クンフタ・ウヘルスカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クンフタ・ウヘルスカー
Kunhuta Uherská
リューリク家
Kunhuta.jpg
クンフタ・ウヘルスカー(14世紀)
称号 ボヘミア王妃
出生 1246年
死去 1285年9月9日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Bohemia.svg ボヘミア王国プラハ
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Bohemia.svg ボヘミア王国プラハ、アネシュスキー修道院
配偶者 オタカル2世
  サーヴィシュ・ズ・ファルクンシュテイナ
子女
父親 ロスチスラフ・ミハイロヴィチ
母親 アンナ
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示

クンフタ・ウヘルスカーチェコ語: Kunhuta Uherská, 1246年 - 1285年9月9日)は、ボヘミアオタカル2世の2人目の王妃。ハンガリー語名はクニグンダKunigunda)、ドイツ語名はクニグンデ・フォン・ウンガルンKunigunde von Ungarn)。父方の家名をつけてクンフタ・ハリチスカーチェコ語: Kunhuta Haličskáハーリチのクンフタ)と呼ばれることもある。

生涯[編集]

ロスチスラフキエフ・ルーシの公族(キエフ大公ミハイル2世の子)で、母はハンガリーベーラ4世の長女アンナ英語版。ロスチスラフの一家は国を追われた後、外祖父ベーラ4世の宮廷に迎えられ、スラヴォニア公の地位を与えられた。このためクニグンダはハンガリー王族とみなされ、ウヘルスカー(チェコ語: Uherská、ハンガリーの)の家名で呼ばれている。

1261年にオタカル2世と結婚し、1男2女を儲けた。

1278年マルヒフェルトの戦いでオタカル2世がドイツ王ルドルフ1世の軍に敗れて戦死すると、ボヘミアの領土は縮小し、プラハ周辺の州を保持するだけになった。幼少のヴァーツラフ2世を抱えて摂政となったクンフタは、ルドルフ1世の圧力と戦いながら国政の舵取りを迫られ、ヴァーツラフ2世とルドルフ1世の六女ユディトとの婚約を成立させた。

1284年、ボヘミアのマグナートであるサーヴィシュ・ズ・ファルクンシュテイナチェコ語版と再婚したが翌年に死去、アネシュスキー修道院チェコ語版に埋葬された。