の称号とかつての帝国本土を支配する権利を与えた。従ってオドアケルが最初の「イタリア王」(rex Italiae)であると考える向きもあるが、オドアケルが「rex Italiae」の称号を公式に使用したかについては議論が残る。

493年、唯一のローマ皇帝となったゼノン帝はオドアケル討伐の命令を東ゴート王テオドリックに命令した。テオドリックはオドアケル軍を滅ぼすと新たにイタリアの支配者として承認され、また明確に自身がrex Italiaeであると宣言した。一方で東ゴート族が数的に少数であり、周囲の反感を恐れて「国王」(rex)の称号のみを使用する場合もあった(東ゴート王国)。テオドリックの支配はオドアケルよりは長く続いたが、552年にフラウィウス・ベリサリウス率いるローマ軍の大遠征によって攻め滅ぼされた。再びイタリアはローマ皇帝の領域(ラヴェンナ総督領)となったが、この時代は短い間しか機能しなかった。

混乱の時代[編集]

568年、ランゴバルト王アルボイーノはベリサリウス失脚後のローマ帝国に他の異民族と連合して攻め込み、イタリア王の称号を使用した(ランゴバルト王国)。ランゴバルト王国はそれまでの勢力とは異なり、イタリア本土の行政区を完全に支配する事は最後までできず、イタリア王というよりもランゴバルト王(rex Langobardorum)としての側面が強かった。最初期には北東部のヴェネツィア周辺、北西部のリグリア、ロマーニャ、中部のローマ周辺、南部のナポリ周辺、カラブリア半島、サレント半島、シチリア島などはローマ皇帝に忠誠を誓っていた。支配が進む中でこれらの地域にも遠征が行われ、幾つかの地域は王国に併合された。だがそれでも一部地域は抵抗を続け、次第にローマ公国・ナポリ公国・カラブリア公国・アプリア公国・ヴェネツィア共和国などランゴバルト王国に対峙する統治体制を形成していった。混乱に拍車を掛けたのがフランク人アラブ人の侵入であった。

774年、フランク王シャルルマーニュは南仏からランゴバルト王国領に侵攻すると、王国の北部・中部領域を占領下に置いた。同時に実質的に崩壊状態に陥ったランゴバルト王国の併合をも宣言して、使用されていた王冠(ロンバルディアの鉄王冠)を持ち去った。一方で遠征を途中で切り上げた事から南部は遠征の影響を受けず、更に中部は後にローマ教会へ寄進されて教皇領となった。南部ではローマ帝国の封建勢力と旧ランゴバルト王国の南部領土を前身とするベネヴェント公国が以前からの戦いを引き継いで紛争を続け、そこに北アフリカを支配したアラブ人の攻撃が始まった。827年、アグラブ朝イスラム帝国がシチリア島に上陸(イスラム教徒のシチリア遠征)、一度は撃退されたもののファーティマ朝の時代に再び占領され、952年にシチリア首長国が成立した。

1071年、南部情勢はヴァイキングの到来によって一応の終焉を見る。サレント半島を押さえたノルマン貴族ロベルト・イル・グイスカルドはローマ系、ランゴバルト系の別を問わずこれらを併合し、更にその弟ルッジェーロ1世がシチリア首長国も占領して一つの王権に纏め上げた(ノルマン・シチリア王国)。後にナポリ王国トリナクリア王国という二つの王国に分離したものの、それ以上の混乱は起こらなかった。

神聖ローマの封建体制[編集]

先のフランク王国の後裔である神聖ローマ帝国はランゴバルト王国を滅ぼして得た権威をもって、神聖ローマ皇帝がイタリア王を兼ねると宣言していた。

だが領土的には先述の通りランゴバルト王国の一部だけであり、中部の教皇領、南部のナポリ王・トリナクリア王の領域では君主としての権威を持たなかった。更に北部領域においてもロンバルディア同盟との戦いなどを経て、徐々に実権を失っていった。その点において同時代のイタリア王(rex Italiae)の称号はイタリアの支配と同義では無くなってしまっており、この歪な状態は中世から近世の長きに亘って続く事になる(中世時代のイタリア王権)。

1805年、近代に入ってコルシカ島出身のナポレオン・ボナパルト神聖ローマ帝国を滅ぼした後、占領下に置いていた地域に傀儡国家を樹立する為にロンバルディアの鉄王冠を使ってイタリア王への即位を宣言した。形式的には神聖ローマ帝国の方法に従ったもので、やはり王権は一部地域に限られ、ナポリ王位なども並存する状態にあった。1814年、ナポレオンが失脚して全ての実権・称号を手放すと自動的にイタリア王位も放棄したと見なされた。だが中世イタリア王の領域を獲得したオーストリア帝国は神聖ローマ時代を踏襲せず、結果として数十年に亘ってイタリア王の称号は空位状態が続いた。

リソルジメント[編集]

高まる民族主義の流れを受けてイタリアという領域を統合する国家の誕生を望む声が高まる中、紆余曲折を経てイタリア北西部のサルデーニャ・ピエモンテ王国による統一戦争(リソルジメント)が始まった。1861年、この戦いに最終的勝利を収めたサルデーニャ・ピエモンテ王国は教皇領、ナポリ王国などを併合、イタリア半島部と大陸部の大部分を征服して同地を統一した。サルデーニャ・ピエモンテ王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世は空位であったイタリア王位の復古と継承を宣言、サヴォイア朝イタリア王国が成立した(イタリア王国)。同時にイタリアの政治的統合にも成功したサヴォイア朝はローマ市を中心としたイタリア全域を支配する、実態の伴ったイタリア王位を復活させるという東ゴート王国以来の偉業を成し遂げた。

1946年、二度の世界大戦を経てファシスト政権への協力などにより、国民投票で王政廃止が決定された。王国は共和制に移行、王を初めとする貴族制度は全廃された。サヴォイア家による王位請求は継続されているが、再び実態を伴わない状態へと回帰したと言える。

歴代君主[編集]

  • 人名は支配領域で用いられていたイタリア語の発音に基く

ヘルール時代[編集]

肖像 人名 背景 即位 退位
Odovacar Ravenna 477.jpg
オドアクレ ヘルール族の王。ユリウス・ネポス帝を暗殺、ロムルス・アウグストゥルスを追放してイタリア本土の支配権を奪取。 476年 493年

東ゴート時代[編集]

肖像 人名 背景 即位 退位
Teodorico rey godo 1635. 2,05 x 1,18 cm. Museo del Ejército. Depósito del museo del Prado.jpg
テオドーリコ 東ゴート族の王。オドアクレを破って王位を獲得する。 493年 526年
Sin foto.svg
アタラーリ テオドーリコの外孫 526年 534年
Theodahad.jpg
テオダート テオドーリコの外甥。 534年 536年
Sin foto.svg
ヴィティージェ テオダートの重臣。 536年 540年

西ゴート時代[編集]

肖像 人名 背景 即位 退位
Sin foto.svg
イルディバルド 西ゴート王の甥。東ゴートの王として迎えられる。 540年 541年
Sin foto.svg
エラーリコ イルディバルドの親族、トーティラの従兄弟。 541年 541年
Come Benedetto discopre la finzione di Totila (particolare).jpg
トーティラ イルディバルドの甥、エラーリコの従兄弟。 541年 552年
Sin foto.svg
テーイア トーティラの重臣。ローマ軍に敗れ、再びイタリアはローマ皇帝の領域に戻る。 551年 553年

ランゴバルト時代[編集]

ガウシ朝[編集]

肖像 人名 背景 即位 退位
Assassination of Alboin.jpg
アルボイーノ ランゴバルト王アウドゥインの子。ローマ軍に勝利してガウシ朝イタリア王国を成立させる。 568年 572年

内乱期[編集]

肖像 人名 背景 即位 退位
Sin foto.svg
クレーフィ アルボイーノの重臣。先王暗殺後、諸侯に推されてイタリア王に即位。諸侯同士の内乱(諸公爵の時代)の渦中で暗殺される。 572年 574年
Sin foto.svg
アウタリ クレーフィの子。 584年 590年
Sin foto.svg
アジルルフォ クレーフィの甥、アウタリの従兄弟。 591年 616年
肖像 人名 背景 即位 退位
Sin foto.svg
アダロアルド バイエルン公女テオデリンダとアジルルフォの子。母方の一族から大きな影響を受けていた為、バヴァリア朝とも呼ばれる。 616年 626年
肖像 人名 背景 即位 退位
Sin foto.svg
アリオアルド 諸公爵の一人。アダロアルドの妹グンデベルガの夫として即位。 626年 636年

アロディ朝[編集]

肖像 人名 背景 即位 退位
Sin foto.svg
ロータリ 諸公爵の一人。アリオアルド死後に権力を掌握、アロディ朝を開いた。 636年 652年
Sin foto.svg
ロドアルド ロータリの子。愛人の夫により僅か即位半年で暗殺される。 652年 653年

第二次バヴァリア朝[編集]

肖像 人名 背景 即位 退位
Sin foto.svg
アリペルト1世 テオデリンダの甥。ロータリ暗殺後にバイエルン人の支援でバヴァリア朝を復古した。 653年 661年
Sin foto.svg
ベルタリードゴデベルト アリペルト1世の子。王位を巡る兄弟争いの末にゴデベルトは暗殺され、ベルタリードも追放された。 661年 662年

ベネヴェント朝[編集]

肖像 人名 背景 即位 退位
Sin foto.svg
グリモアルド 諸公爵の一人。南部イタリアを支配するベネヴェント公国を率いてベルタリードゴデベルトの内乱に介入、最終的に王位を簒奪した。 662年 671年
Sin foto.svg
ガリバルド グリモアルドの子。フランク王国に逃れていたベルタリードが帰還すると失脚する。 671年 671年

第三次バヴァリア朝[編集]

肖像 人名 背景 即位 退位
Sin foto.svg
ベルタリード アリペルト1世の子、ゴデベルトの兄。 662年 671年
肖像 人名 背景 即位 退位
Sin foto.svg
アライス 諸公爵の一人。バヴァリア朝に反乱を起こすが、短期間で征伐される。 688年 689年
肖像 人名 背景 即位 退位
Cunincpert tremissis 612190.jpg
クニペルト ベルタリードの子。アライスを討伐して王位を奪還した。 688年 700年
Sin foto.svg
リウトペルト クニペルトの子。 700年 701年
Sin foto.svg
ラジンペルト ゴデベルトの子、ベルタリードの甥。 701年 701年
Sin foto.svg
アリペルト2世 ラジンペルトの子。ベネヴェント公国・スポレト公国など南部諸侯に加え、ヴェネツィアの攻撃などに翻弄された末に戦死する。彼の死でバヴァリア朝イタリア王国は完全に断絶した。 701年 712年

末期の諸王朝[編集]

肖像 人名 背景 即位 退位
Cunincpert tremissis 612190.jpg
アンスプランド 諸公爵の一人。バヴァリア朝断絶後に王位へ推挙されるも、3ヶ月後に病没。 712年 712年
Luitprand tremissis 661673.jpg
リウトプランド アンスプランドの子。王国末期において長期政権を築き、多くの治績を遺した。 712年 744年
Sin foto.svg
イルデブランド リウトプランドの甥、或いは孫。無能さから諸侯の反乱を受け、強制的に退位させられる。 744年 744年
肖像 人名 背景 即位 退位
Rachis.gif
ラーキス 諸公爵の一人。イルデブランド追放により王に選出される。 744年 749年
Aistulf follis 80000860.jpg
アストルフォ ラーキスの弟。兄が退位した為に王位を引き継ぎ、デジデーリオの反乱で殺害される。 749年 756年
Sin foto.svg
デジデーリオ 諸公爵の一人。ラーキスとアストルフォの兄弟を討ち取って王位を獲得するも、フランク王カルロ・マーニョの遠征軍に滅ぼされた。結果としてランゴバルト出身の王としては最後の人物となる。 756年 774年

フランク王国時代[編集]

カロリング朝[編集]

肖像 人名 背景 即位 退位
Charlemagne Agostino Cornacchini Vatican 2.jpg
カルロ・マーニョ フランク王。欧州各地に軍勢を送り、その過程でイタリア王位及びランゴバルト王位も獲得した。ただし領土面では大陸部の占領に留まった為、半島部・島嶼部にはイタリア王位の王権が及ばなくなった(中世イタリア王国)。 774年 814年
Sin foto.svg
ピピン1世 カルロ・マーニョの次男。イタリア王位を分与されるも、早世する。 781年 810年
9705 - Milano - S. Ambrogio - Tesoro - Tomba di Bernardo & arc. Anselmo I - Foto Giovanni Dall'Orto 25-Apr-2007.jpg
ベルナルド ピピン1世の私生児。叔父のルドヴィコ1世に挑むも、処刑される。 810年 818年
Louis le Pieux.png
ルドヴィコ1世 フランク王。カルロ・マーニョの三男。一族内での家督争いに勝利を収め、全ての王位を継承する。 818年 822年
Lothar I.jpg
ロターリオ1世 中フランク王。ルドヴィコ1世の長男。イタリア王領を含む中フランク王国を継承した為、イタリア王の一人に数えられる。 822年 855年
Louis 2.png
ロドヴィコ2世 ロターリオ1世の長男。イタリア王位を分与される。 844年 875年
Charles2lechauve.jpg
禿頭王カルロ2世 西フランク王。ロターリオ1世の弟。 875年 877年
Sin foto.svg
カルロマンノ 東フランク王。ルドヴィコ2世バヴァリアの子。病弱さから早世する。 877年 879年
Charles le Gros.PNG
肥満王カルロ3世 フランク王。カルロマンノの弟。分散していた一族の領地を再び纏め上げた。 879年 887年

内乱期[編集]

肖像 人名 背景 即位 退位
Sin foto.svg
ベレンガーリオ1世 ロターリオ1世外孫肥満王カルロ3世に対して王位請求を行い、カルロ3世死後の混乱に乗じて実権を掌握する。 888年 896年
Sin foto.svg
グイード・ダ・スポレート ロターリオ1世の外曾孫。ベレンガーリオ1世の政敵として王位請求を行う。 889年 894年
Sin foto.svg
ランベルト・ダ・スポレート グイード・ダ・スポレートの子。東フランク王アルヌルフに敗れて追放される。 891年 896年
Sin foto.svg
アルノルフォ 東フランク王。カルロマンノの子。グイード、ランベルト、ベレンガーリオ1世らを破ってイタリア王位を奪取する。 894年 899年
Sin foto.svg
ラトルド アルノルフォの子。父の共同王となるが、早世する。 896年 896年
Sin foto.svg
ベレンガーリオ1世 アルノルフォ親子の死後、復位を宣言。 896年 924年
Sin foto.svg
ランベルト・ダ・スポレート ベレンガーリオ1世の対立王として復位を宣言。 896年 898年
Sin foto.svg
ルドヴィーコ3世 ルドヴィコ2世イタリア外孫。ベレンガーリオ1世の対立王。 900年 905年
Sin foto.svg
ロドルフォ2世 ブルグント王。ベレンガーリオ1世らを破ってイタリア王位を継承する。 922年 933年
Sin foto.svg
ウーゴ・ディ・アルル ロターリオ1世の外曾孫。ロドルフォ2世からイタリア王位を奪う。 926年 947年
Sin foto.svg
ロターリオ2世アルル ウーゴ・ディ・アルルの子。 945年 950年
Sin foto.svg
ベレンガーリオ2世 ベレンガーリオ1世の外孫。祖父の王位を請求してロターリオ2世アルル死後に即位を宣言するが、神聖ローマ皇帝オットーネ1世に滅ぼされる。 950年 961年
Sin foto.svg
アダルベルト2世 ベレンガーリオ2世の子。父と共に王位継承を行い、後にオットーネ1世に追放される。 950年 963年

神聖ローマ帝国時代[編集]

ザクセン朝[編集]

肖像 人名 背景 即位 退位
Die deutschen Kaiser Otto der Große.jpg
オットーネ1世 東フランク王。ザクセン朝を東フランク王国に打ちたてた後、ベレンガーリオ親子を滅ぼしてイタリア王国にもザクセン人の王家を成立させる。後に皇帝号を使用して神聖ローマ皇帝を名乗る。 962年2月2日 973年5月7日
Die deutschen Kaiser Otto II.jpg
オットーネ2世 神聖ローマ皇帝。オットーネ1世の子 980年10月[1] 983年12月7日
Die deutschen Kaiser Otto III.jpg
オットーネ3世 神聖ローマ皇帝。オットーネ2世の子、オットーネ1世の孫。子を持たずに病没する。 996年2月[2] 1002年1月23日
肖像 人名 背景 即位 退位
Sin foto.svg
アルドゥイーノ1世 ベレンガーリオ2世の末裔。オットーネ3世死後、諸侯の支持を得てイタリア王位に即位する。後にエンリーコ2世に敗れて退位した。 1002年 1014年
肖像 人名 背景 即位 退位
Die deutschen Kaiser Heinrich II.jpg
エンリーコ2世
[3]
神聖ローマ皇帝。オットーネ3世の従兄弟。子を持たずに病没し、彼の死でザクセン王家は断絶した。 1004年2月14日 1024年7月13日

ザーリアー朝[編集]

肖像 人名 背景 即位 退位
Die deutschen Kaiser Konrad II.jpg
コッラード2世
[4]
神聖ローマ皇帝。選挙君主制によって新たな皇帝に選ばれる。前王朝のイタリア政策を引き継いで遠征を行い、ザーリアー朝イタリア王国を開く。 1027年3月26日 1039年6月4日
Die deutschen Kaiser Heinrich III.jpg
エンリーコ3世 神聖ローマ皇帝王。コッラード2世の子。 1046年12月25日 1056年10月5日
Die deutschen Kaiser Heinrich IV.jpg
エンリーコ4世 神聖ローマ皇帝。エンリーコ3世の子。 1084年3月31日 1105年12月
Die deutschen Kaiser Heinrich V.jpg
エンリーコ5世
[5]
神聖ローマ皇帝。エンリーコ4世の子。子を持たず死没し、ザーリアー朝は断絶した。 1111年4月13日 1125年5月23日

ズップリンゲンブルク朝[編集]

肖像 人名 背景 即位 退位
Lothaire III.jpg
ロターリオ3世 神聖ローマ皇帝。新たに選挙君主制で帝国と諸王国の王に選ばれるが、一代のみに終った。 1125年 1133年

ホーエンシュタウフェン朝[編集]

肖像 人名 背景 即位 退位
Konrad III am Maximiliansbrunnen.JPG
コッラード3世[6][7] 神聖ローマ皇帝。ロターリオ3世の対立王として挙兵、その死後に選挙君主制の支持を集めて王朝を開く。第2回十字軍の指揮官を務める。 1128年 1135年
Sinzig Barbarossa.jpg
フェデリーコ1世バルバロッサ 神聖ローマ皇帝。コッラード3世の甥。諸地位の中でもイタリア王としての政務に熱意を注ぎ、イタリア語で「赤髭」を意味するバルバロッサの尊称で呼ばれた。第3回十字軍の指揮官を務める。 1154年 1190年6月10日
2010-10-24 Minden, Dom 035.jpg
エンリーコ6世 神聖ローマ皇帝。フェデリーコ1世バルバロッサの子。死後に反乱が起き、ドイツ王を継承した弟フィリッポは神聖ローマ皇帝位及びイタリア王位から退位させられる。 1191年4月14日 1197年9月28日

グエルフィ朝[編集]

肖像 人名 背景 即位 退位
Georg Hurtzig Kaiser Otto IV. Heiliges Römisches Reich Welfenschloss Welfengarten.jpg
オットーネ4世 神聖ローマ皇帝。フィリッポを失脚させて後継者の地位を奪う。ギベリン派とグエルフィ派の由来でもある一族の出身だが、王朝は一代で途絶えた。 1208年 1212年

第二次ホーエンシュタウフェン朝[編集]

肖像 人名 背景 即位 退位
Kaiser Friedrich II. - Reutlingen - Kirchbrunnen-7927.jpg
フェデリーコ2世 神聖ローマ皇帝、シチリア王。エンリーコ6世の子。オットーネ4世を打倒して王朝を復古する。死後の混乱によって帝国内に大空位時代が始まり、帝国の一部であるイタリア王位も不安定化する。 1215年11月22日 1250年12月13日

ルクセンブルグ朝[編集]

肖像 人名 背景 即位 退位
Hendrik VII van Luxemburg.jpg
エンリーコ7世 神聖ローマ皇帝。大空位時代の帝国君主の一人。ルクセンブルグ朝を開き、数十年ぶりに正当な戴冠式を行う。遠征を経てイタリア王位の兼務を復活させる。 1311年1月6日[8] 1313年8月24日

ヴィッテルスバッハ朝[編集]

肖像 人名 背景 即位 退位
Ludwig der Bayer.jpg
ルイージ4世 神聖ローマ皇帝。大空位時代の帝国君主の一人。エンリーコ7世死後に後継者に選出され、ヴィッテルスバッハ朝を開く。 1327年 1347年10月11日

第二次ルクセンブルグ朝[編集]

肖像 人名 背景 即位 退位
Albert II of Mecklenburg.jpg
カルロ4世 神聖ローマ皇帝。エンリーコ7世の孫。ルクセンブルグ朝を復古する。 1355年 1378年
VaclavnaVotobraze.jpg
ヴェンチェズラオ1世 神聖ローマ皇帝。カルロ4世の次男。 1378年 1410年
SigismundL.jpg
シジズモンド 神聖ローマ皇帝。カルロ4世の三男。ニコポリスの戦いフス戦争などで敗北を繰り返し、権威を失墜させる。 1410年 1437年12月9日

ハプスブルク朝[編集]

肖像 人名 背景 即位 退位
Albrecht II. von Habsburg.jpg
アルベルト2世 神聖ローマ皇帝。シジズモンドの娘婿。義父の地位を引き継ぐも早世、一子ラディスラウス・ポストゥムスを遺す。 1437年 1439年10月27日
Hans Burgkmair d. Ä. 005.jpg
フェデリーコ3世 神聖ローマ皇帝。アルベルト2世の同系親族。ラディスラウスの後見人を務め、死後に地位を継承する。 1452年3月19日 1493年8月19日
Bernhard Strigel 007.jpg
マッシミリアーノ1世 神聖ローマ皇帝。フェデリーコ3世の子。積極的な婚姻外交を推し進め、ハプスブルク朝による王朝が欧州に広がる。 1493年
[9]
1519年1月12日
Emperor charles v.png
カルロ5世 神聖ローマ皇帝、ナポリ王、シチリア王、カスティーリャ・アラゴン王。マッシミリアーノ1世の孫。膨大な帝位・王位を兼任し、ハプスブルク朝の大帝国を築き上げる。 1530年2月 1556年1月16日

カルロ5世以後、イタリア王の称号は表立って用いられる事は失われていった。

肖像 人名 背景 即位 退位
Hans Bocksberger der Aeltere 001.jpg
フェルディナンド1世 神聖ローマ皇帝。カルロ5世の弟。領土分割で神聖ローマ皇帝、ドイツ王、イタリア王などを継承する。 1556年
[9]
1564年7月25日
Nicolas Neufchâtel 002.jpg
マッシミリアーノ2世 神聖ローマ皇帝。フェルディナンド1世の子。 1564年
[9]
1576年10月12日
Hans von Aachen 003.jpg
ロドルフォ2世
[10]
神聖ローマ皇帝。マッシミリアーノ2世の子。 1575年6月30日 1612年8月20日
Lucas van Valckenborch 003.jpg
マッティーア ロドルフォ2世の弟。 1612年1月23日 1619年3月20日
Kaiser Ferdinand II. 1614.jpg
フェルディナンド2世 神聖ローマ皇帝。ロドルフォ2世マッティーアの従兄弟。 1619年3月10日 1637年2月15日
Frans Luycx 002.jpg
フェルディナンド3世 三十年戦争に敗北、ヴェストファーレン条約でイタリア王位の実権を事実上喪失する。 1637年11月18日 1657年4月2日

ヴェストファーレン条約以降、神聖ローマ帝国の構成国家としてのイタリア王国は形骸化した。

ナポレオン時代[編集]

ボナパルト朝[編集]

フランス革命後のナポレオン戦争により、空位となっていたイタリア王位を獲得する。

肖像 人名 背景 即位 退位
Napoleon I of France by Andrea Appiani.jpg
ナポレオーネ1世 フランス皇帝。神聖ローマ帝国を完全に滅ぼした後、空位となっていたイタリア王の復古と即位を宣言する。 1805年 1815年

サヴォイア時代[編集]

リソルジメントを経てイタリア全域の実効支配を確立、空位となっていたイタリア王位を獲得する。

サヴォイア朝[編集]

肖像 人名 背景 即位 退位
Tranquillo Cremona - Vittorio Emanuele II.jpg
ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世 サルデーニャ王。リソルジメントを経て、空位となっていたイタリア王位の復古を宣言する。 1849年 1878年
Patria Esercito Re p005.jpg
ウンベルト1世 サルデーニャ王太子。ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世の長男、スペイン王アマデオの兄。父の即位に伴いイタリア王太子となり、後にイタリア王位を継承。 1878年 1900年
Eduardo Gioja Viktor Emanuel III 1913.jpg
ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世 アルバニア王、エチオピア皇帝。ウンベルト1世の長男。積極的な対外政策を後援し、ファシスト政権を支持した。 1900年 1946年
Umberto the Italian Crown Prince.jpg
ウンベルト2世 ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世の長男。第二次世界大戦後、父王の戦争責任を問われた末、王政廃止が決定する。実権を伴うイタリア王としては事実上、最後の人物となる。 1946年 1946年

王位請求[編集]

現在、サヴォイア家によるイタリア王位請求が続けられている。

肖像 人名 背景 請求開始
Sin foto.svg
ヴィットーリオ・エマヌエーレ・ディ・サヴォイア イタリア王太子。ウンベルト2世の長男。息子 1946年-現在

称号名[編集]

イタリア王位を意味する称号は長大な全名で呼ばれており、以下はその一例[11]である。

出典[編集]

  1. ^ According to Sismondi, History of the Italian Republics in the Middle Ages (pg. 29), although Otto II was crowned King of the Romans in 961 and Holy Roman Emperor in 967, he only obtained the Iron Crown at Pavia in late 980, during his descent into Italy, and prior to his celebrating Christmas at Ravenna.
  2. ^ Although Otto III was crowned Holy Roman Emperor at Rome on 21 May 996, he was crowned King of Italy at Milan prior to the death of Pope John XV in early March 996 - see Comyn, History of the Western Empire, Vol. 1, pg. 123
  3. ^ enumerated as successor of Henry I who was German King 919?936 but not Emperor.
  4. ^ enumerated as successor of Conrad I who was German King 911?918 but not Emperor
  5. ^ Barraclough, Geoffrey (1984). The Origins of Modern Germany. W. W. Norton & Company. ISBN 0393301532. http://books.google.com/books?id=RY6VmGuAaCkC&pg=PA131&lpg=PA131&dq=supplinburg+dynasty. 
  6. ^ Bryce, History of the Holy Roman Empire pg. xxxix
  7. ^ Comyn, History of the Western Empire, from its Restoration by Charlemagne to the Accession of Charles V, Vol. I pg. 191
  8. ^ Jones, Michael, The New Cambridge Medieval History, Vol. VI: c. 1300-c. 1415, Cambridge University Press, 2000, pg. 533
  9. ^ a b c Emperor-Elect.
  10. ^ enumerated as successor of Rudolph I who was German King 1273?1291.
  11. ^ サルデーニャ王、サヴォイア公爵、モーリエンヌ伯爵などの称号から、恐らくサヴォイア時代の称号であると見られる


関連項目[編集]