レオポルト3世 (オーストリア辺境伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レオポルト3世

レオポルト3世: Leopold III., 1073年 - 1136年11月15日[1])は、バーベンベルク家オーストリア辺境伯(在位:1095年 - 1136年)。オーストリア辺境伯レオポルト2世の子としてメルクに生まれる[1]。事績はあまり多く知られていない人物と評される[1]一方で、貴賎、聖俗問わず声望は高かったという[1][2]。後に列聖され、レオポルト聖伯とも呼ばれる[3]

1095年より辺境伯となった。神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世の娘でハインリヒ5世の姉アグネスシュヴァーベン大公フリードリヒ1世の未亡人)と結婚し、バーベンベルク家の地位を高めた[4]。1122年のヴォルムス協約締結においては政教両者の仲介に当たった[2][5]。ハインリヒ5世の死によってザーリアー朝が断絶すると、次のドイツ王候補としてあげられたが、この申し出は辞退した[1]

教会へのパトロンとしていくつかの大修道院を設立したことで知られる[1]。クライン・マリアツェル修道院[6]、1114年設立のクロスターノイブルク修道院英語版[7](前身は1113年[8])、そして自身の子オットーのために[9]オーストリア最初のシトー会修道院であるハイリゲンクロイツ修道院[10]を創設した。

1136年に死去。狩猟の最中に何らかの理由により死去したとされる[11]。そして自身の設立したクロスターノイブルクのクロスターノイブルク修道院に埋葬された[5]。1485年、インノケンティウス8世により列聖された[5]。1663年より、ニーダーエスターライヒ州ウィーンの守護聖人となって崇敬を集めている[12]

ベール伝承の祭壇画(1505年)、クロスターノイブルク修道院蔵[13]

子女[編集]

2度結婚しており(アグネスは2人目の妻)[12]、アグネスとの間だけでも18人の子をもうけた[5]。本人も先述のドイツ王候補辞退の理由として、子の多さによる跡目争いの勃発を危惧していたという[11]

伝説[編集]

クロスターノイブルク修道院の縁起には「ベール伝承」というものがある。これはレオポルト3世とアグネスがなくしたベールを、9年後になくしたときのままの状態で森において再発見したことに感謝しその場所に修道院を創設したというものである。もっともこの伝承は14世紀後半頃から発生した伝説である。[14]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f アットウォーター,ドナルド; ジョン,キャサリン・レイチェル; 山岡健訳 『聖人事典』 三交社1998年、461-462頁。ISBN 4-87919-137-X 
  2. ^ a b 幅健志 「ハプスブルク家異聞(その 4)バーベンベルク家(前編) : ドナウ辺境伯領」、『同志社外国文学研究』 (同志社大学)85-130頁、1987年ISSN 02862832http://ci.nii.ac.jp/naid/110001044552/ 、p.129。
  3. ^ 前掲 (幅 1987, p. 123-)。
  4. ^ 前掲 (幅 1987, pp. 123-125)。
  5. ^ a b c d Saint Leopold III”. 2014年2月1日閲覧。(英語)
  6. ^ 前掲 (幅 1987, p. 126)。
  7. ^ Cordial greetings from Klosterneuburg Monastery!”. クロスターノイブルク修道院. 2014年2月2日閲覧。(英語)
  8. ^ Faith”. クロスターノイブルク修道院. 2014年2月2日閲覧。(英語)
  9. ^ ブラウンフェルス,ヴォルフガング; 渡辺鴻訳 『図説西欧の修道院建築』 八坂書房2009年、121頁。ISBN 978-4-89694-940-7 
  10. ^ シトー会最初の4修道院のひとつ、モリモン修道院の子院という扱い。
  11. ^ a b 前掲 (幅 1987, p. 130)。
  12. ^ a b Leopold III., Heiliger, Babenberger-Markgraf, * 1073”. AEIOU. 2014年2月2日閲覧。(英語)
  13. ^ この伝説を題材とした絵画。Markgraf Leopold III., „der Heilige””. de:Ökumenisches Heiligenlexikon. 2014年2月2日閲覧。(ドイツ語)
  14. ^ 前掲 (幅 1987, p. 127)。
先代:
レオポルト2世
オーストリア辺境伯
1095年 - 1136年
次代:
レオポルト4世