プシェミスル朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プシェミスル家の紋章
ポーランドの歴史
Warsaw-Castle-Square-2.jpg
先史時代
ピャスト朝  
プシェミスル朝
 
ヤギェウォ朝
ポーランド・リトアニア共和国(第1共和制)
ポーランド分割
ワルシャワ公国
ポーランド立憲王国 クラクフ共和国 ポズナン大公国
ポーランド摂政王国
ポーランド共和国(第2共和制)
ソ連による占領 亡命政府
ナチス・ドイツによる占領
ポーランド共和国
ポーランド人民共和国
ポーランド民主化運動
ポーランド共和国(第3共和制)
年表
[編集]

プシェミスル朝チェコ語: Dynastie Přemyslovců)は、ボヘミアドイツ語でベーメン、チェコ語ではチェヒ)のチェコ人王朝1306年に断絶するまで続いた。ボヘミアの一君主であったが、13世紀にオタカル2世は、オーストリア大公の地位に就き、大空位時代神聖ローマ皇帝として推挙されている(ハプスブルク家に敗れた)。さらに13世紀後半、ポーランドも兼ねたヴァーツラフ2世の下で最盛期を誇ったが、息子である次王ヴァーツラフ3世が殺害され断絶した。

歴代君主一覧[編集]

ボヘミア公[編集]

ボヘミア王[編集]

  • オタカル1世Přemysl Otakar I.)(1198年 - 1230年)
  • ヴァーツラフ1世Václav I.)(1230年 - 1253年)
  • オタカル2世Přemysl Otakar II.)(1253年 - 1278年) - 兼オーストリア公(1251年 - 1278年)
  • ヴァーツラフ2世Václav II.)(1278年 - 1305年) - 兼ポーランド王(1300年 - 1305年)
  • ヴァーツラフ3世Václav III.)(1305年 - 1306年) - 兼ハンガリー王(1301年 - 1304年)、ポーランド王(1305年 - 1306年)

(日本語表記は『世界各国史19ドナウ・ヨーロッパ史(山川出版社)』に基づく)

系図[編集]

 
 
 
プシェミスル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ボジヴォイ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スピチフニェフ1世
 
ヴラチスラフ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴァーツラフ1世
 
ボレスラフ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ボレスラフ2世
 
 
 
 
 
ドゥブラフカ
 
ミェシュコ1世
ポーランド王
 
クリスティアン(Strahkvas)
(c.929-996)
レーゲンスブルクの修道士
 
ムラダ・マリア
プラハの聖イジー女子修道院長
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ボレスラフ3世
 
ヤロミール
 
オルドジフ
 
ボレスワフ1世
ポーランド王
 
ヴラジヴォイ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブジェチスラフ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スピチフニェフ2世
 
 
 
 
 
ヴラチスラフ2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コンラート1世
 
ヤロミール
(ゲープハルト)
プラハ司教
 
オットー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブジェチスラフ2世
 
ボジヴォイ2世
 
ヴラジスラフ1世
 
 
 
 
 
ソビェスラフ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルイトルド
 
 
 
 
 
スヴァトプルク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴラジスラフ2世
 
 
 
 
 
インドリフ
 
ヴラジスラフ
(?-1165)
 
ソビェスラフ2世
 
マリア
=ケルンテン公ヘルマン2世
 
コンラート2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ベドジフ
 
オタカル1世
 
ヴラジスラフ3世
 
インドリフ
プラハ司教
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コンラート3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴァーツラフ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴラディスラフ
 
ゲルトルート
(オーストリア公レオポルト6世孫)
 
マルガレーテ
(オーストリア公レオポルト6世娘)
 
オタカル2世
 
クンフタ
 
 
 
 
 
ボジェナ
 
オットー3世
ブランデンブルク辺境伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(庶子)
ニコラウス1世
オパヴァ公(トロパウ公)
 
グタ
(皇帝ルドルフ1世娘)
 
ヴァーツラフ2世
 
リクサ
(ポーランド王プシェミスウ2世娘)
 
ルドルフ3世
オーストリア公
 
オットー5世
ブランデンブルク辺境伯
ボヘミア摂政(1278 - 1283)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オパヴァ公(トロパウ公)家
 
ヴァーツラフ3世
 
アンナ
 
ハインリヒ6世
ケルンテン公
 
エリシュカ
 
ヨハン・フォン・ルクセンブルク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルクセンブルク家
  •  :ボヘミア公
  •  :ボヘミア王

関連項目[編集]