クンフタ・ウヘルスカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クンフタ・ウヘルスカー

クンフタ・ウヘルスカーチェコ語Kunhuta Uherská, 1246年 - 1285年9月9日)は、ボヘミアオタカル2世の2度目の王妃。ハンガリー語名はクニグンダ(Kunigunda)、ドイツ語名はクニグンデ(Kunigunde)。父ロスチスラフキエフ・ルーシの王族(キエフ大公ミハイル2世の子)で、母はハンガリーベーラ4世の娘アンナ。妹アグリッピナはポーランド大公レシェク2世の妃。父方の家名をつけクンフタ・ハリチスカー(Haličská:ハーリチの、という意味)と呼ばれることもある。

ロスチスラフの一家は国を追われた後、外祖父ベーラ4世の宮廷に迎えられ、スラヴォニア知事の地位を与えられた。このためにクンフタはハンガリー王族と見なされ、ウヘルスカー(ハンガリーの、という意味)の家名で呼ばれている。

1261年、オタカル2世と結婚した。2人の間には3子が生まれた。

  • クンフタ(1265年 - 1321年)
  • アネシュカ(1269年 - 1296年)
  • ヴァーツラフ2世(1271年 - 1305年)

1278年マルヒフェルトの戦いでオタカル2世が神聖ローマ皇帝ルドルフ1世軍に敗れて戦死すると、ボヘミアの領土は縮小し、わずかプラハ周辺の州を保持するだけになった。幼児であるヴァーツラフ2世を抱えて摂政となったクンフタは、ルドルフ1世の圧力と戦いながら国政の舵取りを迫られ、幼いヴァーツラフ2世とルドルフ1世の娘ユディトとの婚約を成立させた。

1284年、ボヘミアのマグナートであるサーヴィシュ・ファルクンシュテイナと再婚したが、1年後に41歳で亡くなり、アネシュスキー修道院に埋葬された。