フェルディナント1世 (オーストリア皇帝)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェルディナント1世
Ferdinand I.
オーストリア皇帝
Ferdinand I; Keizer van Oostenrijk.jpg
フェルディナント1世(レオポルト・クペルヴィーザー画、1847年)
在位 1835年3月2日1848年12月2日
全名 Ferdinand Karl Leopold Joseph Franz Marcellin
フェルディナント・カール・レオポルト・ヨーゼフ・フランツ・マルツェリン
出生 1793年4月19日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
オーストリア帝国の旗 ハプスブルク君主国ウィーン
死去 1875年6月29日(満82歳没)
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国プラハ
埋葬 Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国ウィーンカプツィーナー納骨堂
配偶者 マリア・アンナ・フォン・ザヴォイエン
王家 ハプスブルク=ロートリンゲン家
父親 フランツ1世
母親 マリア・テレジア・フォン・ネアペル=ジツィーリエン
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示

フェルディナント1世ドイツ語: Ferdinand I.1793年4月19日 - 1875年6月29日)は、オーストリア皇帝ハンガリー国王(在位:1835年3月2日 - 1848年12月2日)。ハンガリー国王としてはフェルディナーンド5世ハンガリー語: V. Ferdinánd1793年4月19日 - 1875年6月29日)。「善良帝(ドイツ語: der Gütigeチェコ語: Dobrotivý)」と呼ばれる。

生涯[編集]

初代オーストリア皇帝フランツ1世と、その皇后であった両シチリア国王フェルディナンド1世の王女マリア・テレジアの長男。病弱で、結婚しても後継をもうけることができないと医師から診断され、帝位継承が危ぶまれたが、クレメンス・ヴェンツェル・フォン・メッテルニヒの差配によって皇太子になり、サルデーニャ国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ1世の王女マリア・アンナを皇后に迎えた。

1835年に父帝の死去によって帝位に即いた。3月革命でメッテルニヒを罷免したが、革命は収まらずに退位を強いられた。子供はなく、弟フランツ・カール大公の長男フランツ・ヨーゼフ1世に帝位を譲った。

病弱にもかかわらず長命を保っており、退位後も27年間生き続け、1875年に82歳の高齢で死去した。

関連項目[編集]